2005年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.06.30 (Thu)

仲が良いのか悪いのか

遊び道具は仲良く順番にね
s-DSCN3232.jpg


この頃、にゃんがつれない。
私にではなく、びびにだ。

びびがこの家にきた当初は、毎日ストーカーのごとく後を追い回していたくせに、今では自分から近寄っていくことは殆どない。 
まるで“ 僕は君とは違うんだよ! ”と言わんばかりの態度で、人間の周りにばかりいる。

可愛そうな寂しがりやのびびは、この家での唯一の猫仲間と仲良くしようと、匂いを嗅ぎに行ったり、そっと隣に寄り添ったり、毛づくろいをしてあげようとしたり、それはもう涙ぐましい努力をしている。
(本当にやさしい子だよ、びびは)(;_;)
よく一緒にいる写真を載せているけれど、あれはびびの努力あっての画像なのだ。

それなのににゃんは、びびが隣に行っても知らん顔で、そのうちふいっと別の場所に行ってしまう。  まるで“ 眼中になし ”といった感じで。
(にゃんのもっぱらの関心事。それは“ お外 ” それ以外は全く興味を持たない。この所一日中、玄関や窓で“ 出せー!出せー!と鳴き喚き、そのうち諦めてふて寝をするといった毎日を送っている。家の中に飽き飽きしているのかな?)

あまりに寂しいのか、びびは明るいうちから頻繁に一階に下りてくるようになった。  そして、ところかまわず“ 撫でて~! ”と仰向けになりゴロゴロする。
そんなびびがなんとなく不憫で、“ よしよし! ”と撫でていると、どこからともなくにゃんがやって来て、そっと影から見ていたりするのだ。 ある一定の距離を置いて。 ((((;゚Д゚)))コ、コワイ...

こういうのも、二匹の仲に水を注しているのかなぁ... (..)

“ にゃんのお外に出たい病 ”は日増しに酷くなっていて、ストレスからか、頻繁に毛づくろいをする姿が見られる。
折角、優しくて可愛い猫仲間のびびが近くにいるのだから、もっと二匹で思いっきりじゃれ合えるといいのだけれど。(..)


さっき、びびがモールにじゃれていた。びびは遊びを見つける天才だ。
普段はおしとやかなくせに、一度スイッチが入ると何にでも旺盛にじゃれる。
その辺の切り替えが旨いから、家の中でもあまりストレスを溜めずに済んでいるのだろうか?

s-DSCN3640.jpg

びびがモールを手放すと、待っていたかのように、今度はにゃんがじゃれ始めた。  にゃんがじゃれ始めたのを見て、再びモールに注目するびび。
だけど、取り合いにはならないんだよね... ちゃんとにゃんが遊び終わるのを待っている。
お互い、譲り合い精神が旺盛というか...  事なかれ主義なのかな? (^^;;
スポンサーサイト
EDIT  |  11:47  |  日常  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.06.29 (Wed)

安易な裏切り

今日もぐずつき模様の天気。マイナー気分ついでにもう一つ。

とあるHPの掲載記事で、自分の住んでいる地域の保健所でも、犬猫の譲渡を行っている事を知った。

でも、それって? 一般市民の、しかも猫や犬の好きな市民の耳に全く入ってこないような程度の情報で、譲渡数が上がっていくと本気で思っているのだろうか?
なんとなく、世情への言い訳程度にやっている様で、市民として哀しい。
もっともっと大々的に宣伝してくれなければ、こういう試みは意味がないと思うのに。(..)


ファッションやアクセサリー感覚でペットを連れ歩くなんてもってのほかだけれど、悲しいかな、今は結構そういう人って多いんだろうなぁ...
だからその時期流行の犬や猫がいたりするのだし、いまや、洋服は当たり前、(まぁ服にはメリットもあるみたいだけれど)付け毛やフレグランスにいたってはもう私の理解の範囲を超えている。(+_+)

その中のすべての人がそうではないと思うけれど、それでも、一部では流行りに飽きて、命を命とも思わずに、安易に捨てたり、保健所に持ち込んだりするらしい。
今、保健所に持ち込まれる命の大半は、元飼い主であった者の手によってだという。

信じている者を裏切る事への後ろめたさはないのだろうか?
自分の手を直接汚すことなく事が済んでしまうから、あっさりと忘れてしまうのだろうか?

“ 動物だから ”と、簡単にその信頼を裏切ることのできる人間は、きっと何か都合が悪くなったら、平気で周りの人間をも裏切っていくだろう。
あれこれと言い訳をしながら。 自分の都合のいいように解釈して。 
罪の意識も感じずに。




まだまだ予断を許さぬ状況が続いています
102.jpg

EDIT  |  11:44  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.06.28 (Tue)

自問自答

久しぶりの雨。 雨の日は憂鬱。
雨が降らないと動物も植物も育っていけないのは分かっているし、水気を含んで生き生きとした庭の花を見るのは嬉しい。

それでも何故か、雨の日は思考がマイナスに傾く。
深夜の心理状態と似ている。
猫たちには過ごしやすくていい日だけれど。

マイナス思考ついでに、ずっと書こうと思っていた事を整理してしまおうと思う。


どれ位前の話になるだろう?
夜、バンドの練習の後、家に戻る途中で、道路に何かが横たわっていた。

ヘッドライトに浮かび上がったそれが猫であることに気がついて、車を脇に停め、近寄ってみた。

真っ白な猫。道路を横切ろうとして撥ねられてしまったのだろう。
まだ体には微かに温もりが残っていたけれど、残念ながら召された後だった。外傷も全くなく、眠るように横たわっていた。

横たわった子の周りに二匹、兄弟と思しき猫がいた。
近寄る私に警戒して遠巻きになりながらも、その傍を離れようとしない。
そのうちの一匹が、うちのにゃんとよく似ていた。

このままでは、他の子たちも遠からず轢かれてしまう...
とりあえず、危険のない所に召された子を移した。

この後、どうすればいいのだろう...?  そのままにしておくのは気が引ける。
かといって、“ もしも何処かの家の子だったら? ”と思うと、簡単に連れて帰るわけにもいかなかった。

その近所には猫が集まる場所がある。餌をやっている人がいるからだろう。
そこに集まっている猫の中の一匹だったのかもしれない。
勝手にお墓を作ってしまったら、いきなり姿を消した子を心配するかもしれない。
悶々としながら、一度家に帰った。

それでも、どうしても気になって、軍手とダンボール箱を持ち、もう一度その場所に戻ってみた。

その子はまだそこにいた。 周りにはやっぱり二匹の猫が、動かなくなった子の体をしきりに舐めてあげていた。

“ やっぱり、連れて帰るのは止そう ”と思った。
しばらく様子を見守ってから家に戻った。


次の日の朝。 用事があって通りかかった時には、まだその子の姿があった。
二匹の猫は姿が見えなくなっていた。
そして夕方、召された猫も姿を消した。
餌やりさんが見つけてくれたのか、それとも...?


あの時の判断、あれが本当に正しかったのか、今も自問自答している。
答えはまだ出ていない。


s-DSCN3714.jpg

EDIT  |  10:37  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

2005.06.27 (Mon)

ミュージカル・バトン???

“ ミュージカル・バトン ”のバトンを“ ふと見ればニャン ”のゆきちゃりん様より受け取りました。 (^^;;
(めっちゃ可愛い二匹の猫に会えます。まだご覧になってない方必見!!)

