2005年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.08.31 (Wed)

びびの枕は...?

日中の日差しはまだまだきついけれど、朝晩はもうすっかり秋の気配。
涼しいし、学校が始まってうるさいお兄ちゃんたちもいないので、猫たちは
安心して思い思いの場所でごろごろしている。

びびは、居間の陽の当たる窓辺で、腹天で寝ている。
大分お寛ぎの様で... (^^;;

ぽかぽかでふわふわ、もふもふと気持ち良さそうな毛糸球。
あぁ、すりすりしながら一緒に寝たいよぉ~ (T▽T)


そういえば昨日、やっぱり同じ場所で寝ていたびび。
枕にしていたのは、“ これ ”


s-DSCN4851.jpg


ノートパソコンのアダプターですね。(^^;;
あったまってて、気持ちよかったのかな?


これ、ぽかぽかして きもちがいいの
s-DSCN4849.jpg


... 陶酔してますね... (^^;;
スポンサーサイト
EDIT  |  09:48  |  日常  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.08.30 (Tue)

愛のムチ

頂き物の食材を腐らせる前に何とかするべく、台所でわたわたしていたら、
ちょろちょろと沢のせせらぎの様な涼しげな音が聞こえてきた。 

“ 冷蔵庫の下 ”  から。

え? 冷蔵庫、どこか壊れて水でも漏れてんの???
びっくりして周りを調べたら、いつの間にか辺りは一面水浸し...

あぁ~! おい、またかい! Σ( ̄ロ ̄lll) 
へなへなと崩れ落ちそうになりつつ、廊下を見ると...

... 案の定。  予感的中。
家の中に、雄大な河が流れてましたわ。おほほ~ (T▽T)
前回が“ 阿武隈川 ” なら、今回は“ 信濃川 ” って所かしらね~
一度、“ 利根川 ” 状態にもなったけどさ。

嫌な予感ほどよく当たるってのはどういう訳なんでしょうね...?

あのー、にゃんたろうさん?
これはもしや、“ 週に一度は大掃除をせよ ” という、ありがたーい愛のムチなんでしょうかね~...?

絶対これ、床下に水が漏れてるよね...
家に湿気は大敵なのに... (T-T)

今はまだ夏だし、すぐに乾くからいいけどさ。
冬にこんな事になったら、あっという間に家の中にスケートリンクが出来るよ。


それにしてもね、にゃんたろうさん...



あんたがしでかした事の後始末してるんだから、
面白がって後を付回すんじゃないっ!!! (▼▼)
 


父ちゃん、排水溝の蓋、早めになんとかしてくださいよぅ~! (ToT)



しーらんぴ!
s-DSCN4012.jpg

EDIT  |  21:46  |  事件  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.08.29 (Mon)

多頭飼いのメリット

夏休みが終わって、ほっとしたのもつかの間。

奉仕作業やら町民運動会やら町内の祭りやら、立て続けに行事が入ってきて、パニックを起こしながら、あっちこっちと奔走していた。
さすがに今日はぐったりだ... (;´Д`)

しかし、行事にばかりかまけていると、いつのまにか家の中がめちゃくちゃになっていて、気がつくと取り返しのつかない状態になっている...

やっと公の仕事が済んでゆっくりしたいのに、家政婦は今日も休む事を許されない。(;_;)

山積みになっている洗濯物。 おすそ分けで頂いたまま冷蔵庫に放り込んである食材の品々。 放置されたままのお出かけ荷物。 etc ...



ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァ!  

やめだやめだ~ ちくしょ~!!! ヽ(`Д´)ノ
ストライキしてやる~! 一日中猫部屋に篭って猫とごろごろ寝ててやる~~~!!! Ψ(`∀´)Ψケケケ




... とはいうものの...
そのままにしておいても、誰がやってくれるわけでもなし。
後に回せば回すほど、自分の首を絞めるんだよね...


_| ̄|○ il||li



... 家政婦、出動しまーす... (T▽T)

EDIT  |  21:27  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.08.28 (Sun)

優先順位

な~んか、びびが無性に可愛くて、びびの事ばっかり書いちゃうんだけど~ (^^;;

びびってば、遊びを見つける天才! (^^) 
なんにでも反応し、本っ当によくじゃれる。
輪ゴム、モール、毛糸、ピンポン玉...   
とにかく落ちている物が目にはいると、じゃれずにはいられなくなるらしい。
そんなときのびびはまるっきり子猫みたいでとても愛らしい。 (´∀`*)

ついつい可愛くて、かまいたくなるのだけれど...
そういうときに限って、いつのまにかにゃんが背後に回って、そっと見ていたりする。 Σ(゚д゚lll) ギクッ!

色々な方から教わった多頭飼いの極意の中に、“ 先住猫最優先! ” というありがたい教えがあったけれど、はたして私は、どれだけ守れているだろう...? (^^;;
慌ててにゃんをかまおうとすると、ふいっと逃げていってしまうし。
おもちゃで釣ろうとしても、びびほど劇的に反応してくれるわけでもないんだよね...
気がつくと、にゃんを釣っていたはずのおもちゃに、びびが喰らいついてきてるし。(^^;;

先住猫尊重、難しいです... _| ̄|○

その時々で優先順位を変えるのはまずいのかなぁ...?



いいもんね、どうせぼくなんか...
s-DSCN2531.jpg

...ちょっと機嫌損ねてらっしゃいますね... (^^;;
EDIT  |  22:25  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.08.27 (Sat)

すりすり猫

夏休みが終わり、母と猫たちに平穏な時間が戻ってきた。
家の中が静かなのはいいことだ。 猫たちも暑さとやかましさでさぞや疲れが溜まっていた事だろう。 
ぐっすり寝て、しっかり疲れを取るんだよ。まだまだ残暑が厳しいからね...


さて、最近びびは、ふと気がつくと、すぐ後ろに張り付いていたりする。

何かをしていて、フッと温もりを感じると、大抵びびが体を寄せて寝そべっている。
母がパソコンに向かっていると、その足元で横たわり、洗濯物を干しに行くとその後ろをついて歩く。 トイレにも、お風呂場にもついてくる。

必死で人の温もりを求めて追いかけてくる様子は、妙齢の猫とは思えない。母猫を求める子猫の様だ。 相変わらず抱っこは苦手だけれど。(^^;;

元々すりすり猫のびびだけど、最近は本当に甘えた全開!
本来の気質を、安心して、素直に出してもらえるようになった事がとても嬉しい。
それだけ信頼してもらえたんだよね? (^^)

夏休みのスパルタ ? が効いたのか、いつの間にか、寝室でみんなと夜を過ごすようになっていたびび。
寝室においてあるキャットタワーの上がお気に入りの寝場所だったのだけれど、最近では更に進歩して、母が寝ている枕元や足元に寝ていたりもするようになった。
夜中に、ふと重みで目を覚ましたら、びびが、私がかけている毛布の上で丸まっていた、なんてこともあった。

肌寒い季節が待ち遠しくて仕方がない。
早くくっついて眠りたいな。(^^)


ほんと、子猫さんみたい (^^;;
s-DSCN3671.jpg

EDIT  |  22:43  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.08.26 (Fri)

フードジプシーの果てに

前回半額になっているからと、大量に頼んだプレミアムフード、EVが中々減らない。
一応、3袋購入した、最後の1袋にはなったのだけれど、このEV、うちの猫さん達には不評で、他の物と混ぜて何とか食べさせようとしても、EVだけ綺麗に残してくれる。 (T-T)

一緒に頼んだナチュラルバランスはあっという間に平らげてしまったくせに... (..)
仕方なく、市内のペットショップで、ニュートロのナチュラルチョイスを買ったり、製品が新しくなったことに興味をそそられたロイヤルカナンを買ったりしたのだけれど、中々落ち着けずに、まとめ買いするところにまでは至らなかった。

しかし、度々1キロ程度の小さい袋を買いに走っているのはとてももったいない。
それに、そろそろちゃんとしたフードに落ち着きたい気もする。

体のバランスを考え、尚且つ二匹の嗜好性を満たすフード...
やっぱり、今のところ、ナチュラルバランスがベストかな...?

