2005年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.07.31 (Sun)

一週間が過ぎて...

凛を保護してから丸一週間が過ぎた。
今のところ、保健所からも、交番からも、チラシを張らせていただいた所の何処からも連絡がない。

焦らず、気長に待とうと思う。 もう少しチラシを増やしてみようか?

元の飼い主さんを待つ一方で、段々と新しい里親さんを探す準備もしておかなければ...

元々人懐こくて、誰にでも愛想が良く、良いパートナーになれる素質十分の凛だけど、散歩の時の引っ張り癖と、甘噛み、飛びつき癖が玉に瑕だ。(^^;;

“ 犬のそんなところが可愛い ”と思ってくれるも多いと思うけれど、皆から愛される凛になるために、家で預かっている間に頑張ってトレーニングしていこうと思う。

可愛い凛を、心から太鼓判を押して送り出してあげるために。


s-DSCN4206.jpg

スポンサーサイト
EDIT  |  22:41  |  保護動物  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.07.31 (Sun)

Let’s ザリガニ捕り!

今朝、凛を散歩させていたら、“ 落し物 ” の主ではないかと思われるコリーとその飼い主が散歩している所に遭遇した。
どう見ても、エチケット袋を所持しているようには見えない。

がさがさと草むらに分け入っては立ち止まるその背中に、“ もしかして、落し物をされませんでしたか? ”と訊いてみたい衝動に駆られたが、小心者の悲しさ、とうとう口に出す事は出来なかった。
このご時世、逆恨みされて、大事な家族に危害を加えられては困る。

頼むから、ちゃんと後始末をして下さい。(T-T) ( 心の声 )

普通に犬を散歩させているだけなのに、なんとなく肩身が狭い思いをしてしまうのは私だけだろうか?
本当に、ごく一部の心無い飼い主のせいで、犬連れが皆、白い目で見られているような気がしてならない。 被害妄想だろうか?


気が重くなる事もあった今朝の散歩だったけれど、新たな発見にわくわくした散歩でもあった。

家の近所には、まだ魚の住める用水路が残っているのだけれど、前に確認した所とは違う場所で、ドジョウとザリガニを目にする事が出来た。
前の所より水質は悪いのか、ヒルの姿もあったけれど、それでもドジョウの数が素晴らしく多くて、久々にウキウキしてしまった。 o(^-^)o

早速、子供達をつれて、Let's ザリガニ捕り!
5匹Getして、悠々と家に戻ってきた。(^^)v

それにしても...
普通、虫捕りもザリガニ捕りも、担当はお父さんのはず... だよねぇ...? (^^;;


なんだこりゃ?
s-DSCN4250.jpg


ちょっとさわってみようかな?
s-DSCN4254.jpg



捕まえたザリガニの一匹がお母さんザリガニだったらしく、お腹に沢山の子ザリガニを抱いていた事に気がついたのは、水槽の中にひよひよと泳いでいる小さなザリガニを発見してからだった。
 
明日、逃がしてこよう... 


s-DSCN4237.jpg

EDIT  |  22:20  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.07.30 (Sat)

留守中の不安

今日は所用があって、宮城県の松島方面へ丸一日出かけていた。
たまにしか会えない知人と楽しい一時を過ごし、普段あまり足を運ぶことのない場所を散策することが出来て、非日常を満喫した一日だった。

とても楽しく、充実した一日だったのだけれど...

出かける前から既に、家に残していく子達の事が気がかりだった。

にゃんとびびは、泊まりでなければそう心配はしない。
ただ、今日は朝からかなり気温が高めで、隙間を開けた窓から入る風だけで日中の暑さをしのげるかどうか、不安があった。

それでも、室内を転々と出来る猫達はまだいい方で、一番心配だったのは、暑い日中ずっと外に出ている凛の事だった。


s-DSCN4195.jpg


日陰は作ってあっても気温は高い。 汲んでいった水は温くなっていないか? 鎖が絡まって動けなくなってはいないか? 吠えて近隣に迷惑をかけていないか?
考えれば考えるほど心配になっていく。

一応、朝のうちに散歩を済まし、後は日中と夕方、近くに住む姉に様子を見に行ってくれるように頼んではおいたのだが、それでも気になって気になって、何度も電話をかけた。

夕方の電話で、家の方でかなり激しい夕立があり、雷が鳴っていたことを聞いた。 更に高まる不安... (..)


予定より少し帰宅が遅くなってしまった事もあって、ドキドキしながら戻ったのだけれど、3匹とも、何事もなかったような顔で出迎えてくれた。ホッ! (T▽T)
日中どんな風に過ごしていたのかは、その静けさからは窺い知る事は出来なかった。(^^;;
( ご近所に迷惑をかけていなかったかしら...? )

とにかく、無事で何より。(^^;;


ちょっと~ おそいよ~! (`ヘ´)
s-DSCN3558.jpg

EDIT  |  21:42  |  日常  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.07.29 (Fri)

落し物

凛の散歩をするようになって、前にも増して気になってきたのが、多分犬のものであろう“ 落し物 ” の多さだ。

通学路に面する我が家、歩道は学校に通う子供たちばかりでなく、散歩の犬たちでも朝晩賑わっている。
その歩道の上に、よく“ 落し物 ”が落ちていて、前々から気になっていた。

散歩している犬とその飼い主皆がそうではない事はわかっているけれど、中には心無い飼い主もいるようで、何度片付けられてもその数が減っていく事はない。
( 飼い犬ばかりではなく、凛の様に放浪している犬のものも含まれているとは思うけれど、それにしたって数が多すぎるのだ )

凛は、散歩の時に草むらに好んで入っていく。
その先には、必ずといっていいほど “ 落し物 ”がある。
今まで、歩道の上の落し物しか目に入っていなくても、“ 多いなぁ ”と思っていたのに、草むらの中の落し物は、歩道の上の比ではない。
この多さ、目に付き難いから、と安易に放置していく飼い主が多いということだろう。
凛の様に草むらに分け入る事が好きな犬だと、そういったところから病気を貰うことがあるかもしれない。 そう思うと、安心して散歩を楽しむ事も出来なくなる。

犬を嫌いではない私でさえ、さすがにこう落し物があちこちに落ちていると、もう少し何とかならないものかとげんなりしてしまう。
ましてや、元々生き物が苦手な人や幼い子を持つ親などは犬に対して悪意を抱くだろう。  
ごく一部の、モラルの低い飼い主のせいで、全ての犬が否定されてしまうのは残念でならない。  景観的にも、衛生的にも良くないし。

今朝の朝刊で見たけれど、飼い犬のトラブルが、殺人事件にまで発展したらしい。  殺人は極端な例だけれど、近隣との小さなトラブルの話は日常的に耳にする。
本当に犬を愛しているのなら、自己満足に可愛がるだけではなく、愛犬が周りからも可愛がられ、愛される存在になるように、気を配らなくてはならないと思う。

“ 生き物を飼う ”という事は、保護者としての責任が出てくるということだ。
無責任に“ 落し物 ”を放置したりしてはいけない。

最低限の責任さえも果たせないのなら、生き物を飼う資格はない。


おさんぽ? いくいく♪
s-DSCN4190.jpg

EDIT  |  23:30  |  保護動物  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.07.28 (Thu)

にゃん、恐るべし!