時折見かける事はあったものの、まさか私に回ってくるとは思いもよらず... (^^;;
とりあえず、“ 気軽な気持ちで ”という事でしたので、回答させていただきますね。


【今パソコンに入ってる音楽ファイルの容量】
■不明  どれ位なんだろう...?
 すいません、本日、Newパソコンに移行したばかりなので... (^^;;
 
【最後に買ったCD】
■sloan 「SMEARED」
 すいません、マイナーですね。(^^;;
 たまたまパソコン屋で視聴用にかかっていたものが聞きやすかったので、そ
 れをそのまま購入してきました。(^^;;

【今聴いている曲】
■中島 美嘉 「STARS」
 バンドでやる予定の曲なのですが、なかなか頭に入ってこなくて... (^^;;
 曲が悪いのではなく、聴き取れない耳が悪いのですけど。(^^;;

【よく聴く曲、または自分にとって特に思い入れのある5曲】
■T.W 「Sleeping Beauty PartⅡ Ver3.0」
 この曲を知る人はごく一部の身内だけです。(^^;;
 “ 師匠 ”ことT.W氏のオリジナル曲。思い入れのある曲ナンバー1です。
 皆さんにお聞かせしたいところですが、諸事情により断念... (T-T)
 心の中に爽やかな風を吹き込んでくれるような曲です。

■TOTO 「ROSANNA」
 多分、初めて聞いた洋楽がこれだったと思う。
 洋楽にハマったきっかけの曲。今聴いてもやっぱいいです! (^^)

■THE SQUARE 「REFLECTION」
 最近バンドで演奏した曲です。
 私が推薦したんだっけ?(^^;; 元気になりたい時はこれが一番!

■ウィンダム・ヒル 「コーリング」
 9年間、oboe奏者でいた中で、一番好きだった曲。
 今はもうoboeは手元にはないけれど、もう一度、この曲を吹いてみたい...

■鈴木祥子 「風の扉」
 鈴木祥子さん、良いです。(^^)
 この方、歌も歌うけどドラムも叩くのですよ。 まるでカレンみたい。
 “ この人の曲をもっと聴きたい ”と思ったきっかけがこの曲でした。
 よく聴くのは「月とSNAPSHOTS」ですが。(^^;;
 
ということで...
なんか、思い入れのある曲だけで5曲埋まってしまいましたね~ (^^;;
他にもインスト系、ハードロック系、吹奏楽系、癒し系と無節操に聴いています。

【5人のバトンを渡す人】
 申し訳ありません! まだブログを始めたばかりで、それほどお知り合いが多くない為、ここでストップさせていただきます。本当にごめんなさい!!! m(__)m
EDIT  |  22:58  |  私事  |  TB(1)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.06.26 (Sun)

脱走の後遺症

こんなもんじゃだまされないぞ!!!
s-DSCN3280.jpg


にゃんがお外に目覚めてしまって困っている。
虚勢が済んで、もう4ヶ月も経つのに、まるで盛り鳴きが再開したかのように一日中ドアや窓のところで“ あぉ~ん、ぅわ~ん ”と妙な声を発している。
幸いにゃんは、夜寝型の猫なので、日中騒ぐ分には私が我慢すればいいのだけれど。
まだ眠っていたい朝方にこれをやられると閉口する。(T-T) メザマシヨリハヤイ

それにしても、どうしたものだろう...
先日の脱走の時間がそんなにも楽しかったのか...?
元お外猫のびびがこんなに大人しい家猫になったというのに。
(一昨日はにゃんにつられて外に出てしまったけれど。その後は外に出たいという素振りは見せない)

何かストレスがあるのかと思って、遊んであげようとするのだけれど、おもちゃへの反応はびびの方が上で、最初は張り合って頑張っているけれど、次第に一歩引いてしまって、遠巻きにして様子を見守る、という感じになってしまう。

折角のキャットタワーも、設置場所が悪いのか、普段はあまり使われていない。
まぁ、年中冷蔵庫やら箪笥やらに飛び乗っているから、運動量が足りないという事はなさそうだけれど。(^^;;

あまりにも大声で鳴き、普段爪とぎをしないような場所で爪を研いでいるのを見ると、問題行動が起こるのも時間の問題かと思う。
だからといって、外に出してあげるわけにもいかないし...

網戸を破られないように注意しないと。コワイナァ... (..)

仕方ない、たまにはドライブにつれてってストレスを発散させるか...
(にゃんはドライブ好きな猫)(^^;;
でも今の時期、車の中も暑くてかわいそうなんだよね...


ドライブ大好き! この場所がぼくの定位置だよs-DSCN2892.jpg


でも、すぐ眠くなっちゃう... (uu)..Zzz s-DSCN2894.jpg


余談だけれど、これだけ室内飼いが推奨されている昨今、何故、猫専用ドアが何種類も出ているのかなぁ...?
勿論、ベランダに猫トイレを置いている人なんかには必要なのかもしれないけれど。
なんとなく矛盾を感じてしまうのは私だけ? (^^;;
EDIT  |  22:51  |  日常  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.06.25 (Sat)

教訓

夕べ、心臓が凍る様な出来事があった。

いかに自分の危機管理が甘かったかを痛感した。
早く脱走防止に手をつけなくちゃとは言いながら、おっとりなにゃんとびびだから、どこかで大丈夫だという過信があったと思う。


夜、父ちゃんと子供たちは先に休んでいて、私は猫部屋でパソコンを弄っていた。
びびは近くで寝そべったり、下にいったり、また上ってきたりを繰り返していた。

pm11時頃、ふと気がつくと、家から猫の気配が消えていた。
嫌な予感がして降りていくと、父ちゃんと子供たちが寝ていた寝室の網戸が、猫の頭ひとつ分開いている...
それが意味する事はただ一つ。

にゃんがロックのかかっていない網戸を開けて外に出てしまい、つられてびびも外に出てしまったのだろう...

ぞっとして外に飛び出し、大声で名前を呼ぶと、にゃんはすぐ呼び声に反応して戻ってきた。
だけどびびは、走ってきたかと思ったら私の前をすり抜けて、反対方向に向かって全速力で走っていってしまった。

裏手は空き地で、草が大人の背丈ほど生い茂っている。周りには沢山の外猫がいる。
そして家の先には、日中は結構車が多く走る道路がある。

奈良からここに来て、まだ一度も外に出たことのないびびが戻ってこれるのか...?

何度も家の周りを探し回ってみたけれど、鈴の音が聞こえたと思うと、すぐに聞こえなくなってしまう...

一度庭先まで戻ってきたけれど、鳴き声を確認した後、再び気配が消えてしまった。
怯えてなのか、自由になれた嬉しさからか、逃げ回っているみたいだった。
かなり広範囲に草むらの中を動き回っている。

とにかく冷静に、何を今しなくてはいけないのか...?

一緒に探していた父ちゃん(元凶はロックなしで網戸を開放していたこの人!)(▼▼)が私よりも冷静で、すぐにネットで調べてやれる事を指示してくれた。
  
1.いつも使っているトイレの砂を家の周りに巻く
2.餌を家の周りに置く
3.家を暗くして、玄関と他数箇所の窓を開け放しておく
4.迷子探しに登録する

朝まで待って駄目な様なら、保健所に電話をし、家の近所にビラを貼るつもりだった。
このまま見つからなかったら...?と思うと、気が狂いそうだった。
明日の仕事、休ませてもらえるかな...? 絶望的な気持ちの中で考えた。
時間が経てば経つほど状況が不利になるのは分かっていたから。


ネットの迷子探しに書き込みをしていると、玄関から鈴の音が聞こえた。
にゃんは近くにいる。 ということは...

びび! びびが戻ってきてくれた!

二階の猫部屋に戻った事を確認して玄関を閉めた。 約2時間半の冒険だった。

幸い、何処も怪我がなく、体も多少汚れはあったものの、無事に戻ってきてくれた。  泣きたくなるくらい嬉しかった。
すぐにでも体を洗ってあげたかったけれど、多少興奮しているようなので、蚤取り櫛をかけただけで自由にした。

とにかく、戻ってきてくれて本当に良かった...
ありがとう、びび。 戻る気になってくれて。

無事に戻ってきてくれたからいいようなものの、本当に生きた心地がしなかった。
いなくなってしまってからでは、どんなに後悔しても遅すぎるのだ。
二度と同じ事を繰り返さないように、これを生きた教訓にしていかないと...