という訳で、早速注文。
惜しいことに、このナチュラルバランス、通販でしか手にはいらない。
売っているところには売っているのだろうけれど、この辺の大きなペットショップはどこも置いていなかった。 残念... (T-T)

通販だと、大抵は税抜き5,000円以上で送料や代引き手数料を無料にしてくれるところが多い。 
なので、必ず5,000円以上頼むようにしているのだけれど、ナチュラルバランスだけでは上手く金額のバランスが取れなかったので、新たに気になっていた“ イノーバ ” も一緒に頼んでみた。
( アズミラや、ソリッドゴールドも気になっているのだけれど、うちの猫は星型フードは食べにくいらしい )

“ 元々猫は肉食 ” というコンセプトの元、穀物不使用で作られたフード、
イノーバ。
グルメな二匹はどんな反応を示してくれるのだろう? (^^;;


“ 台風が来ているので届くのが遅れるのでは...? ” という心配は取り越し苦労だったようで、本日無事に商品が届いた。 
( 配達員さん、ご苦労様です  m(__)m )

試供品のナチュラルバランスを開けるなり、目の前に正座する二匹。(^^;;
少量ずつ、おやつのようにあげていたら、順番を待ちきれずにバシバシ叩きあい。

... おいおい、喧嘩するほど美味しいのかい? (^^;;
どうやら、頼んだ甲斐はあったようだね... (^^)

しばらくはフードの悩みから開放されそう。 良かった!
ナチュラルバランスに少量ずつ混ぜれば、EVもなんとか無くなるだろう。
トータルで6キロ弱。 これだけあれば、災害時の蓄えとしても万全かな?

お二方、いっぱい召し上がってくださいませね~! (^^)



不味い物は口にしませんことよ
s-DSCN4737.jpg

EDIT  |  13:45  |  フード  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

2005.08.25 (Thu)

ペット雑誌

私は本屋が好きで、頭や気持ちがくたびれてくると、よく足を運ぶのだけれど、最近のペット関係の本の多さには正直戸惑いさえ覚える。(^^;;

犬は元々多かったけれど、ちょっと前までは猫関係は、あっても2~3冊だった。
それが今では、足を運ぶ度に発刊数が増えている。

大抵立ち読みで済ますのだけれど、どうしても欲しい本に出会ってしまう事もある。
いい歳した女が店先で本を握り締めてうんうん唸っている姿は、店員の目にはさぞかし怪しく映っているだろう... (^^;;

2~3万円分くらい、ぱーっと本を買いたいなぁ... (T▽T)

猫の本も増えたけれど、犬の本に至っては、いまや多種多彩を極めている。犬種別の雑誌も多く出ていて、柴犬だけで3冊も置いてあった。
ついつい手に取ってしまっては、凛に思いを馳せている。(T▽T)

主流はまだまだ小型の洋犬だけれど、凛のおかげで個人的に日本犬の良さを再認識した。 柴犬は日本最古の猟犬で、飼い主への忠誠心が厚い頭の良い犬なのだそうだ。
柴の雌は家族の気持ちを敏感に読み取る優しい子が多いらしい。
凛はきっと、里親様にとって最高のパートナーになるに違いない。
(゚_゚)(。_。)(゚_゚)(。_。) ウンウン


本といえば...
一般書店にはおいていない猫の本 (^^;; を毎月定期購読しているのだけれど、前評判の割には、私的には内容がちょっと物足りない。
発刊されたばかりだし、段々と内容が充実してくるのかと気長に待っていたのだけれど...

毎月の定期購読分、自分で吟味した本を買ったほうが得かなぁ?



「袋猫」   投稿写真に出してみよか? (^^;;
s-DSCN4697.jpg

EDIT  |  22:45  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2005.08.24 (Wed)

アニマル コミュニケーション

いつも閲覧しに行っている、大好きなブログ、 “ お猫の花道 ”
( 本当に素敵なブログです。いつ読んでも気持ちがほんわかします。 うちもこんな風に二匹と信頼関係を結べたらいいなぁ...(汗)) 
で、“ アニマル コミュニケーション ” なるものを知った。

私はTVはNHK以外殆ど見ていないので、新聞とネットのニュースで話題にならない話はまるで分からない。

調べてみたら、“ 志村けんの爆笑動物園 ” でもアニマルコミュニケーターの人が、番組内で 出演者の愛犬の心を明かしたりしたそうなので、既にご存知の方は多いと思う。
( 私が疎いんだけなんだよね... )(^^;;


“ アニマル コミュニケーション ” とは、言葉、イメージ、直感、フィーリング等を通して動物のメッセージを受け取り、動物との関係を深めるための手法、とある。
訓練をして、動物の心を読み取る事が出来るようになった人を、“ アニマル コミュニケーター ” と呼ぶらしい。
飼い犬や飼い猫と飼い主さんの気持ちを橋渡ししてくれるという事で、引っ張りだこなのだそうだ。

私はこの話にものすごく興味を持ってしまった。 もー大興奮状態!!! (Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)
何しろ、小学校時代からの愛読書が、「 ドリトル先生シリーズ 」の私なのだ。(^^;;
( 同じ様に興味をもたれた方はこちらへどうぞ )

animalcommunication.gif


ただ、私の場合、依頼をしたいというわけではない。
無謀にも、“ 自分でにゃんとびびの気持ちを聞いてみたい! ” と思ったのだ。  ( すいません、本当に無謀ですね )(^^;;

訓練次第では、こういったことが実際に誰にでも出来るようになるという。
にゃんとびびの本音が聞けたら嬉しいだろうなぁ...

