2007年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.05.31 (Thu)

更に、その後のにゃん

自分のパソコンが殆ど立ち上がらない状態になってしまっているので、デスクトップで書いているのだけれど、キーボードの間隔が狭くて使い辛い。(T-T)



噛まれた手の方は相変わらず軽く腫れていて、物を握ると痛いのだけれど、その程度で済んで良かったのかもしれない。
夕べより悪化した様子は見られないし。 
頑張ってくれたみたいだね、私の身体の細胞たち。 (^^;;



カラー付きにゃんはというと、さすがに少しは麻酔の影響があったのか、それとも色々あって疲れたのか、夕べはあ゛おあ゛お騒がずに休んでくれた。 ありがたい。(T▽T)


心配していたカラーの影響も、毛繕いや首を掻く事が出来ない割には落ち着いていて、嫌がって暴れたり、無理やりはずそうとはせずに大人しくしている。
これもありがたい。


家ではこうなのに、どうして病院にいくとああも豹変しちゃうんだろうなぁ~
正に字の如し。 “ 豹変 ”   にゃんの為にある様な言葉だ。(^^;;




大人しく寝ているにゃんを撫でていたら、頭の上にしこり発見。
よく見ると、切り傷が固まっている模様。
あぁ、こんなところも切っていたのね~ (-"-;)


くっついちゃっているみたいだけれど、大丈夫かな? 深くはなかったかな?
化膿止めを飲んでいるから大丈夫とは思うけれど。



ガラス、粉々になってなくて良かったよ...
傷口になんて入り込んでたら、全部を見つけるの、困難だったかも... (-"-;)



縫われた部分
s-DSCN3046.jpg



更に拡大
s-DSCN3047.jpg

スポンサーサイト
EDIT  |  15:40  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.30 (Wed)

その後のにゃん

エリザベスカラーをつけたにゃん。
どうも動きが怪しい。


“ 出来るだけ寛げる様に ” と、母が善意で用意した物、すべて不発。(T-T)
そして、それらはびびが寛ぐ場所に... (T-T)



にゃんはというと、寝そべりもしないで、影の方からじっとこちらを見ている。
あぁ、そうですか。 母ちゃんは不審者扱いですか。(T▽T) アハハ...



毛繕い好きなにゃんが、まったく体を舐められないストレスは相当なものだと思う。
視界は狭いし、あちこちにカラーがぶつかるし。

(猫って普通、頬から分泌されるフェロモンを家中にこすりつけながら歩くのだけれど、それがカラーのせいで上手く出来なくて、がつんごつんとぶつかるらしい)



足でカラーを引っかく音や、ふらふらとあちこちにぶつかる音が耳から離れない。
早く縫った所がくっついてくれないと、母もストレスだよ~ (T-T)
カラーが邪魔になって普通の生活が送れないから、トイレや食事の補助も必要だし。




にゃんも辛いだろうけれど、母も辛いです... (ToT)



s-DSCN3043.jpg

EDIT  |  22:29  |  事件  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.30 (Wed)

続 色々とあった日

やれやれと落ち着いて腰を下ろし、のん気に寝ているにゃんを撫でていたら。



あれ? 頬のところ、切れてる...
切れてる、と言うより、えぐれている感じ。


s-DSCN3012.jpg




そうか...
割れたガラスに頭を突っ込んで、何とか外に出ようとしたんだな... (-"-;)




くっつき始めている様には見えるものの、悩んだ末、念の為病院へ。



結果、傷が思いの外深く、真皮の下、筋肉まで達していた為、化膿させずに早く治すには出来れば縫った方が良いとの診断。



ここまでの診察で、暴れに暴れたにゃん。
(くっつき始めていた傷を確認の為開いたので、痛くて怖くて必死だったと思うのだけれど)
傷が目のすぐ下で、これ以上は危険なので麻酔なしでは無理との判断。



“ どうしますか? (縫わずに自然治癒を試みるか、麻酔をして縫うか)” と訊かれ、考えた末、「 宜しくお願いします 」 と先生にお任せした。


しかし、“ 先生もよくこんな子を、放り出さず受け入れてくださっているなぁ ” と申し訳なくなる位の暴れっぷり。( 他の病院では受け入れ拒否 )
その威嚇は、生粋の野良の子と比較しても全く引けを取らない。



