2007年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.02.27 (Tue)

麗らかな? 昼下がり

今日はとても暖かだったので、買ってきておいた鉢花を、プランターに植え替える作業をしていた。


玄関の中で、執拗にあおあおとおねだりを続けていたにゃん。
目も届くし、たまには一緒に日向ぼっこもいいかと思い、玄関先を掃いてから、リードで歩き回れる範囲を限定し、出してあげた。



...しかしね、予想はしていたけれど。
いきなりひっくり返ってごろんごろんはどうかと思うよ、にゃん。 (- -;;


体全体を箒に見立てて、残っていた塵を全て掃き出してくれてありがとう。 
_| ̄|○


念入りに掃いたつもりだったのだけれど。
見る見るうちに、灰色猫に変わっていくにゃん。


ぐわぁぁぁぁぁ~~~!!!
ここまでちゃんと想定しておくべきだった... (T△T)



これでは咄嗟ににゃんを、家の中に放り込む事が出来ない。
仕方ないので、植え替えは一時中断。
にゃんをお風呂場へご案内。


このばっちい子は一体誰???
s-DSCN1303.jpg



何でこんな所に入れんだよ (▼▼)
s-DSCN1304.jpg



これも予想はしていたけれど。
切なげな鳴き声では埒が明かないと、にゃん怒る怒る。 不機嫌全開!
そんな事で怯む母ではないけれど。 ( ̄ー ̄; フフン!


大体、誰がこんなに汚したの! (▼▼)
その毛を舐めて毛繕いしたら、塵がみーんな、お腹に入っちゃうでしょーがっ!


ちくしょーっ!  こんなにしやがって~!! ヽ(`Д´)ノ
s-DSCN1314.jpg




...想定外の作業のお陰でぐったりと疲れた、
麗らかな 昼下がりでした。  _| ̄|○
スポンサーサイト
EDIT  |  22:54  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.02.25 (Sun)

ぬくぬく

ファンヒーターの前には行かないのに、どうしてストーブの前には集まってきちゃうのかな~? (^^;;





幸せそうでいいけれどね。
ちなみにここ、台所なんだけれど... (^^;;
EDIT  |  22:12  |  日常  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2007.02.24 (Sat)

収穫

思い立って、掃除をしてみました。


冷蔵庫や洗濯機、靴箱の下等を丁寧にさらったところ、にゃんとの遊びで行方不明になっていたねずみちゃんが、

なんと3匹も。


思いがけない収穫。 ヽ(*´∀`)ノ


でも、こんな勢いで遊ばれてたら、あっという間にまた行方不明だろうな...





実際、すぐに一匹が行方不明に...   _| ̄|○
EDIT  |  21:57  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.02.22 (Thu)

花粉? それとも...

今日もかなり気温が上がった。
日当たりのいい場所では、春を告げる花、オオイヌノフグリが青い絨毯の様に咲き誇っている。
ありえない。 2月の常識ではありえない。


そして、私の体もありえないことになっている。



10日位前から目が痒いのは気になっていた。
目薬を点してもあまり効き目がなく、ガシガシ擦って眼の縁が腫れてしまう程。
更にこのところ、毎日鼻がムズムズして、くしゃみが頻繁に出る。


...この症状は、もしかして、花粉症?

でも、まだ2月だし、例年、こんなにひどく感じたことはなかったのだけれど...


もう一つ考えられる可能性。
それは、花粉以外のアレルギー。

ハウスダストでのアレルギーだとすれば、まず濃厚なのは猫の毛。
まさかの猫アレルギー発症???


...まぁ、いいけどね。
もしも猫アレルギーだとしても、なったらなったで対策を考えればいいし。
“ 常に家の中を清潔にしておきなさい ” っていう誰かからのメッセージだと思えばいい。
症状が出たのが他の家族じゃなくてよかった。 
...って、まだ猫アレルギーと決まったわけじゃないけれど。(^^;;



さて、もしも花粉症の方だとしたら。
今年の春は辛い春になりそうだなぁ~ (^^;;



猫の日なのに、全然猫の話題に触れてないし... (^^;;


s-DSCN1156.jpg

行く冬を惜しむ、猫だるま    17日(土) 息子B作製

s-DSCN1152.jpg

今年の雪は、これで終わりかな...?
EDIT  |  22:17  |  私事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.02.19 (Mon)

やせた?!