台風が去って、真夏の日差しが戻ってきました... (~Q~;)

こんなにいきなり暑くなられると、かなりしんどい...
体の小さな犬猫はもっと辛いだろう。
昨日のうちに簡易日除けを張っておいて良かった。(^^;; タイムリー!

こんな感じです
s-DSCN4188.jpg



日陰があるとはいえ、30度を越えると空気自体が暑かろう...
芝生で寝そべる凛の脇に、タオルで包んだ大き目の保冷剤を置いてみた。
少しは涼しいかな?

(ちなみに、箪笥の上もかなり暑いので、びびもアイスノン愛用者です)(^^;;
s-DSCN3970.jpg



本当なら家の中でくつろがせてあげたいのだけれどね... ゴメンネ
にゃんとびびという二匹の家猫がいる我が家では、それは難しい事だから。
隔離用のケージもないし。

早く凛だけに深い愛情を注いでくれる飼い主さんを探さなくちゃね...


さて、にゃんだけど。
この暑さの中で元気なのはこの子だけかも? (^^;;
午前中、立て続けに3回も吐いたからあまり元気とはいえないけれど、それでも、真夏の暑さなんか何のそので、あちこちうろつき回っている。

にゃんの今のお気に入りは、寝室の窓辺。
そこから興味しんしんで凛の様子を伺うのが日課となっている。

薄い網戸に隔てられただけの状態で向かい合うにゃんと凛。
警戒耳にはなっているものの、凛に吠えられても、逃げもしないし、背中の毛も逆立てない。
なんとも気の抜けた声で “ ぅわ~ん ”   ... (^^;; 強いね、君は。

しかも、なんと網戸越しに、鼻と鼻の “ smooch ”までやってのけた。
にゃん、恐るべし... (^^;;
好奇心は何ものにも勝るのか...?


あんただれ?
s-DSCN4187.jpg

EDIT  |  15:56  |  日常  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.07.27 (Wed)

命名

これ、ぼくのだったはずなんですけれど
s-DSCN3711.jpg



夕べはパソコンを開いたけれど、どうしても眠くて早々に挫折し、びびを連れて寝室に行った。
( 最近はびびは一晩中寝室のキャットタワーの上にいることが多い )

ふと犬のことが気になり、障子を開けたら、目の前に、二つの目玉が!
(◎-◎;)!!
途端にヴァアーッ!!!っと激しく唸り、体をブワッと膨らませるびび!

余程びっくりしたのだろう。  母もびっくりしたよ...
網戸越しだし、体も顔も黒いから、目玉しか分からなかった。(^^;; 

びびの威嚇の声、初めて聞いたよ。
しかも結構凄みのあるドスの効いた声。(^^;;

何処からどう見てもお嬢様なびびなのに、豹変するともの凄く怖い。
もしかして、猫かぶってるの? 
( あ、いや失礼。 元々“ 猫 ”でしたっけ )(^^;;

若いときは結構やんちゃしてたけど、今は引退して落ち着いた大人の女性。 びびにはそんな匂いがあるなぁ... (^^;; アネゴ?


アネゴって...  だれのこと?
s-DSCN4001.jpg



本文に良く出てくる “ 犬 ”
いつまでも“ 犬 ”のままでは具合が悪いので、きちんとした名前をつけようと思い、無い知恵を絞って考えてみた。( あ、勿論“ 里子 ”は却下 )

名前って、大抵その生き物のイメージに合わせてつけるのだけれど、前にも書いたようにあまりに凛々しく男らしい風貌なので、中々女の子らしい名前が浮かばない。
加えて和風。 洋風な名前が似合わな過ぎる。(T▽T)

できれば、躾の訓練で呼びやすく、覚えやすい名前がいい。
なので、三文字より二文字にしたい。

その時点で撫子( 大和撫子なイメージ )、桜( 時期が違うが大好きな花 )が消えた。

華( はな )も可愛いな、とは思ったのだけれど、実は、一番最初に閃いたのが、“ 凛々しい ”イメージから一文字貰って“ 凛( りん )”だった。
父ちゃんに却下されたので一度は諦めたけれど、息子Bの後押しもあって、とうとう“ 凛 ”に決定した。( やっぱり、一番最初のイメージって大事だよね )

しかし、あまりに“ 里子 ”のイメージが強すぎて、つい“ さとちゃん ”と呼びかけ、はっとする自分が悲しい。(T▽T)
名は体を現す。 この子は間違いなく “ 凛 ”なのだ。
(゚_゚)(。_。)(゚_゚)(。_。) ウンウン


こんなに悩んで名前付けしてて、明日にでも飼い主さんが見つかったらどうするのでしょうね~? (^^;;
もっとも、それが一番いいことなんだろうけれどね。

凛ちゃん、ゆるかったお腹の調子も良くなり、元気いっぱいです。(^^)
早く飼い主さん、迎えに来てください。m(__)m
EDIT  |  23:22  |  保護動物  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.07.26 (Tue)

ハードスケジュール

今日は真面目に、タイムスケジュールがなければ動けないようなハードな一日だった。

朝のラジオ体操こそ雨で中止になったものの、午前中は子供会の行事、お昼に一旦戻り犬の散歩(散歩がトイレタイムなので必ず必要)、夕飯の買出し、息子Bの幼稚園の一年生同窓会(宿泊会)のお手伝い...