実は、びびが走って行ってしまって直ぐに、オシ君の墓の前で懸命に祈った。“ びびが無事に帰ってこれるように、守ってあげて ”と。

びびは無事に戻ってきてくれた。 オシ君が守ってくれたんだと信じている。

それと、まだ近くにいる事を信じて、それ以上遠くに行ってしまわないように、何度も何度も繰り返し名前を呼びながら探したのも良かったのかもしれない。
ただ、冷静になった今考えると、深夜だろうがなんだろうがおかまいなしで、大声で名前を呼びながら徘徊するのって、相当、近所迷惑な行為だよね...(汗)


今日の仕事中も気が気じゃなかった。
日中は暑かったから、家の中を網戸にしているんじゃないか? また逃げ出したりしていないか? 暑さでぐったりしていないか? そんな事ばかり考えた。

今回の事件はトラウマになりそう... (T-T)
網戸にするのが怖いよ。 頼むからこれ以上暑くならないで...


s-DSCN3709.jpg

本当に良かった... (T-T)
EDIT  |  22:17  |  事件  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.06.24 (Fri)

二度あることは...   悪夢再び

“ もういい加減勘弁してください! ”というような事件がまたもや起きた。
(ここで勘の鋭い方は既にお分かりかと思う)

性懲りもなく、にゃんが洗濯機の排水ホースを引き抜いてくれたのだ。

見る見るうちに川になる廊下。それを成す術もなく呆然と見守る私...  ( ̄ロ ̄lll) 
その中を悠然と歩き回って被害を拡大している当猫。 
おまえな~っ!!! (▼▼)

これから夕飯の買い物に出るって時に...  ただでさえ暑くてダルいのに...
こんな余計な仕事を増やしてくれて... (T-T)

ほんっっっっっとに、ブログにでも書かなきゃやってらんないわーっ!!!

というわけで、今年三度目の大掃除。
何故にこんなに何度も冷蔵庫や洗濯機を動かさなくちゃいけないんだろう...? (ToT)シクシク

“ 二度あることは三度ある ”  良く出来た諺だよ、ホントに。(T-T)


泣きながら風呂場でバスタオル(雑巾なんかでは到底追いつかないので)をもみだしていたら、一緒に入ってきたにゃんが、窓のところで騒いでいる。

“ 泣きたいのはこっちだよ! ”と窓に目を向けると...

s-DSCN3747.jpg

(注:鏡ではありません)

いつの間にきたのか、外猫が中を覗き込んでいた。 (°○°;) オォ!

“ カメラは見た!決定的瞬間!!! ”とかなんとかタイトルをつけたくなるなぁ~!  ばっちり画像を捉えられてラッキー! (^^) 気分好転!

それにしても... もしかして、にゃんの兄弟猫かしら?
EDIT  |  21:46  |  事件  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.06.23 (Thu)

他力本願

昨日はお願いばかりが目立ってしまって、なんとも情けない文章だった。

“ 自分ではどうする事もできないから、余裕のある誰か、お願いします ”   そんな風にも取れる。

自分がやらなくても、そのうち誰かが何とかしてくれるだろう。
そんな風に思っているうちはきっと、どんなに待っても事態は変化しない。
自分に対して言い訳をしているうちは、どんな理想も実現しない。

なんでも人任せにしてしまえば楽だけれど、本当にそれでいいのだろうか?
影で人の何倍も苦労している人の存在に気がつかないまま...

他力本願な甘えが、一部の心ある人に負担を強いり、辛い思いをさせているのだ。

何とかしなくては... と焦っているくせに、事態を見守ってやきもきするばかりだ。

それでも、少しずつでも、他力本願な自分を捨てていきたい。
見て見ぬ振りをするのではなく、人の力を当てにするのでもなく、自分が出来る事はやっていきたい。

現地まで赴く事は出来ないけれど、里親に名乗りをあげる事も出来ないけれど、それでも、支援なり何なり、手伝える事はまだいくらでもあるだろう。
きっとこれから、一度にケアに入る猫たちのために、沢山の支援金が必要なはず。  そんな部分でもいい。何かをお手伝いしたいと思う。

やっぱりお願いするだけでは片手落ちだよね。まず自分が何か行動しないと。


一人で持つには重すぎる大きな荷物だけれど、みんなで持てば、きっと軽くなる。
一つ一つの力は小さくても、みんなで持てば、きっと持ち上げる事が出来る。

本当に小さな力だけれど、支える一つの手でありたい。


102.jpg



s-DSCN3725.jpg

EDIT  |  21:25  |  リンク  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.06.22 (Wed)

どうか、お願いしますm(__)m

近々書く予定ではありましたが、緊急を要する事態になってしまったので、ここを訪れて下さった方々のお力をお借りしたく急ぎ筆を執ります。


びびは“ 田舎猫都会猫 50匹のお家探しSOS ”の出身です。
奈良の田舎で、沢山の仲間と暮らしていました。
飼い主のおばあさんが、末期癌で入院してしまうまでは。


ボランティアの方々の惜しみない努力と、暖かい方々の協力の下に、沢山の猫たちが新たな里親様の手に渡り、新しい猫生をスタートさせました。 そしてびびもその中の一匹でした。

次の厳しい冬が来る前に、何とか現場に残るすべての猫が、暖かいおうちに入る事が出来れば...  そんな風に願っていました。


ところが、事態が急変しました。

いつかはそんな日が来るとは思っていたものの、出来れば先であって欲しい、そんな願いも虚しく、元の飼い主さんが亡くなられたという話が入りました。

飼い主さんが亡くなられて、猫たちが住むお家の権利は、飼い主さんの弟さんに移行されることになりました。
この方は予てより猫達の処分を訴えてこられた方なのだそうで、猫たちは瀬戸際に立たされてしまったという事になります。

まだまだ現場には数多くの猫たちが残されています。
みんな大事な命、一匹たりともその灯火を消す事は出来ません。

このブログに辿り着いて下さった皆様の中で、新たに猫を家族に迎えたいという方がおりましたら、どうかその中の選択肢の一つに、ここの猫たちを加えて頂けたら...と思います。

そして、既に猫を飼われている方でも、もしも一時預かりが可能な方がおりましたらSOSのページにご連絡下さい。

ブログをお持ちの皆様は、SOSのページからバナーを持ち帰り、どうぞご協力下さい。

お願いばかりで申し訳ありませんが、どうぞ宜しくお願いします。m(__)m


びびの元家族たちがみんな、幸せになれますように...
そして、元の飼い主のおばあさんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。 


102.jpg
EDIT  |  23:06  |  リンク  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.06.22 (Wed)

噛み付きたいの

毎朝、おはようの声も早々に息子Bから上がる悲鳴... 
。。。゛(ノ><)ノギャー
寝起きで、パワー全快のにゃんの闘争モードにスイッチが入ったらしい。(^^;;
着替えをしていると大抵襲われる。(裸で出てくるお風呂上りは最悪だ)

こういうときは引き剥がしても引き剥がしても、執念深く何度でも飛びついてくるので始末が悪い。
しかも、何故か毎回息子B限定なのだ。

かわいそうに、息子Bは、着替えや入浴時は常にびくびくと回りを確認し、にゃんの姿を見つけるや否や“ にゃんたろうがきた~!!!(TロT) ”とパニック状態に陥ってしまうようになった。(T-T) フビンナヤツ...