息子たちが寝室へと消えていく8時半。
猫たちと私にとっての静かな時間の始まりだ。


今夜は珍しく、びびの代わりににゃんが、私の脇で寝てくれている。

ピンクのお腹がちら見えでかわええ... (*´Д`*)
s-DSCN1238.jpg


久々なので、本当に嬉しい。(^^)   しかしどういう風の吹き回しだろう? (^^;;
いつもなら、早々に息子Aの布団に潜りに行くところなのに。


“ 甘やかし大作戦 ” が、功を奏したかな? (^^ゞ

...だって、びびに場所とられちゃったんだもん (;_;) 
s-DSCN1236.jpg


ちなみにびびは、いつものにゃんの場所を陣取って、悠々と寝ている。
涙で汚れてしまったお顔を拭き拭きしても、全く動じない程、熟睡。


あまりにコンパクトで、何が何だか...? (^^;;
s-DSCN1234.jpg


安心して眠れるって、いいね。(^^)  
昼間は右往左往して落ち着けないでいるものね。(^^;;



すぐ脇で伸びているにゃんの背中の毛は黒々、つやつやだ。
体調を崩している様でもなく 毎日元気いっぱい飛び跳ねている。
それでも何だか、浮き出た腰骨のせいで、すごく病的に見えてドキドキする。

そもそも細長い体つきのせいで、普段から痩せて見えがちなのに。
“ シャムの血でも入っているのか? ” と突っ込みを入れたくなる。
顔も小さいしね。


最近、にゃんを抱き上げると、その軽さにギョッとする。
ちょっと前までの、あのずっしり感は何処へいってしまったのだろう?
どう多く見積もっても、5キロあるとは思えない。 まぉに抜かれたのは明らか。

我が家にはデジタル式の体重計はないので、正確な体重の増減はわからないけれど、年中抱き上げてはお外を見に連れ出しているのだもの、体重が減った事位はすぐにわかる。

一瞬、“ 病気?! ” と焦ってしまったけれど、体重が減ってしまった事以外には特段変わった様子も見られない。



...これはもしかして、あれか?  療法食のせいだろうか?


療法食に切り替えて2ヶ月弱。
PHコントロールが目的で始めたウォルサムのメールケアだったけれど、去勢した猫の肥満防止にも配慮されている分、今までと同じ量では体重が落ちちゃうんじゃないかな?
(気付くのが遅い! (°o゜)\バキ )



そういえば、同じものを食べているびびも、ちょっとごつごつしだしたものね。
毛がふさふさだから、にゃんほどは目立たないけど。


人間の子でもなんでも、やっぱりちょっとふっくらしている方が安心できるよね、健康的で。
明日から、もう少し、ご飯の量を増やそうね。


s-DSCN1233.jpg

眠る時も、食べちゃいたいほど大好きな、ねずみ君と一緒
でも、それ食べても栄養にはならないからね (^^;;
EDIT  |  22:31  |  病気?  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.02.18 (Sun)

仮説

まぉの里親募集をしなくては、しなくてはと口で言っている割に、中々重い腰が上がりません。

実はもう、募集内容の記事は粗方出来ていたりします。
なのにどうして、掲載に踏み切れないでいるのか? というと...