しかも、こんな大変なときに台風まで来るし。(T-T) カンベンシテヨ

というわけで、今日はくたくたです。(T-T)
明日は復活しますので宜しく。m(__)m


そんなの、ぼくらにかんけいないことだし
s-DSCN4065.jpg

EDIT  |  23:11  |  私事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.07.25 (Mon)

迷い犬

パソコンに向かう私の傍らに寄り添い、ゴロゴロと喉を鳴らすびび。
夕べの無理やりな点眼もなんのその、ラブラブな二人はそんな事ぐらいでは揺るがないのよ~♪ (^^)
(... なんて、実際は嫌われそうでかなり毎回びびっているのだけれど)(^^;;

外は霧雨で肌寒い。 犬は犬走りで寝そべっている。
すぐ見えるところにいるとはいえ、一人きりでは寂しいだろうな...
早く飼い主さんが見つかって、いっぱい甘える事ができるといいね。


さて、預かり中の犬の呼び名だけど。
どうも凛々しい顔つきのせいで、可愛らしい名前が浮かばない。(^^;;
洋風の名前も合わない感じだし。

悩んでいたら、またまた父ちゃん命名。
「里子に出すんだから、里子ちゃん」
... 安易だ... 安易過ぎる...

しかし、残念ながらそれ以上インパクトのある名前が浮かばない。
え~ マジですか~? (--;)  本当に“ 里子 ”ちゃんに決定?
なんか、ぴったり来ないんですけど...

まぁ、いいか。ここでの呼び名は仮の名前。
この名前に慣れてしまう前に、早く飼い主さん、見つけようね。(^^;;


O先生に助言を頂き、保健所に電話を入れてみた。
既に4~5日放浪しているのだから、飼い主がいるなら連絡が入っているはず。
とても丁寧な担当の方の話によると、豆芝のメスなら6月半ば頃に行方不明の届けがあったという。

もしかして... 期待が膨らむ。
しかし、残念ながら違ってしまった。 残りは該当なし。(..)
何か情報があったら、うちの方に電話をもらえるようにお願いしておいた。

その後、O先生に診察を受けに病院へ。
血液検査の結果、フィラリアは陰性。(^^)
ただ、保護期間がどれ位になるのか分からないので、今後の事も考えて、フィラリアの予防薬とフロントラインを処方していただいた。

これで庭先で寝ていて蚊に刺されても、散歩の時に藪に分け入っても一安心! (^^)

とはいうものの、昨日、今日と、結構散財してます... (T▽T)
先月分のバイト代、すべて注ぎ込むことになるかも... (T-T) キビシー


“ 大人しくてお利口さん ”っていわれたんだよ (^^)
s-DSCN4082.jpg

EDIT  |  22:22  |  保護動物  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.07.24 (Sun)

どういうわけか

今朝は息子との約束で、早起きをして近くの大きな公園まで歩いて虫を取りにいった。

虫を取りにいったはずなのだけれど...
どういうわけか、帰りには、私は犬を抱いていた。


山の中の遊歩道。 散歩中のおじさんに連れられた愛犬。
ごく自然な取り合わせに違和感を感じる事もなく、挨拶を交わし、その場を通り過ぎようとした。

すると、その犬が私に近寄ってきた。
差し出した手をぺろぺろと舐める。くすぐったい。(^^) じゃれ付いて離れない。

しかしおじさんはそんな愛犬の様子にかまうことなく、どんどん先へ行ってしまう。

“ ほら、置いていかれちゃうよ ”と犬に声をかけた私に飛んできたおじさんの声。
「あぁ、その犬、野良だから」




..... え? (°▽°;)

今、なんて言いました?

“ 野良 ” って言ったよね? 確かに。



しばし呆然... (O.O;)  
... と、我に返り、足りない脳みそを必死にフル回転。


こんなに蚊がぶんぶん飛び交う所に置いていったら、遠からずフィラリアになるだろう。
それに、かなりお腹が減っているらしい。 どれ位ここにいたのだろう...?
これだけ人懐こいのだし、毛並みから見てつい最近まで飼われていた筈。
もしかして、飼い主とはぐれてしまったのだろうか...?

でも、ここは公園。
利用者からの通報一本できっとこの犬は保健所に連れて行かれてしまう...

とにかく、ここにこのまま置いていく訳にはいかない。
一度保護して飼い主を探してみよう。 もしも見つからなかったら...
その時は里親を募るしかない。

何とかなる。  いや、何とかするしかない!



連れて帰って早速、首輪とリード、それにフードを買ってきた。
寝ていたところを叩き起こされた父ちゃん、目の前の見知らぬ犬にぎょっとしながらも何も言わずにいてくれた。(さんきゅー、父ちゃん!)(T-T)


うちの猫たちの反応はというと...?

s-DSCN4098.jpg

背中の毛を逆立てて、固まっていました。(^^;;
びびの毛が逆立ったところ、初めて見たよ。

でも、無駄吠えをしない、比較的温厚な犬で、うちの猫たちを見ても全く反応を示さない。(お散歩中の他の犬とすれ違ってもそうだった)
段々と落ち着きを取り戻していった二匹、怖いもの見たさか、ガラス越しにじっと張り付き、様子を伺っていた。(^^;; オイオイ


午後から再び公園へ出向き、この犬を見かけたことのある人はいないか聞き取りをしてみた。
しかし分かったのは、この犬が4~5日前から、首輪のない状態でふらふらと山の中を歩き回っていたという事だけだった。


めげずに交番へ。 迷い犬の届けをしてくる。 お巡りさんがとても気さくないい人で気持ちが明るくなった。(^^)

迷い犬保護のチラシも作ったし、明日近所に張らせて貰おう。
病院にも行かなくちゃね。


さて、保護している都合上、呼び名が“ 犬 ”では困るか。
まぁ、明日までにゆっくり考えておこう。(^^;; ユメノナカデ


s-DSCN4097.jpg

EDIT  |  23:06  |  保護動物  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.07.23 (Sat)

心配しすぎ?

今日はぽろぽろとこぼれおちるほどの涙を両目に溜めていたびび。
お腹もかなりゆるかった。 食欲もなかったし。
もっとも、お腹のゆるかったのや、食欲のなさは、病院に行った後遺症みたいなものとあまり深刻には考えていないのだけれど。

しかし...  困った事に目薬がさせない... (T-T)

性格のいい優しいびびは、人を噛んだり、威嚇したり、爪を立てたりはしない。
その代わり、体をくねくねさせて“ いやいや~! ”と必死で抵抗する。 
まるでうなぎみたいにするすると逃げていってしまう。

これじゃ、いつまでたっても良くなっていかないよ... (..) ドウシヨウ?


仕事から戻ったら、いつものようににゃんが出迎えてくれた。

“ 今日も無事に過ごせたね ” そう思ったのもつかの間。
いきなりにゃんが、苦しげな声をあげ、立て続けに3回も吐いた。
Σ( ̄ロ ̄lll) ゲッ!

