2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.02.14 (Sat)

ハナ 保護経緯 (後編)

...さて、どうしたものか...  (´・ω・`)



手のひらサイズの子猫はふっくらとしていて割りと状態も良く、目やにが出ているので猫風邪の引き始めっぽいものの、母猫か兄弟猫にしっかり守られて暮らしてきたと思われる。

だけど、返そうにも元々が何処にいた子なのかわからない。
それに、猫風邪をひいているとしたら、これから段々と状態が悪くなっていくだろう。


顔を見る限り、かなりの別嬪だ。
家猫として、幸せになれる子かもしれない。




とりあえず、色々考えることをやめ、事務的に、真っ直ぐ病院に向かう。




体重0.72㎏。 白三毛のメスだ。 やっぱり状態は悪くない。
目の治療のためのインターフェロン、それと飲み薬、駆虫薬を出していただいた。



連れては帰ってきたものの、外にいた子をいきなりうちの子達と一緒にするわけにはいかない。
しかたがないので、まぉ部屋のケージで暫く隔離することに...



毎度毎度、ごめんね、まぉ。 m(__)m



いきなり連れて帰って、まぉはびっくりするかと思いきや、前の子猫で免疫がついていたのか、割と静かに迎えてくれた。 ( ;∀;)ナンテイイコナンダ


うるさいのは子猫の方で、いきなりケージに閉じ込められたものだからガーガーピーピーやかましいことこの上ない。 ( ´Д`)=3

しかもその美貌に似つかわしくない、すさまじいだみ声。 
お前本当に、美少女キャラか?

s-画像 045


まぁ暫くはケージ暮らしなので、なんとか慣れていただこう。


薬を飲ませ、点眼をし、ご飯をあげてみる。
よしよし、いい食べっぷりだ。




とりあえず、最初の山は越えた...   かな...?




...でも、この先どうなるのかな...?    (;´Д`)

スポンサーサイト
EDIT  |  18:53  |  外猫  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.03.25 (Sun)

みんな、大好き

今日は久々に仕事場の猫たちと触れ合う事が出来た。



今日出てきてくれた子は、いつもの茶トラ八割れ別嬪さん、黒系の三毛さん。
黒サバの子は、私がドアを開けた音にびっくりして逃げていってしまった。(涙)


茶トラの別嬪さんは割と人馴れしているので、じっとしているとすぐに寄って来てくれるけれど、三毛さんは用心深く、近くまで寄ってきては、撫でようとする気配を察して、ビクッと体を震わせ、離れてしまう。

でも、二匹は仲がいい様で、別嬪さんが私に近づいているので、別嬪さんと体を擦りつけあっていた三毛さんも、つられて擦り寄ってきてくれた。
信頼してくれた様で嬉しい。(^^)



三毛さんは、昨年末に写真に撮らせてもらった片目の悪い子で、今日、改めて見てみると、左目が白濁して萎縮してしまっている様。 
もう片方の目も、中心に白濁が始まっている。 

人の影に怯えるところを見ると、心無い人に追われた事があるのかもしれない。
お外の子は皆、殆どそういう経験をもっているのだろうけれど。

それでも、私を信用して、近寄ってきてくれた。

怖い思いをしながらも、心を開こうとしてくれた二匹に、私は何が返せるのだろう...?
せめていつまでも、その信頼だけは裏切らないからね、絶対に。



一生懸命、体をこすり付けてくる二匹。
顔を近づけてきて、必死に何かを訴えている。
その全てを理解することは出来なかったけれど。


ほんのわずかな触れ合いだったけれど、人の温かみを感じてくれたかな...?
私はあなたたちから、手のひらに、消えない温もりを貰ったよ。
いつまでも、ずっと撫で続けていたかったよ...
ずっと一緒にいたかったよ...



お外の子、みんな連れて帰れるといいのにね。


みんな、お友達。   みんな、大好き。


s-DSCN0446.jpg

EDIT  |  22:51  |  外猫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.12.28 (Thu)

二回目の...