関連書籍が多数出版されているようだ。
とりあえず、本だけでも読んでみようと思う。
なにか、にゃんとびびにとって有益なものにつながるかもしれないからね。


しかし...
実際本音を聞くことが出来たら、文句いっぱい言われそうだなぁ... (^^;;


いいたいこと? いろいろあるよ
s-DSCN3738.jpg


... にゃんたろうさん、おなかにおしりができてます... (^^;;
EDIT  |  08:41  |  リンク  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.08.23 (Tue)

モデル猫

日中、たまたまTVをつけたら、おしゃれ工房が再放送されていた。
なんと、「ペットを撮るイチ押しテクニック」という内容だった。 おぉ!
( 本放映は5月頃だったらしい ) (^^;;

しかし、モデル猫がどこかで見たことあるような...? と思っていたら、なんと、“ はっちゃんち ”で御馴染みの、あのはっちゃんではないか!

i821.jpg


はっちゃんを知ったのは、某書店で立ち読みをしていた時のことだった。
猫の写真集があるなぁ... と、パラパラページをめくった私は、あっという間にはっちゃんの虜になった。 ( まぁ、にゃんの方が可愛いけどね~ )
( ̄ー ̄) フフン


はっちゃんは、元地域猫だ。 耳に燦然と輝くV字カットがチャームポイント。
それが写真家の八二 一(はに はじめ)さんに出会い、今では猫界のスーパーアイドル、カリスマモデルになってしまった。(^^;;

はっちゃんは、子猫のうちに八二さんに引き取られたわけではない。
元は公園で暮らしていた“ 公園猫 ”だ。
人並み(猫並み?)外れた人懐こさと、モデル張りのポーズという資質はあったものの、野良で大人になった猫だって、立派に素敵なパートナーになれるという良いお手本だ。

ペットショップを否定するつもりはないけれど、、もっともっと里親を待つ迷い子たちを見直して欲しいと思う。
あちこちで、新しい縁を待っている命があるのだから。


こちらにも沢山のご縁を待つ猫たちがいます
102.jpg



話が逸れてしまった... (^^;;

で、猫の写真の撮り方なんだけれど、色々と為になったような気がする
とにかく枚数を撮ること、自然光の下で撮る事、等々...
はっちゃんのように、大人しくポーズを決めてくれるということはまずないけれど、きっと、少しはにゃんとびびを可愛く撮れるに違いない。
いい番組を見た。(^^)

この先のブログで、その成果を披露...     できるかな? (^^;;



カリスマモデルに対抗して...   「君の瞳に...   完敗!」
s-DSCN2709.jpg

... おいおい、負けてどーする? (^^;;
EDIT  |  18:10  |  リンク  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.08.22 (Mon)

落し物

歯医者に行って家に戻ってきたら、玄関先にある猫トイレの前の床に、ちょっと柔らかめの“ 落し物 ”が落ちていた。

え? これ、誰の???

急いで二匹のお尻を見てみたけれど、何故かどちらも綺麗。
そういえば、昨日も二階の猫トイレ前にちょっとだけ落ちていたっけ...

昨日も今日も、“ 落し物 ”とは言えない程度のものだったけれど、今まで二匹が粗相をした事はなかったので、結構ショックだった。

“ 長毛の猫はお尻付近の毛に汚れがつきやすい ” と、あちこちから言われていたけれど、うちにきてから4ヶ月の間、びびが体に汚れをつけていた事はない。   それだけに、謎は深まるばかり...

それとは別に、前から気になっていたのだけれど...
二匹のうちのどちらかが、ずっとお腹がゆるいままになっている。
完全に病的ではないけれど、トイレ掃除用のスコップに汚れがついてしまうほど柔らかい。

なんとはなくだけれど、多分、びびの方ではないかと思う。

一体どうしてしまったんだろう...? 体調が悪いのだろうか...?
鼻気管炎の影響か? もしかするとフードが合わないのかもしれない。
心因的なものが原因だったらそれを除かなくちゃいけないし...
びびは、いまだに心の半分が緊張状態にあるからね...
( 幾ら言って聞かせても、息子達のドタバタは治まらないし... )

昨日、今日の落し物も、多分その延長上にあるのだろう。
嫌がらせや気を引く為の粗相ではないみたいなので様子を見ようと思うのだけれど...



お兄ちゃんたちがうるさいから、押入れに避難したの
s-DSCN3334.jpg




ここは静かで落ち着くね
s-DSCN3342.jpg

EDIT  |  23:08  |  病気?  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

2005.08.21 (Sun)

かぎしっぽ

ん~? ... なんかよう?
s-DSCN3216.jpg



かぎしっぽは幸せしっぽ。 
かぎしっぽの子はそのかぎ状になったしっぽで幸せを引っ掛けて運んできてくれるんだって。 そんな話を聞いた。
我が家のにゃんは、立派なかぎしっぽの持ち主だ。

確かに、にゃんが我が家にきてから、私はとても幸せだ。(^^)
些細な仕草に心癒され、ふわふわの毛並みに頬を寄せれば桃源郷...
にゃんがそこにいてくれるだけで、本当に幸せな気持ちになれる。
寝顔を見つめていると、愛しくて涙が出そうになる。

今年の4月にはびびを迎え、更に幸せが倍、いやそれ以上になった。(^^)
とても性格が良い、愛らしい二匹に恵まれ、一緒に暮らしていける幸せ...
きっとこの幸せも、にゃんが引き寄せてくれたんだよね?

だけど、にゃんと巡り合う運命を引き寄せたのは自分。
その運命を予めセッティングしておいてくれた誰かがいるのなら、心から言いたい。 “ ありがとう ” と。

まだにゃんが家に来てから一年とちょっと。 びびが来てから4ヶ月。
まだまだ幸せはほんの序の口。 きっともっともっと沢山の幸せを、にゃんはこの先、その立派なしっぽに引っ掛けて運んできてくれるに違いない。 
びびと引き合わせてくれた時の様に。 凛と巡り合せてくれた様に。 

今からわくわくしている。(^^)


これが、かのゆうめいな、“ かぎしっぽ ” でございます
s-DSCN3777.jpg

EDIT  |  22:40  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.08.20 (Sat)

更に... (^^)

さっき仕事から戻ってきました。
あぁ、早く皆さんに報告をしたくて仕方がないよぉ~! (≧▽≦)


仕事に行ってすぐに、里親の話をもって来てくださった方に会った。
その方も、私に報告したい事が溜まっていたらしく、開口一番、
「 元気にしてるよぉ~! すごく懐いて!(^^) 」

あぁ、良かった~!  ちゃんと元気にやっているんだ~!
嫌われたりせずに、可愛がってもらってるんだ~! (T▽T) ジーン...

もうそれだけで嬉し過ぎるくらい嬉しいのに、その方の報告は次々と続いた。
凛が車に慣れていなかったら可哀想と、予定していたキャンプを取りやめてくださった事。  凛の脚力がもの凄く、塀を越えてしまう勢いなので、色々と工夫を凝らして守ってくださっている事。  かかりつけのお医者さんの下で、きちんと健康診断を受けなおしてくださった事...


更に、びっくりする様な報告があった。
なんと、里親になられた方のお宅は、私が長年勤めた最初の会社の、後輩の家だという事が判明。 (◎-◎;)!!  話を下さった職場の方は、後輩の叔母さんにあたるということが分かった。

本当に、何処までこの縁はつながっていたのだろう...?
神様っているのかな...?  そんな風に思ってしまうほど、予め決められていたかのような不思議な縁...