吐くのは初めてじゃないけれど、今日の声は今まで聞いた事もないような苦しげな声だったので、何かまずい物でも食べてしまったのではないかともの凄く焦った。 

またひも状のものでも食べて、喉に絡み付いているのだろうか?
それとも、毒性のあるものを口にしたのか...?

吐いた物は殆ど消化されかけていたフード少々と胃液。
とりあえず3度吐いた後はまだちょっと気持ち悪そうにしながらも毛づくろいを始めた。

そういえば、びびもこの前いきなり吐いたっけ。
これだけそばにいて、一つの皿の餌を分けあったり、トイレを共有していたりしたら、当然びびの鼻気管炎はにゃんの体の中にも入り込んでいるだろう。 
そのせいなのかな...?

心配している母を尻目に、どたどたとサッカー遊びを始めるにゃん。
その後はびびと追いかけっこまで...

お、お前、大丈夫なの??? もうなんともないの??? (゜_゜;) ?


私は ちょっとの事でも心配しすぎるのだろうか...? (..)


まぁ、なんとかだいじょうぶだよ
s-DSCN4008.jpg

EDIT  |  21:36  |  病気?  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.07.22 (Fri)

つい、ね

つい、ね、 たしかめちゃうんだ、寝息を


“ 気持ちよさそうに眠っているなぁ ”って 眺めているうちに、あまりにも動かない事に 急に不安になって、お腹の動いている事を確認する

それでも飽き足らずに、手をもみもみしたり、耳を軽く引っ張ってみたり...

やっと “ うるさいなぁ ” って、ちらっと薄目を開けてくれた
ほら  いつもどおりのにゃんだった


人間だって そうだもの
すごーく眠い日が 猫にだってあることくらい ちゃんとわかっているけどさ

それでも、時々 心配になるんだもん


いつも 元気でいてよ    やんちゃなくらいにね



s-DSCN4021.jpg

EDIT  |  15:44  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.07.21 (Thu)

鼻気管炎

涙が流れているの、わかるかな?
s-DSCN4006.jpg


今日はびびを病院に連れて行った。
うちに来た当初から時折目やにが出る事があって気にしていたのだけれど、ここ数日、右目から涙がこぼれるようになっていたのだ。

心配になって、いつもお世話になっているO先生にメールで質問したところ、“ 鼻気管炎にかかっているかもしれない ”という答えが返ってきたので更に心配になり、朝イチで病院へ向かった。

前回、びびはキャリーに入るのをとても嫌がり、暴れて大変だったのでドキドキしていたけれど、今回はちょっと抵抗したものの、信頼関係が出来てきたせいか、それ程苦労せずにキャリーに入れることが出来た。
(とはいっても上部が開くにゃん専用キャリーでの話。横から入るタイプのびび専用キャリーは今回も使えなかった)

キャリーには無事に納まってくれたけれど、車に乗り込むとやっぱり不安なのか、か細い声で病院に着くまで鳴き続けた。

“ だぁ~いじょ~ぶ、だぁ~いじょ~ぶ、お母さんがついてるからね~ 怖くないからね~  早く診察してもらっておうちに帰ってこようね~ ”
そう言ってなだめつつ病院へ向かったけれど、結構距離があるので(車で15分位)びびには負担になったと思う。

動物病院は10分圏内に5~6軒あるのだけれど、丁寧さが違うので、どうしてもO先生のところに行ってしまうのだ。 質問もしやすいし。(^^;;

いつもは沢山の犬猫で賑わっているO動物病院。
今日は早めに行ったせいか、割と空いていて、待ち時間が少なく嬉しかった。(^^) それは緊張しているびびも同じだったろう。 

すぐに名前を呼ばれ、診察になった。
ここで(というか、待合室に入った時点で)にゃんの場合、極度の怯えから威嚇の嵐なのだけれど、びびは多少怖がっていたものの、とても大人しく診察を受けてくれた。
何度も目を開かれたり、口を開けさせられたりしながらも、怒る素振りは見せない。
“ びびりんぼびび ”なのに、この堂々とした態度はどうだろう! スゴイゾ、ビビ!

で、診察結果はというと、眼球に傷がついたりしているわけではないようなので、やっぱり鼻気管炎だろうということだった。
前々から、鼻の利きが悪いのかも?と思っていたのだけれど、やっぱりちょっと通りが悪いらしい。涙はそのせいで溢れていたようだ。
(検査のための蛍光グリーンの目薬に、ちょっとびびった母) (^^;;

ただ、比較的症状は軽いようで、目薬以外の薬は処方されなかった。ホッ! (^^;;

保険証が届いてから、初めて使ったけれど、本当にその場で半額になるのには感動した。(T▽T) 2千円でおつりが来るなんて、夢みたい♪ (^^)
保険、入っておいて正解だった! これならいざという時も安心して病院にかかれる! (^^)

病状も軽く、診療費も少なく済んだので、帰り道はとても気分が軽かった。(^^)
私の精神状態が良かったせいか、びびも帰り道は鳴きもせず、キャリーの中で大人しくしていてくれた。

だんだんとこうやって、色々な事に一緒に慣れていこうね、びび。(^^)

家に帰り着いてからも、前回のようにダッシュで隠れるでもなく、“ あーやっと帰ってきたわ~ ”っといった感じで、すぐにいつも通りに戻っていたびび。
“ 嫌われちゃったかな? ”とドキドキしていた母に帰るなりすりすりしてくれたびび。

名実共に、うちの子になったね。(^^)


あーやっと落ち着いたわ~
s-DSCN4002.jpg

EDIT  |  21:59  |  病気?  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.07.21 (Thu)

夏の憂鬱

あぁ... とうとう憂鬱な夏休みに突入してしまった... (ToT)
学校休みで嬉しいのは子供たちだけよ... 
親は金銭的にも精神的にも限界値を超えるのだよ、毎年。(T▽T)

息子たちは嬉しさのあまり更にパワーアップし、ぎゃおぎゃおと野性に返っている。興奮しすぎて朝から鼻血まで出す始末。
休み初日からラジオ体操カード無くしているのもいるし。(T-T)

ランニングに半ズボンといっただらしない格好でごろごろ。

あー暑苦しい見苦しいむさ苦しい!!! (▼▼) 

何処ででも平気でぺろぺろ服脱ぐし。(T-T)

お前たちは一体どこの時代の子だ?
と、突っ込みを入れたくなってしまう。

... 育て方を間違えたのかもしれない... (T▽T) トウチャンガネ


十数年ぶりにラジオ体操をやる羽目になった。 
本当はもう少し寝ていたいのに
恐ろしい事に体がきちんと音楽に反応する。第一は完璧だ。( ̄ー ̄)フッ

しかし第二が... 悲しいくらい全く覚えていない。 (T▽T)
これからしばらく毎日やらざるを得ないのだ。 何とかして思いださないと...