どうしていつも、息子B限定なのか...?
最初は、にゃんが息子Bの事を馬鹿にしているのかと思っていた。
でも、見ていると、どうもにゃんは息子Bの事を、兄弟猫の様に思っているらしい。 遊びたいが故のじゃれつきの様だ。

びびという猫仲間が来て、少しは軽減するかと期待していたけれど、残念ながらにゃんとびびはつかず離れずで、お互いの領分を守っているせいか、今のところ噛みつきあいの喧嘩に発展した事がない。(びびは大人なのね...)
なので、にゃんの噛み加減は相変わらずだ。
引き剥がすときに私が相手になったりするけれど、結構痛い。
血が噴出すほどではないけれど、ミミズ腫れはあちこちに出来る。

母親代理ではあるけれど、こういうしつけは難しい...
さすがに、“ 種の壁 ”を感じるなぁ...

どなたか、きかんぼ猫に噛み方を教えるやり方をご教授ください。(T-T)

s-DSCN3143.jpg

油断大敵!  こんなところも要注意   
EDIT  |  15:20  |  日常  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.06.21 (Tue)

バリバリ!

「おぉ、にゃん。 あなたはなぜ、にゃんなの...?」
ロミオにゃんとジュリエットびび
尚、本文とはまったく関係がありません (^^;;

s-DSCN3564.jpg


結局、びびが夕べ吐いたのは、あの時一回だけでした。ホッ! (^^;;
がっついちゃったのかな?


am4:45  “ バリバリ! ”という音にびっくりして目が覚め、音のする方に目を向けると、あろうことか、にゃんが障子の桟に登っていた... (*o*)

慌てて引き剥がし、既に明るくなっている外が見たいのかと、障子を半分だけ開けて、もう一眠りと布団に潜り込んだ。  
と、またも“ バリバリバリ! ” (@_@)!

“ まったく! ”と障子に目をやると、いつの間に来ていたのか、今度はびびが障子の桟に張り付いていて... (T▽T)

にゃん! あんまりびびに変なこと、教えないでよー! (▼▼)

EDIT  |  17:59  |  事件  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.06.20 (Mon)

寂しがりな甘えんぼ

甘えても いい?

s-DSCN3683.jpg


朝方、びびが呼ぶか細い声に目が覚めた。
階段の上から私を呼んでいるらしい。

“ びび! ”と返事をすると、階段から降りてくる足音。
寝室の入り口から、びびがひょこっと顔をのぞかせた。

今まで、何処で暮らしていたときも、沢山の仲間に囲まれていたびびは、一匹でいることに慣れていないのだと思う。
それでも、この家のたった一匹の猫仲間は、半ヒト化していて、夜は人間と一緒の寝室で寝てしまって朝まで起きてこない。
目が覚めた時、寂しくなって私を呼んだのかもしれない。

警戒心のない、まん丸な瞳。
すぐ脇で寝ている寝相の悪い息子たちにびくびくしながら、私の枕元まで寄ってきて恐る恐る寝そべり、喉をゴロゴロ言わせる。

びびを撫でながら、一緒にうとうとした。

本当はみんなと一緒に寝たいんだよね。びびは寂しがりな甘えんぼさんだもの。(^^)

私限定で甘えてくれることは、猫好き冥利でとっても嬉しいけれど、早く、みんなに同じようにすりすり、ゴロゴロ出来るようになってほしいな。
お兄ちゃんたちは可愛いびびと仲良くしたくて、ずっと待っているんだよ。
気づいてあげてね。(^^)
EDIT  |  18:21  |  日常  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

2005.06.19 (Sun)

平等に

にゃんと出会った事は、私の人生のターニングポイントだったと言っていいかもしれない。
にゃんと出会い、家族に迎え入れた事で、今まで知っているつもりで、どれ程の事を知らずにいたのかに気づいた。

にゃんと出会わなければ、びびを迎える事もなかった。
里親募集は人事のままだったろう。
保健所で行われている事も、各地で起こる虐待も、自分とはかかわりのない、遠い世界の事のような気分のままだっただろう。


昔から、人間と、他の生き物の命を区別してはいけないという気持ちだけはあった。
この星は、人間だけのものではないのだと。

にゃんとびびと暮らすようになって、その意識はいっそう身近に感じられるようになった。

絶滅の危機に追い込むまで気づかず、今度は一転して過剰に保護。
そんな事をしなくてもいいように、生きているものが皆、あるがままの形でいられたらいいのに。

私は動物愛護論を語るつもりはない。
ただ、同じ命、平等にあればいいと思う。
人間だけが偉いなんて、誰が決めたんだろう?

人間は他の生き物を迫害したりするかもしれない。
だけど、それを守ってあげられるのもまた、人間しかいない。

ある特定の生き物ばかり特別扱いするのではなく、全ての命に平等に優しくなろうよ。(^^)
それが出来るのは、人間だけなのだから。



さすがに今日は仕事の疲れも手伝って、文章がまとまらない。 眠いし。
後で読み返して、ぎょっとするかもね~ (^^;;

追伸
Uさん、夕べはお電話、ありがとうございました。m(__)m
いつもパワフルなUさんとの電話で、沢山元気をいただきました。(^^)
道に迷いそうなときはメールさせていただきますね~! (^^;;


s-DSCN0188.jpg

本文とは関係ないけれど、一時期我が家にショートステイしたねこにゃん。 かわいいでしょ? (^^)
おなかではわからないけれど、実はサビ猫ちゃんです。
EDIT  |  22:18  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.06.18 (Sat)

脱走

「... お外、楽しそうだね... 」    行っちゃ駄目!!! (▼▼)
...でも、それも母心なんだよ    わかってくれるかな...?

s-DSCN3455.jpg


気がついたら、にゃんが脱走していた。
脱走していた事にすら、気がついていなかった。

家人が休みの土曜というのは結構忙しいもので、今日は仏滅でお休みの私も、明日は大安なので仕事が入るし、やれる事を片っ端からやっていかないと、時間がいくらあっても足りなくなる。
そんなわけで、いつもの猫の世話に加え、家人の世話、週末の洗濯などがびっしりで、朝から慌しくしていた。

洗濯物を干しながら、ふと妙な事に気がついた。
鈴の音が外から聞こえるような気がする...

そういえば、いつもストーカーのごとく跡を追い回すにゃんの姿がない。
気になって、家の中をくまなく見て回ったけれど何処にも見当たらない。

急に不安になって、大声でにゃんを呼び、探し回った。

と、いきなり玄関脇の小窓から、ひょっこりと顔を出したのは、紛れもなくにゃん。
???なんでそんなところから??? というか、そもそもなんでここ、開いてるの???

“ やっぱり外に行ってたんだ ”、という困惑と、“ 戻ってきてくれてよかった ”という安堵感が入り混じって複雑な気持ち...(^^;;
あぁでも、本当に戻ってきてくれてよかった~! (T▽T)

にゃん当猫はというと、めずらしくお外に出られたので、のんびりと庭先の散歩を楽しんでいたらしい。
昨日、軽く降った雨のお陰で、どろどろになった庭先をね... (T▽T)

当然、足の裏は泥だらけ。(T-T)
嫌がるにゃんを押さえつけての足洗い。私までずぶぬれ。
しかも引っ掻かれて、嫌われて...  (ToT) ナンデ?

一応念入りに蚤取りぐしはかけておいたけれど...
蚤がついたり、ダニにたかられたりしていないか心配。(..)