今は後輩は結婚して家にはいない( その式には私も招待された )ので、お届けをした時にはご両親( 主にお母さん )としか顔を合わせていなかったのだけれど、後で名刺の名前から私を思い出してくださったらしく、“ 絶対そうだから! ” と言われた職場の方が、私にその話をしてくださったので、この不思議な縁が判明した。

里親様のお宅と私の家は、同じ市内ではありながら、西の外れと東の外れで結構距離がある。
しかし後輩は、私の家のすぐ近くに家を建てて暮らしている。
この辺りから既に何か縁があったのかもしれない。 そういえば、産院でもばったり顔を合わせたっけ... (^^;;

実は、お父さんの方は当初、凛を引き取る話に乗り気ではなかったらしい。
長年可愛がってきた愛犬を亡くしたばかりで、遺骨もまだ家に置いてあるのに、すぐに新しい犬を引き取る気にはなれなかったのだそうだ。

けれど、職場の方が、お兄さん夫婦の余りの落ち込み様に、“ 新しい犬を連れてきたら、少しは気が紛れるのではないか? ” と、丁度その時職場で話していた凛のことに興味を持たれて、話を進めてくださったのだ。

私が以前、娘さんと職場でご一緒させていただいていた事に気がつかれた里親様は、その縁に驚き、“ 全く知らない所から引き取るより、却ってよかったのかも ”  “ ここに来る縁があったんだなぁ ” と言って下さったそう。
渋っていたお父さんが、今は一生懸命散歩やドライブに連れて行ってくださっているそうだ。(^^)

名前も、“ 何度も変えられたら混乱してしまうだろう ” という事で、なんとそのまま“ 凛 ” と読んでくださっている。 
また凛の事を、“ 凛 ” と呼べるときがくるかもしれない...



こんなに嬉しい報告をする事が出来て、今日、私はとても幸せです。(^^)
この縁を設定してくれた誰かに、そして凛を私と一緒に見守ってきてくれた全ての方に...



 本当にありがとう! \(^O^)/ イェー! 



良かったね、凛!   お母さんも幸せだよ (^^)
s-DSCN4670.jpg

EDIT  |  23:39  |  保護動物  |  TB(0)  |  CM(7)  |  Top↑

2005.08.20 (Sat)

世間は狭い!

夕べ、凛の夢を見た。
母と一緒に、勇敢にも悪と戦っていた。 (^^;;  ナゼコンナユメヲ...?


凛が里親さんに迎えられてから早10日が過ぎた。
凛はどうしているのかな...?

幸い、話を下さった方とは仕事に入れば話が出来る。
今日は夕方から仕事の予定が入っているので、その後の様子を詳しく聞きたいと思っている。


凛がまだ我が家にいた頃。
凛がくる前々から決まっていて、どうしても外せない一泊旅行があった。

猫たちは姉が様子を見に来てくれる事になっていたけれど、凛はどうしよう...?  
朝晩の散歩に、日中の様子見にと、何度も足を運んでもらわなくてはいけない。
一応お願いはしてあったけれど、とても心配だった。

たまたま父ちゃんの実家に行った時にそんな話をしたら、義父が、
「 暑い中、おいていったら可哀想だろう。 ここに一晩おいておけばいい 」
と言ってくれたので、有難くそのお言葉に甘えさせてもらう事にした。
アリガタヤー m(__)m

私達が留守の間、義父は凛の事をとても可愛がっていてくれたらしい。
こまめに散歩にも連れ出してくれていたようだ。

旅行から帰ってすぐに凛を引き取りたいという話を頂き、トントン拍子に事が決まってしまったので、お世話になった義父にもその旨を報告した。

ずっと飼い続けるのは難しいけれど、基本的には動物好きの義父、一晩で情が沸いていたようで、
「 たった一晩いただけなのに、今も勝手口を開けると、凛が覗く気がして 」
と苦笑していた。

その後、義父と、凛が貰われていった家をゼンリンで調べて見ていた。
すると、意外や意外! 凛の里親さんになられた方は、義父の中学の先輩であることが判明! Σ(゚Д゚;)
話をくれた職場の方は、その先輩の妹さんで、義父の後輩なのだそうだ。

世間は狭い!  縁ってすごいね...

今度、里親さんのお宅へお邪魔しようと、義父と計画中。(^^;; 
とても楽しみだ。(^^)


元気でいるかな...?
s-DSCN4684.jpg

EDIT  |  09:30  |  保護動物  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.08.19 (Fri)

進展

今日は朝から素敵なシーンを目撃した。(^^)

夜もみんなと一緒に寝室で過ごすようになったびびが、起きだしたにゃんの横をすり抜けざまに、横顔をぺろぺろと舐めた。

“ あ、また頭を叩かれるな ” と思ってはらはらしながら見ていたら、意外にもにゃんも、お返しにとばかり首筋をぺろぺろ。
それでも疑い深い母は、いつガブッといくかとドキドキしていた。

しかし、とうとう最後まで、“ ガブッ! ” も“ バシッ☆ ” もなかった。

おぉ~ お前達、いつの間にそんなに進展していたんだい? 
母は嬉しいよ~ (T▽T)
今年の冬は、猫団子が見られるかな? ワクワク (^^)


“ chu! ”
s-DSCN3902.jpg




... などと喜んでいたのもつかの間。
洗濯物を取りにいったら、またまた、また洗面所に水が溢れていた。
( 犯人は言わずと知れた... )
洗濯の度に水浸しじゃ、やってられませんよぅ~! (T-T)
お願いだから、排水ホースで遊ぶの、やめてよ~! (ToT) 
EDIT  |  20:49  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.08.18 (Thu)

備えあれば憂いなし

宮城県沖地震が起きてから二日。
本当に、不思議なくらい被害のなかった(立てかけてあったギターすら倒れていなかった)我が家だったので、他のうちもそうなんだとお気楽に考えていたら、実はそうでもなかったらしい。

同じ地域の後輩の家は、瓦が落ちる被害にあったらしいし、近くで火災もあったそうだ。
私の母のところでは、いつも母が寝ている場所に、TVが落ちてきたらしい。
もしも夜間だったらと思うとゾッとする。

まだまだ余震が起きる恐れがあるという。 肝に銘じておかねば...

実際に大きな地震が起こったとき。
猫たちも連れて避難できれば一番良いのだけれど、それが出来なかった場合のことも考えておかないといけない。

まず、迷子札は最低限必要なアイテムだろう。
幸い我が家の子達は二匹とも、迷子札付きの首輪も、鈴の音もあまり気にならないようで、普段から嫌がらずつけている。 とてもありがたい。
迷子札がついているだけで、万が一外に出てしまっても、保護してもらえる確率がぐんと上がる。

次に、他の猫との接触があった場合の事も考えておかないといけない。
外猫は、健康な猫ばかりではないから、病気を貰ってしまわないように、予防しておかなくてはいけない。 そう、ワクチン接種だ。


... ここまで考えて、ハッと気づいた。
にゃんの今年のワクチン、まだ受けてない...