更に、治療の為、洗濯袋に入れようとした母の手をマジ噛み。Σ(|||▽||| )ギャー!!
指が痺れ、手に力が入らなくなり、脂汗が出る。


それでも、“ この子は私の家族だ、私がやらないで誰がやる! ” と気力で保定を維持。



その時は必死で、痛みどころではなかったけれど、やっと袋に入れることが出来、改めて自分の腕の傷を見た途端、吐き気がこみ上げてきて、病院のトイレで吐いてしまった。
結構ショックだったんだな。



どんなに家猫として暮らし、懐いていて大人しい様に見えても、動物は根底に、危険から身を守る為の野生の本能を持っている。
それを改めて実感した。



すぐに流水で流し、病院のテープで止血して頂いたけれど、“ これは腫れるかも? ” との事。
更に、手首側に蹴られたらしい大きな長い引っかき傷まで...




何か、別な意味に取られそうなんですけど... (T-T)




それでも、麻酔で眠らされたにゃんが、傷口を開かれ、そこを生理食塩水で洗い流されているのを見ると、そっちの方が痛くて...
涙が出そうだった。(T-T)



何をされてもぐったり動かないにゃん。
そんなにゃんをみるのは怖いよ。



幸い、麻酔が弱めだったのか、30分程で目を覚ましたにゃん。
勿論その時にはすっかり治療は済んでいて。
暴れるといけないと、爪もかなり短くされていた。(^^;;


s-DSCN3023.jpg
すっごい目つき悪いし。




帰りの車の中では、目は覚めているものの、酔っ払いのようにふらふらしていたにゃん。
それなのに、家に帰り着くなりご飯をねだる。
病院の先生の話では、今夜一晩くらいはふらふらしているということだったのに。
(実際、歯石取りで麻酔をした時のびびはそうだった)


今夜一晩くらい、大人しくしてくれても良かったのに。(^^;; 
(母も今夜くらいゆっくり寝たいよ) (T▽T)



バンドの練習から帰宅した今ではカラーのせいで、挙動不審になってはいるけれど、ごく普通に元気。
っていうか、普段よりも頻繁にご飯食べてるし。 
びびの分まで横取りなんて、非常に珍しい。(^^;;


s-DSCN3024.jpg




噛まれた付近の関節は腫れても、バンドの練習だけは休まない。(^^ゞ
手のせい(かどうかは謎)で不完全燃焼だったけれど。(^^;; )


同じく、パソコンのキーも打ち難い。
膿まないで、早めに関節の痛みが引いてくれればいいけれど。



あぁ、今月は病院代がかさむなぁ~ (T-T)
保険に入っていたおかげで半額ですんでいるけれど。
貰ったばかりのバイト代が飛んでいく... (T△T)



s-DSCN3034.jpg






どんなに懐いている動物でも危険が伴う場合はあります。
警告と、自分自身への戒め、教訓として画像を載せますが、気持ちのいいものではないので、見たくない人はスルーして下さい。
EDIT  |  21:34  |  事件  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.30 (Wed)

色々とあった日

先日、外出許可も出ていないのに、勝手にお出かけし、お外の風を満喫してきたにゃん。



一度味わってしまった自由は何物にも替え難い魅力だったらしく、毎日、昼となく夜となく、玄関先でドアノブをガチャガチャ、
お外に向かって “ んあ゛~! あ゛お゛~!! う゛あ゛~~ん!!! ” と、近所迷惑なことこの上ない。
(特に深夜から朝方にかけて)



玄関先でいくら騒いでも埒が明かないとみると、わざわざ家族が寝ている部屋に来て、おもむろに障子をバリバリやりだす。


その破壊音にぎょっとして飛び起き、障子からにゃんを引き剥がす母。
そんな事が十数回続き、寝たのだか寝てないのだか分からない様な感じで、ボーっとしたまま朝を迎える。




“ 昨夜はかなりひどかったなぁ~ ” なんてぼんやりした頭で考えていたら、玄関に新聞を取りに行った父ちゃんの “ あぁっ!? ” という叫び声。



見に行くと、なんと玄関ドア脇のガラスが見事に破られていた。


s-DSCN3002.jpg




傘立ての上に上って、ドアノブを開けようとしていたんだね。
で、バランスを崩して傘立てが倒れ、ガラスが割れた、と。 (T▽T)



ガラス割りなんてとこまで息子Bと似なくてもいいのに。(..)