早起きしてラジオ体操、いやぁ~健康的! (^^;; 
低血圧の私には地獄だけど



... 早く夏休み、終わらないかな...? (T-T)
EDIT  |  15:54  |  私事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.07.20 (Wed)

反比例

寝ている間に... (^^;;
s-DSCN3816.jpg


やっとびびの爪が切れた! (^^)
ぴんぴんに尖った爪の先の、ほんの1~2㎜位だけれど、それでも寝込みを襲って時間をかけ、やっとの事で切ったのだ。(;´д`)

でも、これで安心してべたべた出来るね、びび。(^^)


日に日にびびの甘えん坊の度合いが増していく。
どこにいくにも先頭をきってついてくるし、パソコンを弄っている時は膝に頭を擦り付けて寝そべる。 台所仕事をしていると、何度もすりすり足に頭突きをしてくる。
びびは、人間に愛されるために生まれてきたような子だ。
ぬいぐるみの様な容姿と相まって本当に愛らしい。(^^)


それに反比例して、にゃんとの距離がどんどん広がっていっている気がする。
すりすりしてくれない。 一緒に寝てくれない。
抱っこをしても逃げていってしまう。(T-T)
特に、びびを撫でているときは、呼んでも絶対に近くに来てくれなくなった。(;_;)

二匹それぞれを尊重するのって本当に難しいね... (..)
気にかけているつもりでも、それを感じてもらえないのでは意味がない。

にゃん... 前よりもお母さんの愛情が足りない?
文句を言ってもいいから、もっと傍においでよ。

腹立ち紛れか、部屋の中で大の字になって寝そべっていた母のお腹をわざと踏みつけて部屋を横切っていったにゃん。 
びびはちゃんと除けていってくれたぞ~!(▼▼)

∑( ̄□ ̄;) ハッ! 比べちゃだめだめ!


し~らな~いっと!
s-DSCN3566.jpg

EDIT  |  22:30  |  日常  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.07.19 (Tue)

らしくない猫

びびの毛で作った“ 毛玉ボール ”
s-DSCN3947.jpg


色々な方から、“ 毛玉ボールを作ると猫が良く遊ぶ ”という話を聞き、早速試しに作ってみた。
びびの毛は長く、蚤取り櫛ですくと、ごっそりとフェルト状に固まって抜けてくるので簡単にできるものと思いきや、意外にも中々大きくなってくれない。
作り方が下手なのか、上手く丸くなってくれなくて、四苦八苦。 (T-T)
ブキヨウ

やっとの思いで作った毛玉ボール、びびの反応は素晴らしかった! (^o^)
報われた... (T▽T) 
しかしにゃん、無反応。(T-T) オマエ、ホントウニネコナノ?


この時期、家の中であるにもかかわらず、よくムカデが我が物顔で歩き回っている。
びびは可愛い顔に似合わずワイルドなので、見つけるとすぐに反応してじゃれ始めるのだけれど、にゃんは、傍にいることすら気がつかない。
見つけても殆ど“ 無視 ”

あまりにもぼんやりしていて、足元にいるのに気がつかず、踏んづけてしまってから “ あ ” という表情で足元を見たのには笑えた。(^^;;

人間が育てただけで、こんなにも猫らしくない猫になってしまうのだなぁとしみじみ実感。 猫としての警戒心を殆ど持ち合わせていない。

何しろアイコンタクトOKだし(普通の猫はガンつけられたと誤解する)、ご飯の場所までわざわざ私を引っ張って行っては、

“ 今食べるから、ずっと見ててね! ずっとだよ! ”

と、一口食べるごとに傍にいることを確認する...

なんだか、息子たちが小さい時のことを思い出してしまった。
さすが我が家の三男坊! (^^;;


何しろ、“ 箱入り息子 ” ですから~
s-DSCN3923.jpg
EDIT  |  22:00  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.07.18 (Mon)

怖い話

心臓の弱い方は、この先へ進むのはお止めください

それでも、どうしても覗いてみたいという方、さぁ、奥の間へどうぞ...
EDIT  |  22:20  |  リンク  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

2005.07.17 (Sun)

もすきーと

あぁ... 死ぬほど眠い... (*_*)
さすがに8時間労働後はくたくただ... _(__)_ バタッ!

何でこんなに眠いのかというと、夕べ安眠妨害されたからだ。

犯人は “ 蚊 ”

夜中、いきなり痒くて目が覚めた。 
その時、あの特有の嫌な波長が耳に飛び込んできた。

蚊に刺されたのだ、今年初めて。

気がつくと、体のあちこちが痒い。
いつの間に家の中に入ったのだろう...? 今年もとうとうそんな時期に入ったのかと思いつつ、気になって、眠れなくなってしまった。

日中、暑くて家中の窓を網戸にしていたし、網戸にはにゃんがよじ登った爪の跡がついている。 そこから進入したのだろう...

生き物には寛大なつもりの私でも、蚊だけはごめんなさい、どうしても好きになれない。 というか、どうしても撲滅しておかないと、気になっていられないのだ。  耳元を飛ぶ音を聞いただけで、体中が痒くなってくる。

ふと見ると、にゃんも刺されたのか、あごの辺りをしきりに掻いている。

犬ほど頻度が高いわけではないけれど、猫もフィラリアに罹るというし、アレルギーの気のある子は“ 蚊刺過敏症 ”になってしまうかもしれない。
にゃんは皮膚が弱めなので要注意だ。

その上、今度は息子Bが刺されたらしく、体をぼりぼり掻きながらむっくりと起き上がった。

これはこのまま無視して寝るには危険すぎる... 何とかして撲滅しなければ...
五感を研ぎ澄ませ、神経を目に耳に集中する。


どれ位時間が過ぎたのだろう...?
ふと、父ちゃん(@旦那様)の腕に黒い点を見つけた。

もらった!!!  ぺち☆  ... 。

... 戦いは、終わった... ( ̄ー ̄)フッ


さあ寝なおそうと時計を見たら...


朝の5時を回っていた... (T△T)マジ?