あぁぁ~! お盆に入ってすっかり忘れてた~!!! Σ( ̄ロ ̄lll) 
去年のにゃんのワクチンは8月14日だったんだ~! (T▽T)
ちゃんと案内の葉書まで届いていたのに...

明日、必ず行こう。 備えあれば憂いなし、だ。
できれば、フロントラインまで処置してもらえばベストなんだけどね... (^^;;
考えとこう。 懐具合と相談しながら。



おいおい、たのむよ~!
s-DSCN3187.jpg

EDIT  |  21:32  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.08.17 (Wed)

お外が好き

にゃんはお外が好きだ。
だからといって危険がいっぱいのお外に、そう簡単に、“ はい、どうぞ ” と出してあげるわけにはいかない。
なので、家族の目を盗んで、何とか自力で外に出ようとする。
( 網戸を破るほどではないけれど ) (^^;;

大抵は、玄関の隙間から外に出て、ごろんごろんしているところを御用になるケースが多いのだけれど、ごく稀に、人間がボーっとしていて、外をうろうろしている事にまるで気がつかないでいる事がある。

そんな時でも、家の周りをぐるぐる回るとそれで気が済むのか、いつの間にかまた大人しく家に戻ってきている。(^^;;

いくらちゃんと戻ってくるとはいえ、外は病気や怪我、事故や迷子等、危険が溢れている。
日々監視の目を強化しているのだけれど、そうなると今度は上目遣いでおねだり作戦開始! 
玄関へ向かう家族の先回りをして足元に擦り寄り、

「ぅわぉ~ん、あぉ~、あぉ~、んなぁ~~~!」
( ここ開けてぇ! だしてぇ~! )
 
 
うぅ... 可愛い... (T▽T)  
切々と訴えかけるその姿に苦笑。 敵もさるもの... (^^;;

いつも母はその真剣な眼差しと愛らしさに負け、抱っこをして家の周りをうろうろする羽目になる。 _| ̄|○

しかし、あまりにも頻繁に“ おそと~! ” コールがかかるので、一々対応しているときりがない。 かといってまるっきり無視も出来ないくらい可愛いし...( 潔く負けを認めます )

そんな時は、にゃんをドライブに誘う。
前にも書いたけれど、にゃんはドライブ大好き猫だ。
私の車の中が既に彼のテリトリーの一部になっているらしく、完全にくつろいでいる。  災害時にはケージ代わりになるかもしれない。

首輪にリードをつなぎ、そのリードを車の後方にある突起物に掛ける。
これでお出かけ準備完了! (^^)
最近は暑いから、夕方から夜にかけて、涼しくなってきた頃の買い物に誘う。
いそいそと車に乗り込み、定位置につくにゃん。

後部席上のボードの上に寝そべり、窓から入る涼しい風に吹かれ、流れる景色に目をやったり、後続車に愛想を振りまいたり...

近場でも、ぐるっとひと回りして帰ってくると、大分機嫌が治っている。
また連れて行ってあげるからね、にゃん。(^^)



こんな頃から乗っているんだもんね... 
s-DSCN1964.jpg



慣れたものです。
s-DSCN1970.jpg



びびも、何かあった時の為に、車に慣れていてくれると嬉しいんだけど...
性格的に、難しいだろうなぁ... (^^;;
今は完全に、“ 箱入りお嬢様 ” だからね...


お外は興味ないの。 おうちが一番!
s-DSCN4725.jpg

EDIT  |  22:37  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.08.16 (Tue)

地震

今日の昼間、大きな地震があった。
その時、私は実父と子供達を連れ、叔父の家に行っていた。

ぐらっと来た瞬間、“ あ、地震だ ”と思ったけれど、すぐに治まると思っていた。それに、叔父の家は大工さんが建てた家なので、ちょっと位の揺れではびくともしない。

ところが、揺れは一向に治まらず、どんどん強くなっていく。
さすがに、“ これはかなり危険かもしれない! ”と思い、息子達を引き寄せ、抱きしめた。

幸い、その後揺れは次第に弱くなっていったけれど、蛍光灯はいつまでも大きく揺れていた。
後で揺れていたのは2分程度と聞いたけれど、実際はもっともっと長く感じた。

あの瞬間... たまたま父や叔父、叔母がすぐ近くにいてくれたから動揺せずに様子を伺っていられたけれど、ちょっとの地震でも家鳴りする、かなり老朽化が進んだ危険な我が家で、にゃんとびび、そして息子達を一人で守らなくてはいけなかったら...
きっとパニックを起こしていたと思う。


その後、家が心配で大急ぎで戻ったけれど、家の中は特に異常はなかった。
猫たちも、地震が起きた瞬間は一緒にいられなかったので、その時どういう状態でいたかは知る由もないけれど、戻った時は既に落ち着いていて、のんびりと毛づくろいをしたり眠ったりしていた。

にゃんはともかく、びびがこういう状態ならもう大丈夫だろう。(^^;;

うちの地域は震度4だったそうだ。 そうか... 震度4って、こんなに強い揺れなんだ...
同じ県内でも、震度5強を観測した所もあったから、こっちはまだ良い方だったんだな...

あまりに強く揺れを感じたから、震源地がはっきりしなかった地震直後は、“ もしかして、関東地区で大きな地震があったのではないか ”と思ってしまった。 実際は宮城県沖だったけれど。
体が覚えている地震の中では一番大きな地震だったかもしれない。
何処にも被害がなくてなによりだ。 ヒゴロノオコナイカ? (^^;;

しかし...
近いうちに、大きな地震は必ず起きると言われているのに、何かそのための備えをしている訳でもなく、実際に揺れるとパニックを起こしおろおろする...   
危機意識の薄さを改めて突きつけられた感じだ。

もし今、大きな地震が起きたら...
一応、キャリーは一匹に一つずつあるけれど、とっさの時に入れて逃げられるだろうか...?  ( まず無理だろう。特に“ びびりんぼびび ” は )
大きなケージを一つ、用意しておいた方がいいのかもしれない。

... なんて、治まってしまえば、ついつい目先の事最優先になってしまうのだけれど。
ケージは高いからね...  ましてや、二匹同時に入れられるような大きな物は、置いておくスペースの確保も難しい。

それでも、備えあれば憂いなし。
フードだけは常に多めに用意しておき、切らさないようにはしているつもりだけど。

人間の防災グッズだけでなく、猫の防災グッズも揃えておかないとね...


かもかも様、U様初め心配してくださった皆様。
とりあえず、人間も猫たちも、何事もなく元気です。 ご安心下さい。(^^)
連絡下さって、ありがとうございました。m(__)m



ぼくたちもへいきだったよ~!
s-DSCN3860.jpg

EDIT  |  23:50  |  事件  |  TB(1)  |  CM(5)  |  Top↑

2005.08.15 (Mon)

強くなったね

夏休みも後半。
お盆が終わるとあっという間に始業式はやってくる。
なのに、相変わらず息子たちはだらだらと、朝からビデオを見てごろごろしている。
間近になって慌ててもし~らないっと!