犯人は必ず現場へ戻るという
s-DSCN3004.jpg




s-DSCN3007.jpg




s-DSCN3008.jpg




s-DSCN3009.jpg




ガラスの方は、良い業者さんが迅速丁寧に作業してくれたおかげで、午前中には元通りになった。
しかもボランティア価格! 業者さん、ありがとう。(T▽T) 地獄に仏。



しかし、これで一安心と思ったのもつかの間。
本当に大変なのは、これからだった。


続く。(^^;;
EDIT  |  21:13  |  事件  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.29 (Tue)

直ったはずが...

パソコン、めちゃめちゃ調子悪いです。(T△T)

最後まで立ち上がらないうちに電源が落ちてしまいます。ナゼ?


一応、いつものノートではなく、サブマシンのデスクトップがあるので、ブログを書こうと思えば書けるのですが、こっちには日々書き溜めた下書きメモがなく...


もうしばらく更新が滞りそうです。m(__)m



20070614101924.jpg
職場の別嬪さん、いつの間にかお母さんになってました。(^^)
記事とは関係がないけど、かわいいから貼り付け。 (^^ゞ

EDIT  |  11:15  |  私事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.27 (Sun)

相撲 春季地区予選

今日は、息子Aが出場する相撲の大会の地区予選の日でした。


s-DSCN2968.jpg




昨年は雨の中、どろどろになりながらの初土俵だった訳ですが、今年は天候に恵まれ、暑い位の日差しの中、試合が行われました。


年々参加校が減っているのが寂しい限りですが、この地区は道場が二つあり、頑張っている子は多いのです。


我が息子の様に、試合だというのに緊張感なく、ふらふらしているお気楽な奴とは違い、真剣に相撲に取り組んでいる子達は迫力が違います。
大人顔負けの熱いぶつかり合いに、ついつい声援も大きくなります。(^^ゞ


s-DSCN2970.jpg
息子Aも団体戦、及び個人戦に出場しました。(^^)



我が校Aチーム、昨年春季、秋季に引き続き、団体の部優勝! 
(息子AはBチーム)(^^;;
個人戦では振るわなかったものの、体格的に見劣りする息子Aがなんとか全敗を免れ、ほっと胸を撫で下ろしました。(^^ゞ


s-DSCN2985.jpg



どうしても他の子に比べ、体の線が細い息子。
粘りは負けていないのに、最後の押しと力が足りない。
それでも、粘って粘って、ようやくつかんだ1勝に、母は思わず泣きそうでした。(T▽T)


どんなスポーツでも、真剣に取り組む姿からは多くの感動を得る事が出来ます。
頑張った息子A、また一つ大きく、頼もしくなった様に思います。(^^)


EDIT  |  21:55  |  非日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.25 (Fri)

再びバラバラ

あまりにも画面のチカチカがひどく、電源供給も不安定なので、またまたお助けマンT氏に泣きついて、パソコンを見ていただきました。

前回同様、あっという間にバラバラにされていくパソコン。
これで、ちゃんと元通りに使える様になるから不思議だ...


結果。
電源コネクタの部品が割れてぐらついていたのが原因らしいです。


“ どうしようかなぁ~? ” と首をひねっていたT氏。
なんだかんだと言いつつ、持ち前の器用さと技を駆使してしっかりと直して下さいました。

T氏がいなかったら、今まで、このパソコンの修理にいくらかかったでしょう?
毎度毎度恐縮ですが、助かりました~! m(__)m


それにしても...
何で、こんなに頻繁に壊れる? 私のパソコン。
そんなに雑に扱っているつもり、ないんだけどなぁ~...? (T-T)



もう、これで最後にして下さいよ... オネガイネ!