勿論、根性で寝なおしたけれどね。


我関せず  何があっても起きやしない
s-DSCN3826.jpg

EDIT  |  22:27  |  事件  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.07.16 (Sat)

大事な娘

初めて我が家に来た日のびび
s-DSCN2888.jpg


このところ、びびの毛のタビーが濃くなった気がする。
冬の毛が抜けてすっきりと生え変わったせいかな?


びびがこの家に来て、今日で丸3ヶ月...
色々な方から指摘されるとおり、ここに来た当初と比べると、随分と表情が柔らかくなり、雰囲気が変わった。

甘える仕草も、子猫のように愛らしく、警戒心顕わなきついつり目が、ビー玉の様にまん丸になった。

残念ながら、その可愛らしい表情が、中々画像に納められない。(T-T)
カメラを向けると目がきつくなってしまう。 怖いのかな?

それでも、かなり美人度UPしてるよね? (^^)
実物はもっともっと可愛いのよ~♪ (親ばか?)
これからきっと、もっともっと可愛くなっていくんだろうなぁ... (^^) タノシミ!

今も私の横で安心して目を閉じるびび。
  
あなたは 私の 大事な娘 


こんなに優しい表情になりました (^^)
s-DSCN3852.jpg
EDIT  |  23:55  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2005.07.15 (Fri)

義兄弟

以前、“ *マタタビノモリ* ” のひな様から“ 我が家のニャンコがびびちゃんに似ている ”というコメントをいただいた。

早速覗きに行ってみてびっくり☆  本当によく似ている... (゚o゚ ホェー

“ 梅吉 ”君というその猫、歳もびびと同じだという。 ( ̄Δ ̄;) ホー
びびの出生については何も知らない母親代理なので、実は生き別れた兄妹(姉弟)なのではないかと本気で考えてしまったくらいだ。(^^;;
こんなに似ている猫に巡り会えるなんて不思議...

... なんて思っていたら、他にもそっくりな子がいることをひな様のブログで知った。Σ( ̄ロ ̄lll) ガーン!

猫日和。~晴れ、時々猫~ ”(管理人ぶぅママ様)に登場する
“ ぶるっくりん ”君
彼は梅吉君とそっくりな為、ひな様から“ どっぺるげんがー・ぶるっくりん ”と
呼ばれている。(^^;; 
(ドッペルゲンガー=自分そっくりの分身のこと。 昔“ リンかけ ”で見たような...?) (^^;;
既に梅吉君とは義兄弟の契りを交わしているらしい。

あぁ、確かにこちらも似ている... (T▽T)   
一人(匹)ならず、一度に二人(匹)も...  縁って不思議だ...

この際だから、まとめて義兄弟(姉弟)の契りを結んではもらえないでしょうか? 梅吉君、ぶるっくりん君? (^^;;
色よい返事、お待ちしています。m(__)m


私にも、兄弟が出来るのね... (^^)
s-DSCN3185.jpg

EDIT  |  23:43  |  リンク  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.07.14 (Thu)

意地悪にゃん

にゃんがお気に入りの猫ベッド(元父ちゃんのクッション)でうとうと。
s-DSCN3871.jpg


そこへびびが、毛づくろいをしてあげようとそばへ寄ってきた。
s-DSCN3872.jpg


「ねぇねぇ」
s-DSCN3873.jpg



と、いきなり始まる乱闘! (@_@)ゲッ!
s-DSCN3877.jpg



s-DSCN3876.jpg


びび、負けじと反撃!
s-DSCN3874.jpg


にゃん「こっちにくるな!」  びび「... (;_;)」
s-DSCN3878.jpg


...。(T-T)

それでもびびは、毎日、“ ねぇねぇ ”と毛づくろいをしにいく。
なんて健気な... (T-T)

びび、にゃんがやんちゃなきかん坊でごめんね。(;_;)
たった一匹の猫仲間なのにね...
にゃんがもっと優しい、年上の男の子だったらよかったのにね... (..)
年下のガキだからね、にゃんは...

かわいそうなびび。 にゃんの馬鹿たれ! (▼▼)


ちょっと拗ねてみようかな?
s-DSCN3846.jpg

EDIT  |  13:05  |  日常  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

2005.07.13 (Wed)

後追い

ん? こんどはどこにいくきかな?
s-DSCN3813.jpg


このところ、二匹の後追いがもの凄い。
息子たちが学校に行くと同時に行動を開始し、とにかく、何処にでも二匹揃ってついて回る。

洗面所、台所、二階...   
先になり、後になりしながら何処までも付きまとう。
足元にまとわりつきながら付きまとうので、気がつかずに蹴飛ばしてしまう事も度々だ。

そして二匹は、ついてきて欲しくない所でも、お構いなしでついてくる。
ゴミを出しに行くのに玄関に向かうと、にゃんに先回りされ、なかなかドアを開ける事が出来ない。 そうこうしているうちに、今度はびびが玄関のたたきに寝そべる。(T-T)

布団を干しに、ベランダに行くときも、上手く二匹をまかないといけない。
この勝負に勝たないと、布団を干す事は出来ない。
しかし大抵、手の内を読まれ、先回りされる。 作業効率がもの凄く悪い。(T-T)
急いで家事を片付けたい時など、本当に困ってしまう。

一番困るのは、外出するときだ。
“ とにかくお外! ”のにゃんは、私の行動をすばやく先読みし、車のキーが
チャリッとでもなろうものなら玄関にすっ飛んでいく。
近場の買い物くらいなら仕方なく一緒に連れて行くけれど(にゃんはドライブ猫)、どうしても連れて行けない時のほうが多い。

ちょっと前までは、“ 今日はお留守番よ~ いい子ね~ ”と玄関マットの上に座らせ、2~3回撫でてあげれば満足していたのに、最近ではそれも効かない。(..)
日に日に時間が延びていく... 
今日は外に出るまでに30分もかかってしまった... (T-T)

まるっきり無視されるよりは、いいのかもしれないけれどね... (^^;;
頭良すぎも良し悪し。
EDIT  |  22:54  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.07.12 (Tue)

家猫向き、不向き

スタンバイOKです!
s-DSCN3869.jpg


びびは海苔が大好きだ。
海苔への想いは、息子たちへの恐怖心すら克服するほど熱い。

朝食時。 既にテーブル脇にはびびがスタンバっている。
“ カサリ ”とでも音がしようものなら、テーブルに乗りかかり、

“ なにいまの ? のりあけたの ? 
ちょうだいちょうだいちょうだ~いっっっ!!! ”


... (^^;;

“ あげ過ぎは良くないよね~ ”と思いつつ、ついつい訴えかける眼差しに負けて、海苔の袋を破いてしまう。 味付海苔は特に要注意だ。
息子たちはびび可愛さのあまり、こぞって海苔をあげてしまうし。

s-DSCN3864.jpg


お刺身も、茹でたささみもよく食べるびびだけれど、海苔への執着心は群を抜いている。またたびでも練りこんであるのではないかと疑ってしまうくらいだ。
(ちなみににゃんは全く興味を示さない)

海苔欲しさとはいえ、膝や腕に手をかけてくれるのは嬉しい。
嬉しいんだけど... つ、爪がささる... (*o*)イタイ!