にぎやかな状態に慣れてきたのか、びびは朝から普通に一階に下りてくるようになった。 この頃はにゃんと同じ場所でご飯も食べられるようになったので、二階の箪笥の上まで運ばなくてもよくなった。

まだ息子Bの動きには警戒しているけれど、息子Aには“ すり~ん ”もするようになったし、家族が集まる中で、ごろんごろんと“ 撫でて! ” を要求したりもするようになった。 びびは本当に撫でられるのが好きだね。(^^)

寝そべっている背中を踏みつけていくタフさもでてきたし。(^^;;
お友達の家の子に、体を撫でさせるなんてこともやってのけた。
強くなったね~! (^^;;

そうだよ。 もっともっと警戒心を解いてよ、びび。
ここには、びびを苛める怖い人はいない。
この先ずっと、家族みんなでびびの事を危険や怖いものから守っていくからさ。(^^)


... ただね...
できれば、いつも“ お母さんが一番! ” って思ってて欲しいな。

遊びに来たお客さんの脇で、安心しきって寛いでいる姿を見ると、ちょっぴり切ないです。(T-T) クスン



s-DSCN4728.jpg

EDIT  |  10:50  |  日常  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.08.14 (Sun)

田舎ネコのみんなへ

よるはすずしくて ねやすくなったよ
s-DSCN3945.jpg


びびの涙目、中々良くならないね...
... って、目薬を上手くつけられていないからなんだよね... (..)

涙やけが酷くなってきて、鼻の脇に茶色い線が出来ているよ。
折角の美人が台無し。 でも、目薬を点そうと体を押さえると、凄まじい勢いでぐにぐに暴れだすんだもの...
頼みますよぉ~ びびさぁ~ん! (T-T)


今日はお盆中ということで、墓参りに行ってきた。
お盆といえば田舎。 田舎といえば“ 田舎ネコ ”( ちょっとこじつけ? ) (^^;;
でも、冗談ではなく、“ どうしているかな~? ” と気にはなっていた。

毎日暑い日が続く。 奈良の田舎の子達は今頃どうしているのだろう...?
元気でやっているだろうか...?

そう思っていたら、タイミングよく田舎ネコ都会ネコのHPに、近状報告がUPされた。なんてタイムリー! (^^)

どうやら、みんな元気でいるみたい。(^^) ヨカッタ!
暑い中も頑張ってお世話を続けてくれている、U様初め、現地のボランティアの方々のおかげです。 本当に頭が下がります。m(__)m


田舎ネコのみんな。 びびの仲間達。 びびは元気にやっているよ。
奈良から離れて初めての夏にちょっと戸惑っているみたいだけれど、それでも毎日元気に頑張っているよ。
みんなも暑さに負けないで頑張ってね。
みんなに素敵なご縁があることをいつも祈っているからね。(^^)


102.jpg


EDIT  |  23:37  |  リンク  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.08.13 (Sat)

偏食

人の食べ物が口に合わないにゃんが唯一反応するもの...
それは、カレーの香り。(^^;;

夕飯がカレーの時は、にゃんはそわそわと台所で落ち着かない。
うっかりルーが入っていたトレイを放置しておこうものなら、気がついたときには口元を黄色に染めた猫がうろうろすることになる。(T-T)

何にそんなに反応するのだろう...?

かたや、人が何かを食べていると、とりあえず寄ってきて欲しがるびび。
冗談のつもりで口元に運ぶと、本当に食べてしまうので、うかつに差し出せない。

先日も、父ちゃんが食べていた甘納豆の袋がかさかさいうのを聞きつけて、おねだりが始まった。
ふざけて口元に持っていったらパクパク。  で、

“ もっとちょうだぁ~い!!! ”   ... (^^;; アリャー

夕べはお客さんが持ってきてくれたチーズケーキを食べてしまったし。
日々目新しい食べ物を探求中。

とりあえず、“ 食べられる物は何でも食べて生き残ろう ” という本能は感じられるけどね...


まず、朝晩出してるフードを残さず食べなさい!!!
(▼▼)
 



あまいものはべつばらなの~ 
s-DSCN4661.jpg

EDIT  |  18:13  |  日常  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.08.12 (Fri)

荒療治

“ まぁったく、いつまでもなにうじうじしてんだよ~! ” とばかりに、またまた
にゃんがやらかしてくれましたよ、洗濯機の排水ホース引き抜き。(T▽T)
“ 二度あることは... ” って、もう何回目だよ~!!!(ToT)

泡を食って掃除を始める母を尻目に、悠々と毛づくろいをするにゃん。
おまえね~... (▼▼)


川になった床を掃除をしながら、なんとなく可笑しくなってきた。
そうそう、これだよね~
この忙しさが一番の薬。 二人と二匹を追い回していくうちに、だんだんと元通りになっていくでしょう。

それにしても...   荒療治だね、にゃん... (^^;;


そろそろこっちをむいてよね
s-DSCN3392.jpg

EDIT  |  22:20  |  事件  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.08.11 (Thu)

駄目な保護主

今朝は寝坊してしまった。
凛の “ 散歩に行こうよ ” の声が聞こえなかったから。

もう、凛との生活のリズムが出来始めていたんだね...

お腹の辺りで丸まっている柔らかな温もりに誘われ、いつまでもうだうだと布団の中にいた。

外にはまだ、凛がそこにいた証があちこちに残っている。
凛だけがそこにいない。

外出から戻ると、庭に目をやり、「凛、ただいま!」と声をかける癖がついていた。
今日もうっかり、「凛... 」と言いかけて、はっ!とした。
なにをやっているのかな、私は...

いつも家の中から凛の様子を伺っていたにゃんは、凛がいないことが不思議そうだ。
じっくり時間をかけたら、にゃんと凛は友達になれていたかもしれないね...

里親さんが決まって嬉しいはずなのに、この複雑な気持ちはなんだろう?
寂しさや心配が嬉しさを覆い隠してしまっている。

別れる時...
柵を飛び越えてまで私に飛びついてきた凛。
もしかして、うちに戻ってきてしまうのではないかという事もちらっと考えた。
心の中でそう願っている自分がいるのかもしれない。
だから、寝床も、鎖をつないでいた紐も、片付けられないでいるのかも...
駄目な保護主ですねぇ~ (^^;;


そんな母を心配してか、今日は二匹が優しい。
かわるがわる傍に来ては寄り添ってくれていた。

ごめんね、君たちの事、忘れていたわけじゃないんだよ。
ただ... もう少しだけ、時間をちょうだいね。
EDIT  |  23:25  |  保護動物  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.08.10 (Wed)

旅の終わり

思いがけず、先方の都合で別れが早まってしまった...

夕べ、珍しく真夜中に夜鳴きをした凛を、父ちゃんと二人で散歩に連れて行った。
今朝は雨。 あれが一緒に行けた最後の散歩になるなんてね...


雨の中、みんなで写真を撮り、ビデオ撮影をして、いよいよお別れ。

行きの車の中、後ろの席から運転をする私の肩に乗りかかり、窓の外を眺めていた凛。
帰りにはもう凛はいないんだね...