ちょっと前から、私の頭の中に現れた “ 仮説 ”
それが、日を追う毎に、強く意識に圧し掛かってきています。


先に、マッサージの本を手に入れてからというもの、アニマル・コミュニケート関連の本が気にかかり、手当たり次第読み漁っていました。

(不思議な事に、“ 必要だ ” と思う本は、絶版になっているものでも市の図書館にあったり、たまたま入った本屋の棚に、無造作に置いてあったりするのです。
昨年出たばかりの新しい本も、一番乗りで借りる事が出来ました)


それらの本の中で、犬や猫が飼い主を選んで現れる事がある事も、生まれ変わりがある事も知りました。


その記事を読んで、私の頭に浮かんだのは、一昨年の暮れに旅立った、オシ君の事でした。



オシ君は、外猫なのに誰にでもフレンドリーで、勝手にひょいと膝に乗ってきてしまう様な子でした。
下ろしても、下ろしても、何度でも乗り直して。
背中を向けていると、背中にまで飛び乗り、そこで香箱を組んでしまう様な子でした。

動きもおっとり、性格もおっとり。
女の子なのに、ちょっぴり藪睨み気味のお顔。
偶然かもしれないけれど、思い出せば思い出す程、まぉと合致する点が多い事に驚きを隠せません。



こんな事を書くと笑われるかもしれません。
だけど、私は今、

“ もしかしたら、まぉは、オシ君の生まれ変わりかもしれない ”

そう思い始めています。



外猫で生まれ、外猫として育ち、生涯の最後で人との触れ合いを知り、旅立って行ったオシ君が、今度は家猫としての生活を望み、この世に生まれてきたとしたら。
前の生で、最後に親しくなった家族と暮らす事を望み、ここに現れたとしたら。

考えれば考える程、そんな風に思えて仕方がないのです。



s-DSCN1255.jpg



もしも、まぉが、オシ君の生まれ変わりだったとしたら。
この家で暮らす事を望んでいるのだとしたら。
本猫の意思を無視して、安易に里親を探してしまっても良いのでしょうか...?

(まぉに情が湧いている事に対する言い訳で、こんな話をしている訳ではありません)



思えばまぉは、家に入れてから、一度も外を恋しがる素振りを見せません。
脱走はおろか、窓から思わせぶりに、外を眺める事さえしません。

至極当然といった感じで、与えられたご飯を食べ、限られた空間の中でもヒステリーを起こす事無く、のんびりと過ごし、父と母に抱かれ、膝に乗ります。



まるでそれが、最初から決められていたかの様に。



そんな家庭での落ち着いた様子に、“ 元は飼い猫 ” と勝手に思い込んでいたけれど、手足の肉球は外猫生活を物語っていて...



疑おうと思えば全て疑わしいし、言い訳をつけようと思えば、どんな言い訳でもつけられるけれど。
多分、私の夢物語なのだろうけれど。


結局の所、真実を知るのはまぉだけ。
まぉと話ができたらいいのに。



“ この家を選んで、この家族を選んで生まれてきたのですか? ”

そう、訊ねてみたい。


s-DSCN1245.jpg

EDIT  |  23:10  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.02.14 (Wed)

毛繕い

にゃんたろうさん、今日もせっせと毛繕い。
舐め過ぎて、お腹の毛がなくなっちゃってるけど、それでもせっせ。





...それにしても、可愛い格好。(* ̄m ̄)プッ


...ん?
s-DSCN0761.jpg



ちょっと!  なに写してんの???
s-DSCN0758.jpg

にゃんたろうさん、大事な部分、隠れてませんよ? ( ̄▽ ̄;;)


あぁ、凛々しい僕のイメージが... (T-T)
s-DSCN0762.jpg



...いや、みんな本性知ってますから。 
EDIT  |  16:05  |  日常  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.02.13 (Tue)

暖かな日に思う

今朝もとても天気がいいです。(^^)


二月も半ばに差し掛かり、例年なら、一年で一番寒いはずのこの時期。
何故か陽気は3月、4月並み。 
カレンダーの “ 2月 ” の文字に違和感を覚えるのは私だけ?

冬を飛び越して、気分は既に春一直線。


冬の長いはずの東北でこう思うのだから、関東以西はもっとかな?
バランスの崩れた自然界は大変だね。

冬眠出来ないまま春を迎える野生動物は、この先寝不足になったりしないのかしら?
人間同様、熊も睡眠不足でイライラしたりするのかな?