今日の心のBGM  「 Charged Particles 」  
Chick Corea Electric Band
EDIT  |  17:07  |  私事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.24 (Thu)

ワクチン接種

パソコン、またまた不安定になってます。 画面チカチカいってます。
今もいきなりぶつっと切れました。(T-T)



さて、今日は、びびさんのワクチン摂取に行ってきました。


いつもは事前に葉書が来ていたので、“ あぁ、そろそろだな... ” と確認できていたのですが、今年は何の音沙汰もなく、保険の更新手続きの書類で初めて、“ あれ? 去年は5月17日にワクチン打ってる!? ” と気がつきまして... (汗)


ワクチンの説にも色々ありまして、びびがお世話になったボランティアさんや、とあるサイトさんでは、“ ワクチンの抗体は1年以上持続する ” ということで、毎年の摂取はしない様なのですが、びびの場合、慢性鼻気管炎を持っていて、常に涙目なので、少しでも抗体が下がったらまずいかな? と思い、3種混合ですが毎年摂取しています。

(“ フェロセルCVR ” という、副作用がないとされている不活化ワクチンを毎年打っていただいています)

打てるときに打っておかないと、何かあって打てなくなってしまったら困るし。
そろそろご飯も買いに行かなくちゃいけなかったしね。 
きっちり一ヶ月で3.5キロがなくなるわけですよ。 
すばらしい配分だね。 お見事! (T▽T)


そんなこんなで病院に行った訳ですが。
(今日はにゃんはお留守番。 お外暑かったし)
あまり外出がないびびにしては割と冷静で、小さな声では何度か鳴いたものの、何の前触れもなくキャリーに押し込められて連れ出されたとは思えないほどお利口さんにしていてくれました。 
母ちゃんが隣にいるという安堵感があったのかな? (^^ゞ

なので、スムーズに事は運び、問診、体重測定(4.28キロ。前回より0.22キロ減少)、検温、そしてワクチン接種とあっという間に終わりました。(^^ゞ 
ほんと、あっさりと。


にゃんと違って、女の子組は楽でいいわ~♪ (^^;;


家に着くなり、
“ はぁ~ 疲れたわ~  早く撫でて~! ” 
とばかりに、のび~っとしてごろんごろんを始めるびび。 いつもと全く変わらず。
つ、強い... (^^;;  年々逞しさがアップしていってるね...


ま、まぁ、元気なのが一番なのですけれどね。(^^;;



そして、小さな子供の様に、足元にぺったりくっついて眠っているびびさん。
コタツ布団を枕にして。 かわええ... (*´Д`*)



次は、お盆前のにゃんか...(遠い目)
お手柔らかに頼むよ... 



s-DSCN1593.jpg

EDIT  |  21:32  |  病気?  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.23 (Wed)

屋根の上の追跡 再び

先日の逃走劇があってから、ベランダ開放も禁止しようと、比較的落ち着いているびび以外はベランダへ出さないように注意をしていた。

にもかかわらず。
洗濯物を干しながら、ちょっと目をやった西手の屋根から、


なぜかにゃんの顔がひょっこり。  Σ(|||▽||| ) ウソッ!


ぎゃー!!! Σ(T△T)
再び、慌てて追いかける母。

屋根の上でスカートが翻っていたけれど無視!
事は一刻を争う!


前回同様、猫部屋の窓から屋根に降りたのだけど、そんな私をあざ笑うかの様に、どんどん下に下りていくにゃん。
しかも、私の手の届かない狭い隙間に入っていっちゃう。 (ToT) オーノー!

さすがに、玄関の真上のひさしに足を下ろした時は、母の重みで踏み抜けちゃうんじゃないかとドキドキ。 
心臓に悪いよ... (T-T)


何とか保護に成功して、今は家の中でうぎゃうぎゃ言ってるけど。
全く、お前は忍者か!!  (▼皿▼)σ
(確かに黒装束着てるけど。 覆面だけど)


なんだか、にゃん... 
君、この追いかけっこ、結構楽しんでるみたいだね... (T▽T)


お外に出すわけにはいかないので、すみませんが、こんなもので勘弁してください。
s-DSCN2942.jpg



えーと、それ以上はいけませんよー ( ̄ー ̄;)
s-DSCN2941.jpg




今日の心のBGM  「 Over The Top 」  Cozy Powell

EDIT  |  21:00  |  事件  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.19 (Sat)