何とかして爪を切っておかないと、流血事件も間近かな...?
決して悪気はないんだけどね... (T▽T)

何でもよく食べ、色々な物に反応してよく遊び、よく眠る。
家の中にいてもストレスを感じていない風なびびは家猫向きの子だ。

それにくらべて... (..)
毎日玄関先で、“ ぅわぁ~ん、んなぁ~!(だして~!)”と鳴き叫んでいるにゃん...

家の周りに、にゃんそっくりの外猫が頻繁に出没するようになってからというもの、更にお外熱がヒートアップしてしまったみたい... (T-T)
(網戸越しに何度か対面している)

最近では、情に訴える方法に出てきたにゃん。
哀れみを乞う鳴き方と訴えるような眼差しで、玄関先まで誘導。
そして、玄関ドアの前で座り、くるりとこちらをむいて

“ んなぁ~? (だめ?)”
s-DSCN3888.jpg

ついつい負けそうになる。(T▽T)

意地悪で出さない訳じゃないんだよ、にゃん。
にゃんが大事だからこそなんだからね。 
とはいえ、寂しげに肩を落としているにゃんを見ていると胸が痛む。
ボール投げも、最近はすぐに飽きてしまう様だし... (..)

なにか、上手くにゃんの気を紛らわせてあげられるものがあるといいのだけれど。

折角友好的なびびが近くにいるのだから、ちゃんと猫仲間だということを認識してくれれば一番なんだけれどね...


お外に行きたいよ~ (;_;)
s-DSCN3886.jpg

EDIT  |  20:08  |  日常  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.07.11 (Mon)

Made In にゃん・びー

うちの方の地域はまだまだ田舎ムードが漂っていて、チャイムを鳴らさずに、いきなり玄関を開けられたりすることがある。
近所の人ばかりでなく、業者やセールスの人にもだ。

普段は物騒だし、鍵をかけておくのだけれど、息子たちが出入りして鍵をかけ忘れた時に、たまたま回覧板を置きに来られたりなんかすると、猫が外に出て行ってしまい、大慌てすることになる。 
実は今までに何度かそういう事があった。(T-T)

それでなくても、外に出たくて毎日玄関先で機会を伺っている子がいるのに... (..)

なので今回、こんな物を作ってみました。 ジャーン!

s-DSCN3837.jpg


当初は色々凝った物を考えていたのだけれど、昔ながらの木の表札がかかる我が家の玄関に見合ったものを、ということで、ごくごくシンプルなデザインになった。
木目が綺麗に出ていたし、シンプルなのも結構お洒落でいいかもしれない。(自画自賛)(^^;;

これで少しは、玄関の開け閉めに協力してくれるだろう。(^^;; 
(そう願いたい)
EDIT  |  22:34  |  ハンドメイド  |  TB(1)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.07.10 (Sun)

予想外

オシ君の眠る上に咲く紫陽花
オシ君を慰めてくれるかのように、今年は沢山花をつけました

s-DSCN3842.jpg


今日は仕事が休みだったので、庭木の剪定をしていた。
むさくるしくて、気にはなっていたのだけれど、今までずっと時間が取れなかったのだ。(^^;;

暑い中頑張った甲斐があって、ジャングルの様に鬱蒼としていた庭が、風通しよくすっきりとした。(^^)

それにしても...
植えたときにはどれも、こんなに大きく育つとは思ってもみなかった。(^^;;

動物でもよく同じような言葉を耳にする。
“ こんなに大きくなるとは思わなかった ”

しかし、予想通りにいかないのは当たり前だ。
植物も、動物も、生きているのだから。
人間の思い通りになんかならない。

生きようとする力は素晴らしい。
我が家の、猫の額ほどの小さな庭でも、懸命に根を張り、枝を落としても落としても、尚、更に空に向かって伸びていこうとする。

予想通りでないからって、引っこ抜いたりなんかしないよ。
安易に飼い始めた後、“ 大きくなりすぎた ”といって、途方にくれて捨てたりする誰かさんみたいにはね。

我が家の庭の木だって、私が植えた立派な“ 命 ”
最後まで、責任持って面倒見るからね。



安心して大きくおなり (^^)
s-DSCN3015.jpg

EDIT  |  22:34  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

2005.07.09 (Sat)

睡眠薬

家人が休みの日の朝は眠い。
ただでさえ眠い休日(私は違うけど)の朝、目をつぶった猫が隣にいる限り、
いくらでも延々と眠れてしまう。
眠る気がないのに吸い込まれてしまうこともしばしばだ。(^^;;

不眠症でお悩みの方、薬をお試しになる前にまず、ゴロゴロ猫の頭を撫でながら、横になってみては如何でしょう...? (^^)


仕事に向かう途中、父ちゃん(@旦那様)の実家の近くに、新しいペットショップがオープンしたのを見つけた。
小さなお店だけれど、どんなグッズが置いてあるのだろう?
早速覗きに行かなくちゃ! o(^o^)o ワクワク


さて、どちらが誘われたのでしょう? (^^;;
s-DSCN2886.jpg
EDIT  |  21:36  |  日常  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2005.07.08 (Fri)

三分の一以下

どこででもくつろげるようになってきました
s-DSCN3624.jpg


ここ数日で、家人が寝ている寝室への出入りが割と平気になってきたびび。
今朝はとうとう、皆が揃う朝食中の居間に姿を現した。(@o@)オォ!
しかも、息子たちの手から恐る恐る、好物ののりをパクリ!
すごい進歩! (^^) ヤッタネー!   これなら夏休みも大丈夫かな?


今日は市内では割と大きい方のペットショップに行ってきた。
にゃんとびびの大好きなナチュラルバランスがなくなってしまったからだ。
一緒に頼んだEVは、まだいっぱい残っているのに... (..)