何故、窓が開いていたのかというと、父ちゃん(@旦那様)が家中の換気をしようと窓をあちこち開けて網戸にしていたらしい。
その際、サッシロックをするのを忘れたため、窓枠に乗るのが大好きなにゃんが網戸を開けて外に出たらしい。

まったく、うっかりでは済まされないよ~! (`ヘ´)
名前を呼べば飛んでくるにゃんだったからよかったものの、これがもし、びびりんぼのびびだったら、きっと色々な物音に驚いて走り出してしまっていたはず... コワスギ

家人が多い時ほど、安全対策に緩みがでやすい。
これからは毎日のように窓を開けるようになるし、一人一人に徹底してもらわないと...
EDIT  |  12:43  |  事件  |  TB(0)  |  CM(9)  |  Top↑

2005.06.17 (Fri)

野獣

なんだよぉ~! やるか~?(▼▼) (下の写真に続く)

s-DSCN3328.jpg


うちには息子、娘、合わせて4人? いる。  
人間の子+猫の子ではあるけれど。(^^;;

さて、普通に考えたら、手のかかる方は話の通じないにゃんとびびのはずなのだけれど、うちの場合、何故か私の頭を悩ませるのは、大抵“ 人間 ”であるはずの息子A、Bの方なのだ。
猫であるにゃんとびびは、殆ど手のかからない、母思いのいい子達である。
(T▽T)
最近では、度重なる息子たちの諍いに疲れ、にゃんに愚痴を聞いてもらっているくらいだ。(T-T) ナサケナイ...

実は、本当は、獣なのは息子たちの方ではないかと、私は密かに疑っていたりする。
それ位、二人の喧嘩は凄まじく、動物の本能丸出しで、傍から見ていても恐ろしい。  正に“ 野獣 ”と化している。 ...( ̄ロ ̄lll) 
そこに仲裁に入らねばならないのかと思うと、正直げんなりする。
母親業を放棄して逃げ出したいくらいだ。(T-T)

にゃん、びび。 お馬鹿さんなお兄ちゃんたちに、正しい喧嘩のルールを教えてあげて... (T-T)

EDIT  |  21:01  |  日常  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.06.16 (Thu)

忘れずにいたいこと  ―オシ君―

忘れないからね...

s-DSCN2026.jpg


何から書いたらいいのか分からないけれど、いつまでも忘れずにいたい事を、ここに書きとめておこうと思う。
文章力がないから、どこまで書けるかは分からないけれど。

EDIT  |  15:03  |  外猫  |  TB(0)  |  CM(7)  |  Top↑

2005.06.16 (Thu)

フードジプシー

ちょっと見えにくいかな? (^^;; 「びびご飯」

s-DSCN3612.jpg


にゃんの誕生日に、プレゼントにと沢山購入した○ンプチ、二匹は全く見向きもしてくれなかった... (T-T)
折角ささみ好きの二匹の為に吟味して買ってきたのに... (ToT)
ワイルドな二匹は、素材の形そのままでないと気に入らないらしい。(..)

それでもこのところ、偏食にゃんがぽっちゃりしてきたように思う。
抱き上げるとずっしり、というか、むっちり詰まっている感じがする。(^^;;
5㎏を越えたのは間違いがない。
(決して肥満ではない。でも去勢済みだし、これから太っていくのかな???) (^^;; ドキドキ

対してびびはというと、毛が長いせいで大柄に見えているものの、抱き上げるとびっくりするくらいに軽い。余りに儚げで心配になるくらい。
もっとしっかり食べてよ~! (;_;)
Uさん宅にお世話になっていたときは、ウェットが好きだったらしいびび、うちにきてドライ中心になってしまって食欲が沸かないのかな?
かといって、これから年齢が上がっていくびびには、しっかりドライを食べて歯石の付き難い歯にして欲しいのだけれど...

たまにあげるおやつで猫缶思い出しちゃうのかな...?
嗜好重視の変なフードはあげたくないしなぁ...
フードジプシーは続きそう... (T-T)


プレミアムフード、EVをフードに混ぜるようになってから、なんとなくお腹の調子がゆるい。
それは、説明に書いてあったことなので特に心配はしていないんだけれど、問題はどっちがそういう状態になっているかということ。
二匹は、二箇所あるトイレを交互に使っているので、非常に分かりづらい。
多分、びびの方ではないかと思っているのだけれど、断定できない。

そっちはまぁいいとして、どうしてトイレの壁におしっこをかけるかな~? (ToT)
日曜日に洗ったばかりなのに、もう匂いが篭ってしまって... (..)
(これも多分びび)
玄関は空気の出入りが多いからそう気にならないけれど、問題は二階の猫部屋だ。
仕方がないので今のところ、脱臭剤を二つ置き、毎日換気をして、ファブリーズでしのいでいる。
今度の給料が入ったら、脱臭機能のついたカーテンとカーペットを考えよう...


s-DSCN3399.jpg

我が家のご飯事情  今後も変更有り (^^;;
EDIT  |  08:47  |  フード  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.06.15 (Wed)

眠り猫

吸い込まれそう... (^^;;

s-DSCN3365.jpg


ほぼヒト化しているにゃんは、夜は私と一緒に眠りにつく。
大抵、私の仕事が終わるまで、そばで寛ぎつつ待っていて、私が寝る時に一緒に布団に入る。殆ど猫ベッドを使用しない。(^^;;

で、夕べも一緒に寝たのだけれど。
どうも近頃、足の間とか、背中の上とか、変なところで眠りたがるにゃん。
夕べは、毛布をかけた足の間にわざわざ割って入ってきて、そこで丸くなってしまった。(^^;;  緊張して体の疲れが取れないからやめて~! (T▽T)

それにしても、夜中はしっかり寝ているし、日中も、気がつくと寝ている。
まだまだ若い猫なのに、ちょっと寝すぎじゃないの? (^^;;


最近薄着になってきて、ぺったりと寄り添うにゃんの体が直に素肌に触れることが多くなってきた。
その度、なんともいえない気持ちよさにうっとりとしてしまう。
柔らかな被毛、伝わってくる温もり。
にゃんがそこにいてくれる幸せをしみじみと感じる。
安心しきったように体をもたせかけて、ぐっすりと眠るにゃん。
たまらなく愛しい存在。
眺めていると、日常の喧騒から解き放たれて、安らかな気持ちになれる。

にゃんは猫の匂いがしない。
思いっきりむぎゅーってして、毛皮に鼻をこすりつけても、特有の猫くささがどこにもない。どうしてなんだろう?
そんなに頻繁にシャンプーしたりしているわけじゃないのに。
玄関先でごろんごろんして砂だらけになったりしているのに。
どうしてなんだろう? 不思議。

今夜も一緒に寝ようね、にゃん。(^^)


s-DSCN2946.jpg

びびも早く一緒に寝ようね! (^^)
EDIT  |  09:22  |  日常  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.06.14 (Tue)

母の願い

暑いとこうなります

s-DSCN3373.jpg


今日は父ちゃん(@御主人様)が休みだったので、ホームセンター巡りに出かけ、二匹の安全を図る策をあれこれ練ってきた。

うちの猫たちは割りとのんびり屋さんで、ダッシュで家から逃げて行く、なんてことはないので、つい気が緩みがちだけれど、備えあれば憂いなし。 気をつけておくに越したことはない。危機意識は常に持っておかないと。
びびりんぼびーちゃんが玄関にいる時に、誰かが間違って脅かしたりしたら、びっくりして走り出してしまうかもしれないし。
(゚_゚)(。_。)(゚_゚)(。_。) ウンウン

外は風があって割と爽やかだったけれど、帰ったら家の中、特に南と西に窓がある猫部屋は物凄く気温が上がっていた。( ̄□ ̄;)!! 
窓を開けていったのに...
熱い空気は上に溜まるので、箪笥の上が憩いの地であるびびは相当きついだろうと、抱っこをして涼しい所に下ろしてあげた。 

一息つけたかな? と思った矢先に、廊下を息子がバタバタバタッ! 
途端に矢の様に箪笥に跳ね上がるびび。(ToT) ナンテコトヲ...
その後、下ろしては、また騒音にびっくりして飛び上がるを二度三度と繰り返す。 かわいそうに... 寿命が縮む思いだったでしょう... (;_;)
何度注意しても、一向に息子たちの騒音は止まない。(溜息)