脱走の後遺症

注 : これは、5月16日の話です。




先日の外出が、思った以上に楽しかった様で、にゃんはあれから、ますますお外熱に拍車がかかってしまった。(T-T)

玄関先であぉあぉと、誰かが傍を通る度に “ 出して! ” と粘っている。
そんなにゃんを見ているととても切ない。

“ やっぱり、家に閉じ込めておくのは、ただのエゴでしかないのかなぁ... ”
そんな風に思えて、悲しくなってしまう。


お日様の降り注ぐ中、草の匂いを胸いっぱいに吸い込んで、自分の足で土の感触を確かめたいんだね...
何に縛られる事なく、何に遮られる事なく、興味のある方向にどんどんと走っていって、色々な体験をしたいんだね...


まぉとびびは、女の子だからなのか、外に出たいという欲求が殆どない様に見える。
家の中で、ひたすら人に甘えているだけで満足している様だ。

でも、にゃんは違うんだね。
猫としての本能、刻み込まれた遺伝子が、お外で逞しく生きていく子のそれだったんだろうね。


それでも、除草剤をまかれた草地、車が頻繁に走る道路、様々な外猫、といった環境を考えると、やっぱり外に出したくはない。
それは、私の感情論であって、にゃんの幸福とは程遠いものなのかもしれないけれど。



せめても、と思い、洗濯物を干している間、ベランダを開放してあげた。
草の上で転がりまわる事は出来ないけれど、風を感じることぐらいは出来るよね?



いつもなら、睨みを利かせて、時々、“ にゃん、だめよ! ” と声を掛けるだけで良かった。
でも、にゃんのお外熱は想像以上に高かったらしい。


あっという間に柵の間をすり抜け、西手の屋根の上に飛び移ってしまった。


ぎゃー!!!  Σ(|||▽||| )
慌てて追いかける母。


猫部屋の西窓から外へ出ようとして、足場にしたカラーボックスの板を踏み抜いてしまったけれど、そんなことかまちゃいられない!

屋根の上を追いかけ、西手から北側にぐるっと回って、ようやくつかまえることが出来た。


改めて見ると、屋根の上って...  結構高いかも...? (T▽T) アハハー


東手の小さな屋根に飛び移られなくて助かったよ。 ε=( ̄。 ̄;A 
さすがにそこまでは追いかけていけない。



まったく、油断も隙もない! s(▼ヘ▼;)ゞ
ベランダでの日向ぼっこも、当分の間禁止!



s-DSCN2848.jpg
何事もなかったかの様に平和に寝てるし... (T▽T)


今日の心のBGM  「 Red Zone 」  Casiopea “ Euphony ”
EDIT  |  23:32  |  事件  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.18 (Fri)

母の日

母の日と言われる5月13日、私は仕事でした。


この日はそれぞれの母親にお礼の気持ちを贈る日で、自分は一応母ではあるけれど、毎度華麗にスルーされて終わりだったので、“ 男の子なんて、そんなものだ ” と特に気にも留めずにいました。


ところが、今年は少し勝手が違っていました。


家に帰ると息子Bが、「お母さん、はい、これ」 と赤いカーネーションを手渡してくれました。

息子Aは、手作りのプリン(卵と牛乳を蒸した本格的なもの)を一生懸命作っておいてくれました。
それにとても甘いキウイを自ら選んで買い求め、それを丁寧に剥いて出してくれました。



昼間、皆で買い物に出た先で、父ちゃんが、

“ 今日は母の日だから、これだけの予算をあげるから、自分たちでよく考えて、お母さんが喜ぶ様な贈り物をしよう ”

そう言って息子たちを促してくれた様です。


父ちゃんの暖かな気持ちも嬉しかったし、“ お母さんの喜ぶものを ” と、真剣に考えてくれた息子たちの優しさ、成長もとても嬉しく思いました。

その思いが、どんな高価な物にも勝る、豪華なプレゼントだよ。



みんな、とっても素敵な母の日を、どうもありがとう。(^^)


s-DSCN2466.jpg



今日の心のBGM  「 We Can Fly 」  チューリップ

EDIT  |  22:40  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.17 (Thu)