EVだけではなんとなく食いつきが悪いので、前にいい感じで食べてくれた ニュートロを買いにいったのだけれど...

なんでペットショップって、あんなに犬と猫の差が大きいんだろう? 犬ものの3分の1も置いてない。
犬みたいにお洒落をさせたりしないせいもあるのだろうけれど、それにしてもひどすぎる! (▼▼)

一番納得がいかないのは、ANFやソリッドゴールド等のプレミアムフードは、すべて犬用しか置いてなかったことだ。
ニュートロも、お目当てのチキンはなかったし。(..)
仕方ないから、サーモン300gと、ロイヤルカナンのヘア&スキン400gをお試しで買ってきた。

なんでいつも猫って、犬の付属品みたいな扱いでしかないんだろう...?
別に猫用の服なんかは置かなくてもいいから、せめて、フードや首輪、迷子札等最低限必要なものはもっと種類を増やして欲しい。

やっぱり、通販しかないのかなぁ...? (..)
でもね、通販も似たようなものなのよね。

以前に何度か通販も使ったのだけれど、その後届いたカタログは、殆ど犬用のものばっかりで、購買意欲をなくしたもの... (T-T)  
配慮がないというか...

猫用の商品を買った客に犬のカタログを届けないで欲しいです、○ピィさん。

EDIT  |  21:08  |  フード  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.07.07 (Thu)

七夕

今日は七夕。
牽牛と織女の一年に一度の逢瀬の日。
(遠距離恋愛といったところでしょうか?)
残念ながら、この地域の天候は雨。  しかも日中は雷まで鳴って...

ここ数年、七夕の日に天気が良かったためしがない。
神様も、なんて無粋なのでしょうね~ (^^;;

さて、我が家の牽牛と織女(いつも一緒にいるけれど)はというと...


(注 : 廊下の天の川を渡って、牽牛にゃんに手を差し伸べている織女びび... ではありません) (^^;;
s-DSCN3785.jpg

今日は涼しくて過ごしやすいね   そうね、眠るのに丁度いい気温よね


... あなたは、短冊に、どんな願い事を書きましたか? (^^;;
EDIT  |  21:43  |  日常  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

2005.07.06 (Wed)

面接

びびはいつもここから、出かける人のお見送りをしてくれる

いってらっしゃい  はやくかえってきてね
おみやげも わすれずにね

s-DSCN3597.jpg



昨日は面接を受けに、市役所に行ってきました。
(何の面接かは伏せておきます)(^^;;

面接官は3人でした。
その中の一人が、保健所管轄の上役の方でした。

で、ついつい余計なことを... (^^;;
だって、質問が“ これからの市政に期待すること、要望等があれば ”だったんだもの。
結果、自分は面接にきているのだということをすっかり忘れ、しっかり嫌味も兼ねた要望を言わせて頂きましたよ。( ̄ー ̄)フフフ

“ 先日、とあるHPで、○○保健所でも犬猫の譲渡を行っているのを知ったのですが、何故市民の耳には届かないのでしょうか? もっと大々的にPRする訳にはいかないのでしょうか...? ” etc、etc... ( ̄ー+ ̄)

あの時の上役の方の顔ったら!
さっと浮かんだ困惑の表情。 困ったような苦笑い。
相当耳が痛い話だったんだろうな~ (^^;;

結果は聞くまでもない。(^^;; ソリャソウダヨネー

まぁいいや。 普段会うことの難しい人に、直接問いかけができたのだもの。
それがたとえ上役の方の右耳から左耳に抜けていってしまったとしても、その場にいた中のたった一人の心にでも残れば、一石を投じた事になったのではないかと思う。
そういう機会を与えてもらえただけで、面接を受けに行って良かったなって思う。


あ、かえってきた...s-DSCN3596.jpg

EDIT  |  09:53  |  私事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.07.05 (Tue)

良かれと思って

良かれと思ってしたこと。それが相手にとっては迷惑以外の何物でもなかった。  こんなことはよくあることだと思う。

良かれと思って... それは自己満足ではないのか?
良かれと思って... それが人の心を傷つけてはいないか?
優しさの押し売りをしていないか? 偽善を押し付けてはいないか?   注意が必要だ。

常に相手の立場になって考えてこその親切である。
つくづく親切は難しい...
EDIT  |  10:28  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2005.07.04 (Mon)

微妙な距離

仲良くしてよね
s-DSCN3789.jpg



夕べ、にゃんが最近では珍しく、長々と膝の上でくつろいでいた。
そこに、びびが“ まぜて! ”とのってきた。
“ おっ! 初猫団子か? ”とわくわくしつつ、見ていたのだけれど...
毛づくろいをしてあげようとしたびびの首に、にゃんがいきなりガブリ☆ 
(@o@)ゲッ!
二匹とも一声も発せず。 そのまま揉み合いに...
ソコ、ヒザノウエダッテ~ッ! (*o*) 

結局びびはすごすご退散。にゃんの意地悪~! (▼▼)
その後、何度かびびは再チャレンジしたけれど、結果は同じ。

かわいそうなびび。仲良くしたいだけなのにね... (..)


その後、寝室にて。
いつものごとく私がかけた毛布の上で自分の眠る場所を探すにゃん。
そこへ、びびがやってきた。
夕べは肌寒かったから、にゃんと一緒に寝たかったのかもしれない。
それでも、中々にゃんに寄り添うことができずに、体一つ分くらい離れた所でじっとしている。

にゃんは早々に眠ってしまい、びびは困ったような顔でしばらく寝室の中をうろうろしていたけれど、私の体の脇にそっと寄り添うように横になり、目を閉じた。

気がついたら朝になっていた。
ふと重みを感じて横を見ると、びびと目が合った。
なんと、あれからびびはずっとみんなと一緒に寝ていたらしい。
寝相の悪いお兄ちゃんたちにどきどきして寝場所を転々としても、猫部屋に避難しようとはしなかったのだ。

初めてみんな一緒に、一つの部屋で夜を過ごし、朝を迎えることができた!
猫団子にはなれなかったけれど、一つの布団で、お兄ちゃん二人とにゃん、そして母に囲まれて眠った気持ちはどうだったかな...? (^^)

今も私のすぐそばで、体一つ分の微妙な距離を置きながら、二匹はすやすやと眠っている。

外は雨。 眠るのには最高の日だよね。 私ももう一眠りしちゃおうかな? (^^;;



s-DSCN3800.jpg



s-DSCN3809.jpg

EDIT  |  11:31  |  日常  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。