...なんて、馬鹿な事を思ったりして。


暖かいのは嬉しいけれど、急激に変化すると、後が怖いよね。
今年はこの先、どんな風に進んで行くのかな...?



さて、一番身近な自然界の仲間、外猫さん。


こちらも、身体は既に春を感じている様で。
夕べ、今年初のさかり鳴きを聞きました。

裏の空き地には、真冬だというのにごく普通に猫たちが姿を現してますし。
今年は子猫が生まれるのが早そうだね。


君達にとっては、暖冬はありがたい事だよね。
でも、一気に自然界のバランスが崩れるのは、ちょっとね...


程々のバランスって、難しい。
なーんて、人間って、勝手だわ。(苦笑)


s-DSCN0914.jpg

EDIT  |  09:35  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.02.12 (Mon)

猫おもちゃ

先日、100円SHOPにて、猫のおもちゃを数点購入してきました。
勿論、にゃんとのスキンシップの為に。(^^)


どんなおもちゃを購入したのかというと。

まず、沢山の羽が紐の先についている、疑似餌(ルアー)タイプのおもちゃ。

それから、キャットニップ入りの魚型のもの。
これは以前に買って不評だったものの、今回はびびかまぉが反応してくれるのではないか?という淡い期待を込めて選択。

もう一つは麻の爪とぎ。

実はこれは購入するつもりはなかったのだけれど、品物を眺めていたら、どういうわけか袋が破けてしまったので、泣く泣く購入する事に... (T-T)
(まぁ、置いておけば誰かが使ってくれるだろうという甘い考えもあり)



さて、帰宅して、おもちゃを出した時の反応はというと。

まずキャットニップ。
予想はしていたけれど、全員無反応。  (ノД`) あぁそうですか...


そして爪とぎも、手持ちのまたたびを擦り付けたにもかかわらず、全員スルー。
全くもって、無視。


(ノД`)  


しかし、羽付ルアーは大好評!  ヽ(´▽`)/

優秀なハンターであるびびは勿論、最近何に対しても無関心でノリの悪かったにゃんが、大ハッスルで飛びついてきてくれて、もの凄く報われた気持ちになりました。(T▽T)

さすがに100円だけあって、2、3回のアタックで、どんどん羽が抜け落ちてしまうのが難点。
予備を何本か、早急にゲットしてこようと固く心に誓いました。


満足~!
s-DSCN1014.jpg




さて、このおもちゃ。
なんと、あのまぉにまで、その効力を発揮! 


まぉといえば。
のんびり穏やか、マイペースといえば聞こえはいいけれど、そもそも動くのがあまり好きではないお嬢さん。

そのまぉが、髭をぴんぴん前に伸ばして、興味津々なご様子。


最初こそ、中々手が出なかったものの、にゃんの乱入(横取りとも言う)により、少しずつ元外猫の意識が目覚めてきた様で、恐る恐る手を出し始め、段々と体が動き始め、ついには猛然とスライディング・タックルまで披露してくれました。
ヽ(´▽`)/ すごいすごい!


まぉ、ちゃんと動けるじゃん!


ちょっと太っちゃって前ほど身軽ではないだろうけれど、ちゃんと動けるんだね。
母は安心しました。ヾ(´▽`)


今度から、もっと遊ぶ時間をとって、楽しくダイエットしようね。 (^-^)


遊び疲れて一休み... (^^)    放心状態です (^^;;
s-DSCN1074.jpg



EDIT  |  22:22  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.02.11 (Sun)

災難

びびは割りとよく吐く猫です。


結構頻繁に吐いているので(とはいっても月に1、2度程度)、見る方も慣れてしまっていて、あまり大騒ぎせず、状態を冷静に観察していたりします。

ぐったりとした苦しげな吐き方ではなく、吐き戻しに近い吐き方なので、特に病院へは行きません。
病院でのストレスの方がかわいそうなので。

フードを変えたり、おやつに新しいものを与えたりすると吐くので、多分、食べ物に対して軽いアレルギーがあるのではないかと思っています。
それと、いきなりがっつくので、胃がびっくりしている事も大いにありそう。

そんなわけで、今朝吐いた時も、いつもの吐き戻しだと大して驚かず、成り行きを見守っていました。



ただ、その場所が問題で...