それにしても、外で暮らしていた猫はこうも物音に敏感になってしまうものなのかな...?
それぞれの猫の気質にもよると思うけれど。

寝ているすぐ脇で掃除機をかけようが、体すれすれの所を走り回られようが、全くお構いなしのにゃんの様に図太くなれとは言わないけれど、折角安住の地についたのだから、これからはもっとのびのびと、リラックスして生きていって欲しい。
こんなに毎日びくびくして過ごしていたら、とても長生きなんかできないよ。

これからもっともっと気温が高くなっていくし、我慢して暑いところにいたら体に悪いよ。
にゃんの様に、家中で一番涼しいところでのんびりくつろいでいて欲しいな。
母の願いです。

s-DSCN3561.jpg

玄関は冷たくて気持ちがいいよ
EDIT  |  23:56  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.06.13 (Mon)

二匹

二匹揃って、何を見ているの?

s-DSCN3459.jpg


夕べ、にゃんに腕枕をしてあげて、一緒に眠りに着いたのだけれど、朝目が覚めたら更に息子A、Bが私とにゃんをはさむようにして眠っていた。 (^^;;  オフトンセマイ...
まぁ、それはそれで幸せなのだけれどね。
ここにびびが参戦してきたら、すごいことになりそう... (^^;;


最近、びびとにゃんが一緒にいる姿を多く見かけるようになって嬉しい。(^^)
よく同じ窓の窓枠にのって、一緒に外を眺めていたりする。
昨日なんか、一鉢の猫草を、頭を突き合わせながら一緒に食べていた。
よく喧嘩しないものだと感心してしまった。(^^;;


幸いにして、にゃんとびびはお友達になれたけれど、うちにはやっぱりこれ以上の猫を迎えるのは無理だと改めて思った。
二匹どちらとも仲良く出来る猫なら考えなくもないけれど、それはきっと難しいだろうし、家の中でいがみ合って暮らしていたのでは猫たちも不幸だろう。
折角仲良く出来ているにゃんとびびの仲をも壊しかねない。
それに、同時に分け隔てなく愛情を与えてあげられるのは、懐の狭い私では二匹が限度のように思う。
もしも病気になったとしても、十分に看護してあげたいし。

それでもこの時期、小さな外猫を見かけると心が揺らぐ。
この町にも、良いネットワークが欲しいと切に思う。

s-DSCN3370.jpg

寄り添う二匹 (^^)
EDIT  |  14:29  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(7)  |  Top↑

2005.06.12 (Sun)

キジトラちゃん

とっても可愛い、キジトラちゃんでした。

s-DSCN3580.jpg


朝起きたら、バッグに入れて持ち歩いている、キャットフードの試供品の袋が破かれ、中身が散乱していた。(犯人は、言わずと知れたにゃん)(T▽T)
最近、バッグのチャックをこじ開ける事を覚えちゃって...
亀餌、片付けておいても意味ないじゃん。(-_-;)


今日は仏滅で仕事がお休みだったので、昨日の惨事の後片付けをした後、SLマニアの息子Aの為に、某所に出向いて参りました。(^^;;
天気も良く、風も爽やかで絶好のお出かけ日和。(^^)

そこで、キジトラのお嬢さんと出会いました。(^^)
中々綺麗な毛並みで、体つきも外猫にしては良い方。
目やにと、軽く出ていた鼻水がちょっと気になったけれど、とても可愛い子でした。  昨年の秋に産まれた子かな?

最初は、息子がどかどかと近寄っていったので“ あ!逃げちゃうかな? ”と思ったけれど、少し引いた後、立ち止まってくれたので、恐る恐る距離を縮めていって、まず写真をGet! ヤッター! v(^^)
続いて、そぉっと近付いて、頭を撫で撫で。 よし! いける! ヽ(^0^)
“ ゴロゴロ ”は聞けなかったけれど、最後にはごろんと横になってお腹まで撫でさせてくれました。(^^)

そうだ! キャットフードを! と思い、バッグの中をごそごそ...
しまった!∑( ̄□ ̄;) 今朝、にゃんに袋開けられちゃったんだっけ!
どうして、よりによってこんな日に... (ToT) ザンネン


ほんの少しの間の触れ合いだったのだけれど、別れがたくなってしまって... (..)出来ることならつれて帰って、獣医さんに見せ、里親募集したかったくらい。(T-T)

でも、いきなり出先で、その地域の猫を連れて帰るのはさすがにまずいと良心が囁く。
家にはにゃんとびびがいるし。 私がまず第一に考えなくてはいけないことは、二匹の幸せ。情が移ったからと安易に家に連れて帰っては、折角のバランスが崩れ、みんな不幸になる。
それに、もしかしたら何処かで餌をもらっている子かもしれない...
迷子札はつけていなかったけれど、もしかしたら何処か近くのおうちの子なのかも?

色々な言い訳で自分を納得させ、それでも諦めきれなくて、後ろ髪を引かれながら帰ってきました。(;_;)

キジトラちゃん、今頃どうしているのかな...?
連れて帰ってきてあげられなくてごめんね。
怖い目にあわないように、祈っているからね...

s-DSCN3582.jpg

あんまり無防備にしてちゃだめよ~ (;_;)
某所付近に、悪い人がいませんように...
EDIT  |  23:46  |  外猫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.06.11 (Sat)

事件

今日は仕事に行く直前に事件が起きた。
慌しく仕事に向かう準備をしていた私。 と、妙な違和感を覚え、ふと足元を見ると...
そこには、いつの間に出現したのか、大きな水溜りが!!!
ぎえぇ~っ☆ にゃん! また洗濯機の排水ホースを引き抜いたな~っっっ!!!

しばしぼー然... (o_o ;)   思考回路停止

これで二度目だよ... 結構気をつけていたのに... (ToT)

一度目は、買い物から帰ってきたら、家の中に川が出来ていた。
玄関から台所まで、すべて水浸しになっていた。
しばらくは、何が起こったのか把握できずに玄関先で固まっていた。 
ありえない...
その後、泣きながら大掃除をした。(T▽T)

教訓の活きない家だ。(私か?)

しかし、今日の私は仕事の時間が迫っている。結構ぎりぎりの時間だ。
ということで、やっぱりぼー然としている父ちゃん(@旦那様)に
「後はよろしく!それじゃ~っ!(^^)」     ... (^^ゞ トウチャン、スマン

まぁ、大抵事件が起こるときは父ちゃん不在時なので、たまには免疫つけといて下さい。(^^;;

ちなみに、仕事から戻ったら、家の中はちゃんと綺麗になってました。(^^;;
その代わり、濡れたものが山積みに...

明日は洗濯、頑張らなくちゃね~ (T▽T)


s-DSCN3017.jpg

犯人はこいつです!!!  「ちっ! バレたか」
EDIT  |  23:31  |  事件  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.06.11 (Sat)

真相

びび、なに狙ってるの? (^^;;

s-DSCN3293.jpg

毎日、掃除に行く度、猫部屋のカーペットカバーがひどくまくれ上がっていて、“ あぁ、夕べも二匹で走り回ってたのね~ ”なんて思っていたのだけれど、真相は別のところにあった。
夜、早くもまくれ上がったカバーを横目で見つつ、部屋に入ったところ、足の下に“ むにゅ! ”   な、なんだこの感触は???
ぎょえぇ~びび~!!! あんた、何でこんなところに入ってんの~っ???Σ( ̄ロ ̄lll)
踏んづけちゃったよ~痛くなかった~? (ToT) オロオロ

...というわけで、びびは毎晩、カーペットカバーの下に潜り込んで寝ていたらしい。(^^;;
びびちゃぁ~ん、ダニがつきそうだからやめてよ~ (;_;)
毎日の掃除を念入りにせねば... (T▽T)

びびはご飯を食べるのが下手だ。
カリカリが、フードボールからこぼれるだけでは飽き足らず、その下に敷いてあるトレイからも大幅にはみ出て、あっちこっちに散乱している。(^^;;
どうも、びびは普通の猫より犬歯が長いようだ。
頭をぐりぐり摺り寄せてくるときでも、よく牙に触れる。
こういう子って、他にもいるのかな???