引渡しは、あっけなく済んでしまった。
新しい里親さんにあいさつをして、前の子が飼われていたおうちを見せていただき、簡単に今までの経緯を説明して、リードを託した。

長くそこにいると離れ難くなるので、“ じゃあね ” ってバイバイした。


知らないところに一人で置いていかれた凛は、その後どうしているだろう?
人の都合で色々な人の手に渡り、気を許したと思うと、また別なところに連れて行かれ...
凛はどんな気持ちで毎日を過ごしていたのだろう?
これで凛の旅が終わる事を切に願う。

愛情のかけ方は人それぞれ違うと思うから、自分のやり方を押し付けるつもりはない。
だけど...   やっぱり幸せになって欲しい。
幸い、同じ市内だし、“ いつでも見に来て ” と言って頂けたので、自分も凛も、少し落ち着いたころに、そっと様子を見に行ってみようと思う。

可愛がってもらえるように、祈っているからね...


凛が家に来て丸二週間。
きっと一ヶ月を過ぎたら手放せなくなっていただろうなぁ...
あちこちに張った広告をはがしてこなくちゃ...

引渡しをして、帰って来たら雨が上がり始めた。
これくらいの天気だったら、最後に散歩にいけたのにね...
あまりに急すぎて、気持ちの整理がつかない。
胸にぽっかりと穴が開いた気分...


まだあちこちに、凛の匂いが残っているよ...




s-DSCN4674.jpg

EDIT  |  11:52  |  保護動物  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2005.08.09 (Tue)

凛がいた夏

昨日の電話の事もあり、午前中、早速病院に行った。
( O先生、いつもお世話様です )  m(__)m

検査の結果、異常なし!  \(^o^)/ ヤッタネ!
前回6、6㎏だった体重も7㎏を越え、無事にワクチンも摂取してこれた。
病院の皆さんに“ 里親さん見つかってよかったね! ” と笑顔で言われ...
行きと帰りの車の中でも大人しく上手に座っていくことが出来た。
車に乗る事にも慣れてきたね、凛。

夕方、里親さんになる方に“ 異常なし ” の連絡をいれた。
後はもうとんとんと話が進み、11日の夕方に凛をお引渡しする事になった。

みんなが家の中にいるときは、一人きりで外に寝そべり、とても寂しそうな凛。
外に出かけていって戻ると、待ちかねていたという様な、ぱぁっと明るくなった表情でお迎えしてくれる。
それでも、手荷物がいっぱいだったりで、かまってあげられないまま家の中に入るとちょっとがっかりしたような表情に変わって、ぺたんと横になってしまう。

そんな事を思うと、やっぱり里親さんを探して良かったんだって思う。
きっと、私よりももっともっといっぱい愛情を注いでくれるはず。
忙しいなんていわずに、常に傍においていてくれるよね、きっと。
辛い暑さも、厳しい寒さも心配ないよ、これからは。


凛と一緒に散歩をするようになって、近所にはこんなに犬を飼っている方がいるのだと改めて知った。
沢山の方々と、あいさつを交わしたり、犬のことで自然と会話も弾むようになっていた。 散歩の楽しみを、凛は教えてくれた。


s-DSCN4680.jpg




今年の夏は、凛がいた夏。
台風の様に気持ちの中をかき回して、あっという間に去っていってしまう。
後には青空が残るのみだ。

猫飼いの私に、犬の魅力を沢山教えてくれた凛。
どうか、幸せになってね。



s-DSCN4665.jpg

EDIT  |  22:42  |  保護動物  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2005.08.08 (Mon)

嬉しい伝言

日、月と家族で泊りがけのお出かけをしていて、家に戻ると、留守番電話のランプがピコピコ。
( 我が家は夫婦共に携帯電話を持っていません )(^^;;

誰からだろう? と、伝言を聞いてみると、私がお世話になっている派遣の世話役の方からで、派遣先の職場の方が、凛を引き取ってもいいと言って下さったらしく、“ 電話を入れてみて ” ということだった。
そういえば、土曜日に仕事に入った時に、“ 可愛がって下さる里親様、募集中 ” と宣伝しておいたのだった...

それでも、まさかこんな形で連絡が入るとは思ってもみなくて、とにかく、ドキドキしながら指定された番号に電話をかけてみた。

その方と一緒に仕事をさせていただくようになって、もう丸4年になるけれど、上の方の方なのにいつも気軽に話をしてくださるし、安心して一緒に仕事が出来る、とても信頼できる方だ。

話を聞いてみると、その方のご実家で、以前にシェルティを飼っていたそうで、“ とても可愛がっていたのにしばらく前に亡くしてしまい、家族みんなとても寂しい思いをしているので、話していた子を譲ってもらえたら嬉しい ” という事だった。
勿論完全室内飼い。 小さなお子様もいないし、これ以上ない良縁だ。

電話番号を知らない私のところに、人づてにでも“ 連絡が欲しい ”と伝言を下さる。
かなり本気で考えてくださっての事だと思う。

とりあえず、お譲りできるかどうかは健康診断次第だ。
飼っていただく事になるとしたら、安心してお引渡ししたいし、もしも隠れた病気があるとしたら、お譲りするわけにはいかない。 
そこまでは保護した責任がある。 ワクチンの摂取もしておかないと...

明日は凛を病院に連れて行こう。


それにしても...
急激に話が流れ始めてしまった。
滞っていた事が一気に進むことがあるのはわかってはいるけれど、あまりに一足飛びで、気持ちが中々ついていけない。 自分の中で整理がつかない。


これでいいんだよねぇ、きっと...



s-DSCN4670.jpg

EDIT  |  22:52  |  保護動物  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.08.07 (Sun)

シンメトリー (左右対称)

にゃんとびび、二匹が一緒にいるときに撮った画像は何故か不思議と、綺麗に同じ格好をしていることが多い。

“ 面白いなぁ~、いつかこういう画像をまとめてアップしよう ”と思っていたらなんと、“ ふと見ればニャン ” ( 管理人 : ゆきちゃりん様 )でタイムリーな話題がアップされた。
早速便乗させていただくことに... (^^;;


まず一枚

s-DSCN3978.jpg


二匹でハートを描いているような画像
実はこれには裏がある... (^^;;



続いての画像

s-DSCN3988.jpg


これは厳密に言うと、シンメトリー( 左右対称 )ではないのだけれど、綺麗に同じ格好して寝てるもんで... (^^;;



最後はこれ

s-DSCN3714.jpg


これも、シンメトリーからは外れるかな?
真後ろから見たらシンメトリーなのかも。
神社のコマイヌさんみたいだね。(^^;;



... さてさて、お楽しみいただけたでしょうか? (^^;;
EDIT  |  08:47  |  日常  |  TB(2)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.08.06 (Sat)

甘えた軍団

何故か、我が家に縁のある子は皆、かなりの甘えただ。

保護犬、凛もご多聞に漏れず。
保護数日で、あっという間にひっくり返って“ お腹撫でて~! ” と甘えるようになった。
信頼してくれるのは嬉しいけれどね... (^^;;

同じく我が家の長女、びびもかなりの甘えたさん。
びびりんぼながら、我が家に着いた最初の日から既に撫で撫でOKだったし、いつでも喉をゴロゴロさせながらストーカーの如く、べったり後をついて回る。
ちょっとでも目が合うと、ごろんとお腹を出し、“ な~で~て~~~♪ ” と必死にアピールする。 

女の子達だけではない。
息子A「背中かいて~!」 息子B「頭撫でて~!」( 無理やり抱っこ )
三男坊、にゃん「んな~ぁ(ちょっとこっちきてぇ~ ずっと見てて~)!」
... (^^;;  ...きみたちぃ~...