“ ケコッケコッ ” としゃくり上げる様な声が聞こえ、
“ あ、まずい、いつものだ ” と、くるりと後ろを振り向くと、びびがいたのは窓際の五段クリアケースの上で。

ぎょっとして、何かで受け止める間もなく、噴水の様な嘔吐物が、カーテン、その他を直撃。


... _| ̄|○ il||



仕事前の、貴重な時間を割いて、あわあわと後始末に奔走する私。
しかし一度では治まらず、二度、三度と続く嘔吐。

父ちゃんのパソコンの上でまで吐こうとしたので、慌てて手近にあった自分のパジャマでガード。
父ちゃんのパソコンは救われたけれど、私のパジャマはでろでろ...  うぅ... (T-T)



更に二重の悲劇。
私はその時、仕事で着る、制服のアイロンがけの真っ最中で。

嘔吐を受け止める事に必死ですっかり失念していたけれど、ふと我に返り、自分がそれまで何をしていたのかに気がついた時。


制服の背中の部分には、
はっきりとアイロンの形が浮かび上がっていました。


漫画ではよく見受けられるベタなネタだけれど、まさか、そのベタなネタを実際にやってしまうドジがいて、それがよもや自分だとは...  _| ̄|○ il||



ショックで意気消沈しながら、とぼとぼ仕事に向かったのでした...  (T-T)  


私のせいじゃないもん
s-DSCN1021.jpg

EDIT  |  22:54  |  事件  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.02.10 (Sat)

以心伝心

最近、感じる事。


びびには、私の考えや思いが直に届いている様だ。

意思の疎通がしやすいというか、とてもよく解ってくれる。
常に私の気持ちを読みとってくれている。


びびにはいつも、猫である事を意識することなく普通に話しかけている。
そのせいか、びびが “ ペットとして我が家にいる ” という意識は微塵もない。
“ 家族の一人 ”   そして “ 頼もしい相棒 ”   そんな感じ。


なんていうか...
びびといると、すごく不思議な気持ちになる。
受け止めてもらっている。 受け入れられている。 そう思う。

単にペットに癒してもらっているというのとは違う、何処か、深い所で意識が繋がっている様な...


至らない未熟者の私をフォローしてくれる、深い精神の持ち主。 先導者。
いつの間にか、びびにはそんなイメージを持つ様になった。


奈良からはるばる我が家に来る事になったのは、私を支えるという使命があったのかな?
そんな気がしてしまう。


s-DSCN0841.jpg




その反面、最近にゃんとは中々上手にコミュニケーションが取れないでいる。
にゃんの気持ちや訴えが、私に全然届いてこないのだ。


お外に連れ出して欲しい時以外は、全くと言っていいほど我侭を言わない。
遠慮している様な、甘える事を半ば諦めてしまっている様な、
“ 言っても無駄だ ” という雰囲気が妙に寂しい。

感じる意識のイメージは、“ 永遠の少年 ” “ お子ちゃま ” なのに。


あなたが我が家で初の異種家族なのだから、特別な存在であるのは、自他共に認める事実。
もっと自信を持って自己主張してもいいのにね。


もっとにゃんの為に時間を割かないとだめかな...?
ストレートに、ダイレクトに意識が響いてくるびびとのギャップが激しすぎて、少々困惑気味...



s-DSCN0908.jpg

もっともっと、気持ちをぶつけて欲しいな
仲良くしようよ
EDIT  |  22:01  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.02.09 (Fri)

まぉ、稽古中

えーい、どすこいどすこい!  それっ! 突っ張り~!!
私の張り手を受けてみなさい~!!! ー(`ヘ´)ゞ

s-DSCN1089[1].jpg




...嘘です、ごめんなさい。
お手々にぎにぎ、ぐーぱーしてただけです。(^^;;
s-DSCN1090.jpg




s-DSCN1092.jpg




なんか、どんどんまぉのイメージ壊してるね、私...  _| ̄|○
EDIT  |  13:23  |  保護動物  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2007.02.07 (Wed)