うちには猫の他に亀(某友人に持ち込まれた3匹のうちの1匹)も同居しています。
普通のミドリガメですが、なんとこやつ、人の手から餌を食べます。(^^;;
(ソーセージとかではなく、ちゃんと亀用の固形フードを、です)
仕込んだのはうちの父ちゃん(@御主人様)です。(^^;;

で、うちの猫たちは、どうもその亀の餌が気になるらしく、不用意に目に付くところに置いておこうがものなら、気がついたときには大惨事になっていたりします。(T▽T)
二度程経験して(一度で学習しないところがみそ)、亀の餌は猫たちの手の届かない吊り戸棚にしまわれる事となりました。
朝から居間中に散らばった亀の餌を見てぼー然...、なんてもうイヤだしね~ (^^;;

ちなみに、餌だけではなく、亀の水槽そのものが落とされるということも度々ありました。(犯人は遊び盛りだったにゃん。今は落ち着きましたが)
一番悲惨だったのは、天気の悪い日に息子が“ ムニャムニャ... ”をしてしまい、干すに干せない布団をファンヒーターの前で乾かしていたとき。
にゃんは、まるで狙ったかの様にそれはそれは見事に、布団の上に亀の水槽を落としてくれたのでした... (T▽T)

そんなむごい仕打ちにも耐え、今日も元気に日向ぼっこをしている亀。
にゃんも同居人と認めたのか(それとも、私の怒る声が怖かったのか?)(^^;; ある時期を過ぎてからはふつりと、亀にちょっかいを出さなくなりました。


今日はこれから仕事だよ~
餌代稼ぐために、かぁちゃん、頑張ってくるからね~! (^^)

s-DSCN1929.jpg

「がんばって かせいできてね~! ぼくねてるから」
...って、あんたも踏まれるって... (^^;;
EDIT  |  08:32  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.06.10 (Fri)

命って

ペットショップで決して安くはないお金を支払って“ 命 ”を求めても、飽きたり、邪魔になったりで保健所に持ち込む、というのは残念ながらよく耳にする話だ。

地域で犬や猫の姿を目にすると、まるで汚らわしいもののように、声高に“ 処分 ”を求める人もいる。

各地で相次ぐ虐待の話を聞くにつけ、いつもこう思う。

命って、なんなんだろう...?

いくら、“ 情操教育 ”“ 命を大切にしよう ”なんて口では言ってみても、現状はどうだろう?
子供たちはちゃんと、保健所に持ち込まれた動物の行く末を知っている。

“ 処分 ”   なんて軽々しい響き。

情報が氾濫している現代、子供たちはいとも簡単に、多くの事を知ることができる。
命の扱われ方がどんなに軽んじられているかについても。

どんなに命の重みを力説しても、残念ながら嘘にしか聞こえない。
子供は、大人の矛盾に敏感だから。

心ある人が多く存在することは知っている。
それでも、一部の心無い、モラルに欠けた人々の起こす行動は、多くの純真な子供たちの心を傷つけ、歪ませる。

子供に“ どうしてなの? ”と訊ねられた時...
胸を張ってその問いに答えることが出来ますか?


子を育てる親として思う。
せめて息子たちには、命の重みの分かる人間に育っていって欲しい。

地域の猫が召された時に、こらえてもこらえても溢れ出た、あの尊い涙をいつまでも忘れずにいて欲しい。

子を持つ親の責任は重い。
どんなに母としていい加減な私でも、これだけはしっかりと息子たちに伝えていかなければいけないと思う。

次世代を担う子供たちが、本当に命の重みを知ったとき...
哀しい思いは減っていくはず。


日本が、一日も早く、真の優しさに目覚めた国になりますように...


ボキャブラリーが貧困で、上手く思いを言葉にできないのが悔しいなぁ...
もっともっと伝えたい思いはあるのだけれど...


以下、リンクさせていただきました。
私の足りない言葉を補って余りあるサイトです。
是非ご覧下さい。

howcould.jpg

jap_b.gif

20050610123824.gif
EDIT  |  13:41  |  リンク  |  TB(0)  |  CM(7)  |  Top↑

2005.06.10 (Fri)

Birthday

こんなにちっちゃかったんだね

s-DSCN1548.jpg

先日告知はしていましたが、にゃんの仮のお誕生日、今日がその日です。(^^) にゃんたろう、一歳のbirthdayおめでと~っ!\(^o^)/

何故あえてこの日をにゃんのbirthdayに選んだか...
それは、10年前のこの日が、我が家の出発点になった日、うちの家庭が生まれた日だからなのです。(^^)

もしもにゃんが初めから、うちの子になる運命だったとしたら、きっとこの日に生を受けたのではないか、そんな気がしてなりません。

プレゼントは何がいいだろう? おもちゃかな? やっぱり大好物のシーバ?
お刺身は食べないにゃんだから、お祝いのご馳走はいつものキャットフードだけれど。(^^;;

ちなみに、びびの仮の誕生日は、動物病院のO先生が決めて下さいました。 お嬢様にふさわしい、3月3日。(^^) ウン、ピッタリ!


最近、毎日、床に這いつくばって掃除機をかけている。
何しろ、二匹の抜け毛がものすごいのだ。もう、はんぱじゃなく!(T▽T)
その毛を見逃がさないように掃除機をかけるとなると、床を這って進むしかない。
びびの毛は長いから結構目に付きやすいのだけれど、どちらかというと、にゃんの毛の方が始末が悪い。
目に付きにくいだけで抜けている事には変わりがなく、暑いからとうっかり窓を開けると風に舞って大変なことになる。
なので、朝に夕に、掃除機の出動となる。(T-T)

二匹だけでこの有様。何十匹も保護されている方の苦労を思うと、本当に頭が下がります。m(__)m

“ 風が舞う 猫の毛も舞う 我が家かな ” (T▽T)  by にゃん・びー

s-DSCN2939.jpg

大きくなったね... (^^)
EDIT  |  10:19  |  日常  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.06.09 (Thu)

至福のひととき

仲良く食べよ!(^^)

s-DSCN3395.jpg


二匹におやつをあげる瞬間は私にとって至福のひと時だ。(^^)
最近ではびびもしっかり手から受け取って食べてくれるし、二匹が揃って膝の上に手をかけてくれたりなんかするともうたまらない!!!
意識が遥か彼方、甘美な世界にいってしまって帰ってこない。

おやつを食べるとき、二匹はとてもお行儀がいい。
順番に、なるべく公平にあげているのだけれど、お互い、相手を押しのけたりせずに、じっと自分の順番を待っている。感心してしまう。
二匹は、お互いを認め合っているのかな?

もっとも、びびが落としたささみを、にゃんが食べてしまい、すかさずびびに
“ うりゃっ! ”っと突っ込みよろしく、頭を叩かれていたけれど。(^^;;
(さすが、関西圏の猫!)

二匹を眺めつつ、猫部屋で寛いでいる時、息子Aが音もなく部屋に侵入。途端に箪笥の上に飛び上がるびび。(^^;;
早く仲良くなりたくて、細心の注意を払いつつ部屋に入ってきた息子Aは不満げだ。

息子Aが去ったのを確認すると共に再び降りてきて毛づくろいを始めるびび。何だか、立ち入り禁止の聖域に入ることを許された唯一の人間のような気がして、息子Aには申し訳ないけれど、ちょっと優越感に浸ってしまった。(^^;;


今日も天気が良くて気温が高い。
夏近し、といった感があるけれど、これから梅雨に入ると、これがいきなり気温が低くなる。
ともあれ、家中の窓を開け放す事も多くなってきた。
二匹が間違って家の外に出て迷子にならないように、策を練らねば...