どうしてこう、揃いも揃って甘えたさんなのだろう?
これはもう、家風かな?

それとももしかして... 私がそう育ててしまっているの... かな? (^^;;



はやくなでて~!
s-DSCN3818.jpg

EDIT  |  23:57  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.08.05 (Fri)

涼を求めて

あついよ~ (~Q~;)
s-DSCN4210.jpg


今日も暑い。(~Q~;)  真夏日が続いている。
暑いせいで沸点が低くなっているのか、少々キレ気味。
上手くガス抜きをしないとね...

暑くて辛いのは何も人間に限った事じゃなくて、犬猫も同じ。
今日は風もなく、芝生の上の凛がいつにも増してはぁはぁいってる... (;_;)

なので、扇風機を外に向け、風量を最大にして凛に風を送ってみた。
おやつは氷。 ちょっとは涼がとれたかな?


まだまだ暑い日が続くようなので、思い立って、ホームセンターへ行き、外の水道に取り付ける“ コンパクトホースリール ” を買ってきた。
( 今までなかったのが不思議なのだけど )

沢山並ぶホースリールの中で、コンパクトながら10mホース、ヘッドの切り替えが6種類 しかも値段が880円!という物があり、即決でお買いあげして、意気揚々と帰ってきた。

凛ちゃん、待っててね~! (^^) すぐに涼しくしてあげるからね~♪


しかし...

蛇口に取り付ける段になって、はたと気がついた。
もしかしてこれ... 巻き取り用のハンドルがついてない... かも...


・・・_| ̄|○


... また父ちゃんに馬鹿にされるな...


まぁいいや。 一応使える事は使えるんだし。
( 使った後の巻取りの事は考えないでおこう )

早速犬走りを“ 広拡散 ” できれいに流し( しかし見る見るうちに乾く犬走り。相当熱かったらしい )、凛に向かって霧を吹きかけた。
真正面からそれを受ける凛。

気持ちいいでしょ~ 凛ちゃ~ん! (^^)
これから、暑い日にはこれで涼しくしてあげるからね~♪



... 最近、出番が少ないわね...
s-DSCN4000.jpg

EDIT  |  17:44  |  保護動物  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.08.04 (Thu)

保護 その難しさ

仮名、“ 凛 ”を公園内から連れ帰り、面倒を見始めて10日が過ぎた。

あの時、あまりの人馴れした様子に、どこかで飼われていたはずだと確信し、衝動的に連れ帰ってしまったのだけれど、日が進むにつれて、実は捨てられていたのかも? と考えるようになってきた。

今も、元の飼い主に戻す希望を捨ててはいないので、保健所や交番から連絡が入るのを待っているのだけれど、段々と現実的な考えもしなくちゃいけない。
預かっているのは物ではなく、 “ 命 ” だから。

衝動的に保護したにせよ、どうしても飼い主が見つからず、引き取り手もない場合、自分でなんとか責任を取ろうと思っていた。
その気持ちは今も変わらない。

ただ、我が家での受け入れという選択は、出来れば最後の手段にしたいと思う。


凛は今も、外での暑さにじっと耐えている。
日除けを作ったり、こまめに飲み水を替えたり、保冷剤で体を冷やしたり、虫除けを何箇所も焚いたりしても、かなり辛い状況にあると思う。
でも、今我が家で凛のためにしてあげられる事は、これが精一杯なのだ。
室内で過ごせる恵まれた状態での保護は、残念ながら私には出来なかった。

あの時、衝動的に連れ帰ってしまった事で、逆に凛に辛い思いをさせているのではないかと思うときがある。
山の中には蚊がいるけれど、少なくとも木陰は涼しいだろう。

あの時はとっさに保健所やフィラリアの事ばかり気にして連れてきてしまったけれど、凛の為と勝手に思い込んで、朝晩の散歩以外は繋がれているという生活を強いている。 確実に出される食事と引き換えに、自由を奪ったのと等しい。


これで、果たして凛は幸せといえるだろうか?


家に来て一週間程度でお座りを覚えた賢い凛。
人や他の犬に向かって吠え立てたりしない温和で勇気ある凛。
本当なら凛はもっともっと幸せになれる犬のはずだ。
愛情の深い、犬のことをよく分かっている人と巡りあえたら、きっと凛は、良いパートナー犬になるだろう。 欲目ではなくそう思う。

なので、飼い主が現れなかった場合、できれば信頼できる里親を探し、凛の未来を託したい。

ただ...
自分の意思で勝手に保護をしたくせに、自分では幸せに出来ないからと、里親を探そうと思うのは、単なるエゴではないかという思いもある。
自分の行いの尻拭いを、他の人に押し付けているような気がするのだ。


私は、あの時保護をする立場にはなかったのではないのか?
設備の整わない場所に連れ帰り、凛に辛い思いをさせているのではないのか?
安易な判断で、人に迷惑をかけようとしているのではないだろうか?



まだ答えは見つからないけれど...
もう少し時間がたてば、見えてくるものがあるだろうか...?



凛が幸せになれるように。
それを一番に頭において考えていきたい。


そのために私は、できる限りの努力をしようと思う。



s-DSCN4097.jpg

EDIT  |  14:25  |  保護動物  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

2005.08.03 (Wed)

家政婦

夏休み中で子供達が家にいるせいもあるけれど、凛を保護してからというもの、“ 24時間って短いなぁ ”って、しみじみ思うようになった。

朝起きて、凛の散歩と食事の世話、にゃん&びびの食事とトイレの掃除、片付けても片付けても散らかる部屋の掃除、毎日山のように出る洗濯物を、洗って干してたたんで...
合間に入る三度の食事の用意と後片付け、数々の所用... (溜息)

夕方、凛を散歩させていると、“ 今日もほぼ一日終わりだなぁ ”と思う。
本当に一日が終わるのなんてあっという間だ。
まるで、ただ働きの家政婦の様。 主婦が三食昼寝つきだなんて、何処の誰が作った言葉なんだろう...?
エンドレスで続く毎日に虚しさを感じる今日この頃...
毎日の暑さにちょっと疲れてきてるのかな? (^^;;


それでも、やりきれない思いや孤独感に苛まれている時、理不尽な思いに苛々している時、にゃんやびび、凛はさり気なくそばにきて、そっと癒してくれる。
擦り寄ってきた体から伝わる温もりに、すっと心が解きほぐされていく。


... さぁ、今日も一日、“ 家政婦 ”頑張りましょうかね~ (^^;;



いくら暑いからって、クーラーバッグに入らなくても... (^^;;
s-DSCN4228.jpg



あ、みつかっちゃった
s-DSCN4231.jpg

EDIT  |  10:03  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。