不思議な子

ふと気がついた事なのですが。


私が息子達(主にB)を叱っている時。

お説教が右耳から左耳に抜けていく様な息子の態度に、怒りのボルテージは上がり、ついでに声のボリュームも張り上がって、くどくどモードに突入。


そんな時。
決まってびびが何処からともなく現れ、ニャーニャー鳴きながら足元に擦り寄ってきて私を見上げ、じっと目を見つめるのです。

まるで、怒り狂っている私に
“ 落ち着いて ”  “ そろそろ叱るのを止めてあげて ”
そう訴えているかの様に。

そうして、私が叱るのを止めるまで、ずっとずっと足元で鳴き続けるのです。


そんなびびを見て、私も一呼吸置く事が出来るし、自分を見つめなおし、スッと冷静になる事が出来ます。


お説教の声が止むと、途端に鳴くのを止め、何処かへ去っていくびび。
本当に不思議な子。 息子Bの事、苦手なはずなのにね。(^^;;


単に、母のイライラした怒鳴り声を聞いていたくないだけだったりして? (^^;;


s-DSCN0848.jpg

神秘的な表情で、いったい何を思っているのか...?
EDIT  |  21:34  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.02.06 (Tue)

またまた恥ずかしい話

最近、まぉの話になると暴露話みたいなのが多いのですが。(^^;;


まぉのいる猫部屋は、週に一度、ピアノの先生がレッスンに来て下さって、“ 音楽室 ” になります。

びびが猫部屋の主だった頃から来て下さっているのですが、そんな時のびびの避難場所は一番高い箪笥の上でした。


まぉの避難場所はというと...


ここ。 簡易クローゼットの中にある箱の中です。
s-DSCN1077.jpg


これは以前、にゃんがまだ小さかった時に、中に爪とぎを入れて使用する箱として、私が作りました。


今では中に入っての爪とぎは窮屈なので箱に入れず、そのまま放置しています。(^^;;
一応、何処に置いておいても違和感のない様に、100円SHOPで買った木目シールでボックスを覆ってはいるのですが。

s-DSCN1035.jpg



話を戻しますが。

保護当初のまぉは、小柄な子だったので、ボックスにするりと飛び込めていたのです。

ところが昨日、たまたままぉがボックスに入ろうとした瞬間を見てしまいまして。



...お腹擦ってるじゃん...

しかも、無理やり体押し込んでるよね? それって...


...大丈夫ですか?  ちゃんと出てこられますか??? (・・;) ドキドキ



おかしいなぁ...  ちゃんとご飯の量は加減してるのになぁ...
しかもこの頃、食べたり食べなかったりなのに...


どうして、そんなに丸くなったの???



お腹の回りの毛が擦れてハゲが出来る前に、ボックスの入り口を広げようね... (T▽T)



s-DSCN1079.jpg

...暴露話が続いたので、怒ってらっしゃるみたいです... (^^;;
EDIT  |  21:14  |  保護動物  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.02.05 (Mon)

Birthday

本日、息子Aの10歳の誕生日でした。 (^^)


いつの間にか、大きくなりました。
いつまでも赤ちゃんだと思っていたのに、ぐっと少年らしくなりました。

ついこの前生まれたばかりのような気がするのにね。


日常の1コマ。  本当はハンサムなのに、こんな顔ばかりしています。 (T-T)
あなたはムンクの書いた絵ですか???
s-DSCN1033[1].jpg

にゃんの警戒心顕な顔が笑えます。
完全に不審者扱いです。 (^^;;



ちなみに、Birthdayケーキは彼の手作りです。
大好きなSLを表現してみました。  細部に渡る拘りが彼らしい一品。
妖怪張りの怪しげな顔はさりげなく隠して...(隠せてないって?)(^^;;

s-DSCN1047[1][1].jpg



母は、あなたがにこにこ元気に毎日を過ごしている事がとても幸せです。(^^)

ジャニーズ張りの可愛い顔でお下劣全開なのは多少くらくらしてるけど、毎日大笑いしていて楽しそうだから、大目に見てあげましょう。(^^;;


これからも、毎日が楽しい事でいっぱいだといいね。
お誕生日、おめでとう。 (^^)
EDIT  |  20:42  |  非日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.02.04 (Sun)

これはなんでしょう?