とりあえず、Uさんから教えていただいた、網戸にもつけられる“ サッシロック ”を猫部屋の網戸につけてみた。これ、すごく良いです!
引き戸を開けてしまう器用猫さんがいるお宅にお薦めします。(^^) 
うちのにゃんでも開けられませんでした。

あとは、網戸そのものを強化しないとね... (^^;;

s-DSCN3451.jpg

これが“ サッシロック ”です
EDIT  |  15:11  |  日常  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.06.08 (Wed)

猫の概念

二匹が“ 猫であること ”を普段取り立てて意識したりはしない。
それでも、それなりに自分の中に“ 猫の定義 ”は存在していたらしい。

びびは、私の中の猫の概念を見事に変えてくれた。(^^;;

動きは確かに猫なんだけれど、ふさふさ尻尾とか、優美な体つきとか...
じっと見ていると、違和感がふつふつとこみ上げてくる。
猫って... こんな風だったんだっけ?
短毛種の猫しか目にしたことがなかったせいかな?

行動が猫らしくないのはにゃんの方なんだけれど。
にゃんは殆ど“ ヒト化 ”してたからね~ (^^;;

まぁ、猫であろうがあるまいが、その辺はあまり問題ではないのだけれどね。
要は魂が宿った、心を通わせることの出来る存在でさえあればいい。

たまたま二匹とも“ 猫 ”という種だったけれど。(^^;;


毎日の念入りな? ブラッシングの成果か、いつのまにか“ 長毛 ”というより“ セミロング ”になっていたびび。 
サマーカットしたみたいに、すっかり夏使用だ。

今は暑い日が続いているからいいけれど、これから初めて迎える、東北での雨期は大丈夫かしら...?

s-DSCN3445.jpg

VIVI Summer Cut Version
EDIT  |  09:03  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.06.07 (Tue)

シャンプー

じーっ! (そんなところから見てたのね~!)(^^;;
s-DSCN2543.jpg


朝、二階で“ 撫でて! ”光線を発するびびをかまっていたら、いつの間に来たのか、扉の陰からにゃんが、そっと隠れるようにして一部始終を見ていた...
コワイヨ、ニャン... (^^;;

にゃんはそういうところがある。
いつでも、気がつくとそっと近くにきていて、様子を伺っている。
私が行く先、行く先についてきては、少し離れたところで寝転んでみたり、毛づくろいを始めたり...  
正面切っての甘えが下手だ。
もう少し甘えたい気持ちが強くなると、仕事をしている私の足の先に、わざとちょっとだけ体を乗せて毛づくろいを始めたり、読んでいる新聞の上に寝そべったり...

甘え下手だけど、そんなところも大好きだよ、にゃん。(^^)


今日も天気がいいけれど、天気がいいと、ちょっと気になりだす。
びびがうちに来てからもうすぐ二ヶ月になろうとしているのに、まだ一度もシャンプーをしてあげていない...

聞くところによると、“ 長毛種は二週間、最低でも一ヶ月に一度はシャンプーを ”というのが定説のようで、どんな本を読んでも、大抵そんなことが書いてある。
(マニュアルに頼るのは恥ずかしいのだけれど、何しろ長毛種は、目にするのも触れるのも初めての“ 超 ”がつく初心者なのだ)(^^;;

このところお天気が良い日が続いているので、その度に“ そろそろ... ”と思うのだけれど、中々思い切れなくて、その度挫折。
そもそも、シャンプーをする以前に、爪を切らねば...
“ お風呂場で流血事件! ”は勘弁して欲しい。(T▽T)

でも、爪... どうやって切ろう...


...シャンプーするの、もう少し、後にしようかな? (^^;;
EDIT  |  10:44  |  日常  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

2005.06.06 (Mon)

甘えんぼ大王

早く一緒に寝ようよ!
s-DSCN2351.jpg


というわけで、本日は義弟のお誕生日でした。(^^)
おめでとう!(めでたくないって?)(^^;;
ついでにコメント、ありがとう!m(__)m

さて本題。
今日は朝から思いっきり甘えんぼ大王になっていたにゃん。
誰彼かまわず指に吸い付き、ちゅぱちゅぱ。お手々でもみもみ。喉をぐるぐる。 陶酔しきったようにうっとりと目をつぶり、いつまでも離れない。

思えば、甘え上手のびびがきてから、にゃんは常に一歩引いたような形で、いつのまにかべたべたにゃんではなくなっていったね...
他猫を押しのけてまで自分を主張したりできない、ちょっと控えめなにゃん。
びびがまだ入ってこれない、お布団の中だけが唯一、自分だけを見つめてもらえる場所だって分かっているのか、安心しきったように、いつまでも、いつまでも指を吸い続けるにゃんでした。

甘え上手のびびばかりかまってしまって、聞き分けが良くてお利巧なにゃんはついつい後回しにしてしまいがちだけれど、もっともっとにゃんの事も、甘えさせてあげないとね...

にゃんはもうすぐ一歳を迎える成猫、のはずなんだけど...
どうしてこんなに顔つきがあどけないのかな~? (^^;;
いつまでたっても子猫のような表情のままだ。
それはびびにも言えるんだけれど。

にゃんと出会ったのは忘れもしない昨年の7月3日、その時点で生後推定一ヶ月と診断された。ということは、にゃんもそろそろお誕生日なんだね。
(もしかすると、もう過ぎているのかも?)(^^;;
でも、にゃんの仮の誕生日はもう決めてあるんだ~ (^^)
ご紹介はその日に。


一昨日届いたプレミアムフード、ナチュラルバランスはとても二匹に評判が良くて(特ににゃんに)、久しぶりにフードボールの中がすっかり空になりました。
お陰で中々食べてもらえなかった○イムスも、いつのまにか一緒になくなっててラッキー! (^o^)v

しかし... すっかり箪笥の上でのご飯が定着してしまったね、びび。(^^;;

s-DSCN3195.jpg

なにかいけなかったかしら?
EDIT  |  21:44  |  日常  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.06.05 (Sun)

やわらか、ふわふわ(^^)

「触ってみる?」  by にゃんたろう

s-DSCN2709.jpg


どうして猫を撫でるとこんなに気持ちがいいんだろう...?
いつもうっとり、陶酔モードに入ってしまう。
にゃんの毛は短いけれど、やわらかくってまるでベルベットのような触り心地だ。ごわごわの猫の毛しか触ったことのなかった私には目から鱗だった。

そしてびび。びびの毛ったら、なんでこんなにふわふわなんだろう?
やわらかくてふわっふわで、いつまでも撫でていたくなる。
チンチラが入っている様なその姿のわりに指通りが良く、毛玉になったりしない。とても手入れの楽な子だ。

また、お腹の毛の触り心地が違う。背中は滑らかでさらっとしているのに、お腹はくるくる柔らかな毛が羊毛のようだ。
実際、毛を櫛ですき取ると、溜まった毛がフェルト状になっていく。

本当にもこもことぬいぐるみの様で、上から見た時とごろんごろんした時の雰囲気が全く別猫なのも魅力。(^^)

短毛種と長毛種、両方の魅力を一度に味わえるなんて、なんて贅沢なんでしょ~! (*^o^*)シアワセー!


今日は天気が良かったので、猫トイレを丸洗いし、猫砂を全部交換した。
やっぱり綺麗な方が気持ちがいいのか、わざわざ掃除をするのを待って、直後にトイレに入るんだよね~ (^^;; 
気持ちが分からなくはないけれどさ。

関係ないけど、今日は父ちゃん(旦那様、御主人様とも言う)の○回目のbirthdayでした。
なんと私の実姉と学年が一緒で、誕生日が一日違い。(^^;;
更に明日は義弟の誕生日だ~ いや~めでたい!
EDIT  |  21:21  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。