今日、28日は、外猫“ オシ君 ” の、二回目の命日です。

二年前の今日、天に召されました。


あの日は降り出した雪が見る見る積もって、掘り起こしたばかりの黒々とした土をあっという間に白く塗り替えていったっけ...


今日は、穏やかに晴れたと思っていたら、いつの間にかどんよりとした雲に覆われちゃった。
治まっていた風もまた吹き始めたし。
お線香はちょっと危険かな...?


何か、美味しいもの、後でお供えしようね...
EDIT  |  13:35  |  外猫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.12.09 (Sat)

仕事場の猫たち

本日、この地区でも初積雪を観測しました。

昨晩はバンドの忘年会があったので、“ 一日遅れてくれて良かった ” と思う反面、仕事に向かう道路の混雑に、ちょっとどきどきしました。

12月に入ったというのに、ノーマルタイヤの方、多過ぎです。(- -;)



さて、仕事が終わって。 お楽しみの猫たちとの触れ合いの時間です。(^^)

まとわりついて離れない茶白ちゃん。 相変わらず別嬪さん。(*^-^*)
つれて帰りたい衝動にかられてしまう...
お膝に手までかけてくれて... (*T▽T*)


只今お食事中 (^^)
s-DSCN0517.jpg



今日は、新顔さんに会いました。
s-DSCN0443.jpg


綺麗な三毛さん  片方の目は病気なのかな? 怪我なのかな?
s-DSCN0446.jpg


いつもの白ぶち君
s-DSCN0449.jpg


その他に、もう一匹新顔の、真っ黒なおちびさんに会ったのだけれど、ちょっと怖がりさんみたいで、遠巻きに逃げていってしまったので画像は取れませんでした。


また会おうね。(^^)
EDIT  |  22:14  |  外猫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.11.26 (Sun)

職場の猫 2

土日は再び仕事。 この所、拘束時間がどんどん長くなっている。

慢性的に人不足なので仕方がないとはいえ、お肌の曲がり角をとうに過ぎた年代なので、(^^;; 一晩寝た位では疲労は抜けない。

以前は長い仕事の二日目は、憂鬱な気持ちで重い足を引きずりつつ仕事に向かっていたのだけれど、今は猫達に会える楽しみが出来たので、大分足取りも軽くなった。

しかも、結構沢山の人が、その猫達と触合っている事が判明。
猫達の話題から、意外な人が猫飼いだと知ったり。 
職場で猫談義ができるなんて幸せ♪ (*^o^*)


木曜に見た時は2匹だった猫。
s-DSCN0400.jpg



s-DSCN0402.jpg


それが、今日は新たに3匹の存在を確認。
s-DSCN0412.jpg



s-DSCN0413.jpg


そのうちの2匹は、体の小ささからいって、1歳未満に思える。 
春に生まれた子達かな?
s-DSCN0417.jpg



その搬入口は、小さな空き地と隣接していて、猫たちには割りに住み良く思える。
だからといって、外で暮らす子達にとって、冬の厳しい寒さはあまり変わりがないのだけれど。

5匹のテリトリーとしては狭い世界。
上下関係も中々厳しそう。(^^;;
一番人懐こい白ぶち君を撫でていたら、近寄ってこようとした小さな白キジの子にむかって “ シャーッ! ” (^^;; コラコラ 

s-DSCN0407.jpg



帰りに、家から持参したフードを猫たちに振舞っていたら、折悪く副支配人が通りかかった。

“ あ、まずい! ” と青くなって慌てふためく私を尻目に、


「物をくれんなで(物をくれるなって)!」

と、軽く拳固をする真似をして通り過ぎた副支配人。



...黙認、してくれたのかな? (^^;; ホッ!  m(__)m



それにしても、ここの5匹?の餌やりさんって、一体誰なんだろう?
職場の人だろうけど。 
一体、何処の部署の人なのかな? 気になる~っ! o(>_<)o
EDIT  |  22:04  |  外猫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。