気がついたら

注 : これは、5月9日の話です。




気がついたら、にゃんの気配が家の中から消えていた。


とても暑かったので、家中の窓を開け放し、網戸にしてサッシロックで留めていた。
我が家の猫たちは皆、網戸を破って逃走したりはしないので、つい気が緩んでいた。

お風呂場の網戸だけ唯一、冊子ロックがついていないのだけれど、きっちり閉めておけば大丈夫だと鷹を括っていた。


...しかし、どんなドアでも勝手に開けてしまうにゃん。
彼は、網戸の開け方を忘れてはいなかったのだ。

やけに家の中が静かだなぁ~と思って、はっ!と気付いた時には既に遅し。
お風呂場の網戸が開いていて、家の中には、にゃんの姿はどこにもなかった。


慌てて外に飛び出し、大声で名前を呼びながら走った。

道路に飛び出して轢かれたりはしていないだろうか?
他所の猫に苛められたりはしていないだろうか?
悲惨な想像だけがどんどんと膨らんでいく。


ぐるりと家の近所、半径500メートル以内(に大抵、逃げた猫がいるらしい)を探してみたけれど、どこに潜ってしまっているのか、全く見当たらない。
そりゃそうだよね。 猫が隠れる場所なんて、五万とあるよ、この辺りは。(T-T)


意を決して、裏の藪の捜索開始。
毛虫の時期にはまだ少し早かったらしく、なんとか潜入成功。


藪を奥の方に、各家の裏を進んでいったら、50メートル程前を横切る二匹の影。


そのうちの一匹は、にゃんだ!
にゃんが、他所の猫を追いかけてる!


“ にゃーん!!! ” 大声で名前を呼ぶ。
大声で、しかも怖がらせないようにごく普通に呼ぶっていうのはほんとに難しい。
それでも、怖がらせてしまったら逆に逃げられてしまう。

にゃんともう一匹は追いかけっこをしたまま、他所の家の路地に入っていった。
慌てて追う母。


路地を覘くと、先の方で止まっていたにゃんと目があった。
「 にゃん、おいで! 」  必死で呼びかける。

う~ん、どうしようかなぁ~?
一瞬、考え込んでいた風だったけれど、ある程度遊んで満足していたのか、すんなりと寄ってきて腕の中に納まった。
あぁぁ、よかったぁ~ (T▽T)


家の中につれてきて、玄関を閉めて、やっとホッとする。
気持ちはぐったりだけれど、悪い虫がついているかもしれないから、そのままお風呂場へ直行。

お楽しみの後には、こういう事が待っているのだよ。Ψ(`∀´)Ψケケケ  
ちょっと意地悪? (^^ゞ


しかし、何故に家庭訪問やバンドの練習がある、週の中で最も忙しい日に、にゃんの捜索や丸洗いを予定に組み込まなくてはならないのだろう...?

まぁ、帰ってきてくれたから言える愚痴だけどさ。



...ほんと、無事に帰ってきてくれて、よかった。(T-T)


沢山遊んで満足満足♪ (^^)
s-DSCN2849.jpg




今日の心のBGM  「追え!!」  爆風スランプ
EDIT  |  21:34  |  事件  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.16 (Wed)

My Birthday♪

G.W最終日は、私の○回目のBirthdayでした。 (^^ゞ


誕生日とは名ばかりの、一番不穏で混沌としていた日だったのですが、一応ケーキは食べました。 (^^ゞ

猫さんがかわいいでしょ? (^^)
s-DSCN2837.jpg



混沌も、夜9時を過ぎる頃には何とか解消され、ちょっと開放感に浸ってぐったりしてました。 (^^;;

でも、大人数で食べたケーキは美味しかったし、私は元気だし、それで十分だよね? (^^)


さて、年を重ねた新たな一年、気合入れていきますか!!
┏( ̄へ ̄)┛ ガッツ!


s-DSCN2842.jpg



お祝いして下さった皆様、この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。m(__)m アリガトー!