猫部屋を掃除していたら、こんなものを見つけました。
これは一体、なんでしょう?

s-DSCN0755.jpg



...どうやら、肉球の表面が剥がれ落ちたものの様です。 (^^;;
やっぱりまぉは、お外の子だったんだね...

硬い肉球が剥がれて、ぷにぷに柔らかくなったかな?
おうちの子として、一歩一歩歩んで行っている証拠だね。(^^)



余談だけれど、まぉは猫草を食べない猫である事が判明。 
驚愕の事実! ( ;゚Д゚)
我が家の猫たちは揃って猫草大好きで、争って食べるから、食べない子は初めて見ました。 

そもそも、まぉ、あんまり吐き戻ししないもんね。 
猫草いらないんだね、きっと。

あまり毛繕いをしないから、お腹に毛が溜まりにくいんだろうね。
(抜け毛はものすごく多いのにね。 毛繕いをしない分余計にかな?)

お腹に毛が溜まらないのはいい事だけれど、毛繕いが下手なのは雌猫さんとしてどうなんだろうなぁ... (^^;;


最近、恥ずかしいことばっかり書いてるでしょ?
s-DSCN0434.jpg

EDIT  |  14:16  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.02.03 (Sat)

“ おっとりまぉ ” 改め...

まぉが大きくなった。

“ 大きくなった ” というと、単に成長しただけの様に聞こえるけれど、1歳を越えても成長が続くのは、ロングアンドサブスタンシャルに属する大型種だけなので、真ん丸短足(まぉごめん)、コビータイプのまぉの場合、単に “ 太った ” だけだったりする。(^^;;
(ちなみににゃんの体型はフォーリン、びびはセミフォーリンかな?)


元々機敏なタイプではなく、あまり動き回らず、寝てばかりいるので、“ ちょっと太ったかな? ” と思ってからは、フードをきっちり測っているのだけれど(しかも、最近ではあまりお腹がすかないのか、よく食べ残しているのに)、それでも一回りほども大きくなってしまった。
多分5キロは超えただろう... (-"-;)

人の体の上(何処でも可)が定位置のまぉだけれど、体に感じる重みも、保護した時に比べると、ずっしり...(汗)

“ 小柄 ”(だった筈)なまぉにぴったりサイズだったケージも、今ではすっかり狭くなり、トイレを使用する時にしか出入りしない。

そもそも短めだと思っていたあんよと相まって、すっかり “ ずんぐりむっくり ” に... (T-T)



隔離されている猫部屋でしか動き回る事ができないとはいえ、猫部屋には飛び乗るのに丁度いい高さの家具も沢山ある。

実際、びびが一階に降りてくる事ができず、猫部屋の主だった頃は、常に一番高い箪笥の上が定位置だった。
(お陰でびびは、我が家に来てから殆ど体重の増減が無い)

その気になれば、ケージの上に飛び乗って、窓から外を眺めたりもできるはずなのだけれど...
本猫、全くやる気なし。(^^;; (まぉの跳躍は目撃皆無)


こんなに猫として、やる気の無い猫でいいんだろうか...?
一日の殆どを猫ベッドで過ごす猫。
イラストによくある “ 眠り猫 ” を地でいってるよ?



その真ん丸ぶりから、つけられたあだ名が  
“ どすこいまぉ ”



益々お嫁行きが遠のいていく様な... (T▽T)


ツチノコ発見!!
s-DSCN0425.jpg

EDIT  |  15:07  |  保護動物  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。