今日の心のBGM  「 だいじょうぶ 」  遊佐未森
EDIT  |  22:30  |  非日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.16 (Wed)

G.W

G.Wは家にいるか仕事でしたが、1日だけ家族と遠出をしました。


日本三大(こういうの、ありがちですけれどね)石仏に数えられているという国指定史跡の摩崖仏を見に、海沿いの方へ約2時間のドライブ。
(ドライバーは母。 だって酔いそうだったんだもん) (^^ゞ

まだまだ、近隣にこんなところがあったのですねぇ~  (・◇・ )ホォー
今はパソコンで何でも細かく調べられる。 便利な世の中になったものです。 (^^ゞ


これは、石窟に続く石段途中に生えている、伝承では樹齢1000年と言われている大杉。
こちらも県指定天然記念物になっています。

s-DSCN2675.jpg



現界と異界との境界線の役目をしているのでしょうか?
足を踏み入れると、そこからがらっと空気が変わるのが分かります。

s-DSCN2687.jpg



さすがに恐れ多くて、摩崖仏にカメラを向ける気にはなりませんでしたが、気になる方はこちらをどうぞ。


大蛇伝説がある山の中を散策中、山の神様の祠付近で綺麗な花を見つけました。 (^^)
s-DSCN2692.jpg



しかし、そんな場所ばかりでは子供たちも皆飽きてしまうので、SLマニアの息子の為に、展示SLがある場所へも立ち寄りました。

s-DSCN2745.jpg



更に子供たちの為に(母にとってはおまけ)、こんな所へも行きました。


息子たちのお目当ては、丘陵地エリアの “ わんぱく城 ”
その手前にも別なアスレチック遊具があります

s-DSCN2782.jpg


日本最大級のチューブ型滑り台や、最大傾斜75度のフリーフォール。
大人でも一瞬躊躇してしまう程のスリルです。 しかも無料! (^o^)v
高所恐怖症の方、ご注意!!


こんな感じ
s-DSCN2793.jpg



s-DSCN2799.jpg



一番最初に滑り降りた(落ちた?)のは、勿論チャレンジャー、息子B。
一度滑れると、そのスリルにはまったのか、克服した達成感からか、何度も何度も落ちていました。(^^;;

s-DSCN2805.jpg



息子Aに言われて母もチャレンジしました。(^o^)v
これは子供にはかなりのスリルでしょうね~
でも面白いかも。 はまりそう。(^^ゞ
続いて父ちゃんもチャレンジ。

幼い甥っ子姪っ子でさえ、大人の手を借りたとはいえちゃんとクリアできたのに、へタレなAはとうとう最後まで滑る事はありませんでした。
(残念!!)


そんなわけで、お金は掛けていないけれど、遊び倒して満足し、充実した一日でした。(^^)
EDIT  |  22:29  |  非日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.16 (Wed)

ホームステイ中

くぅが我が家にいた日々の画像を...


これはくぅです。
まぉではありません。 (^^;;

s-DSCN2642.jpg



こっちがまぉ。  違いが分かるかな? (^^;;
s-DSCN2615.jpg



ちなみにこれは、職場の子。 (^^ゞ
s-DSCN2480.jpg



くぅは、母が寝泊りしていた子供部屋に、常にリードで繋がれた状態で過ごしています。

さすがに、数日預かるだけなのに開放してしまったら、家の中の秩序が乱れて、にゃんとびびの精神的ダメージが大きいと思っての処置なのですが、一定の場所以外は移動できないことを知っているにゃんとびびから馬鹿にされて、ちょっとかわいそう。

おかげで、大きな混乱や怪我もなく、無事にお預かり期間を終われそうですが。

前にも何度か、顔をあわせているしねぇ。
お泊りは初めてだったけれど。 (^^;;


ちなみに、こんな風に過ごしていました。


ベランダから見下ろすの図。
おいおい、リードついてるし、飛び降りないでよね~ (^^;;

s-DSCN2634.jpg



にゃんと同じでスリムボディの持ち主。 でもにゃんより筋肉質。
なかなかハンサムなんですよ。

s-DSCN2644.jpg



のびのび日向ぼっこ。
s-DSCN2645.jpg



忍び寄る白い影。 こ、怖い...((((;゚Д゚))))
s-DSCN2650.jpg



あまりの迫力に、既に逃げ腰のくぅ。
s-DSCN2654.jpg



一触即発の険しい雰囲気。
漂う緊迫感。 (^^;;

s-DSCN2653.jpg



ふん! 相手にもなりゃしないわね!
s-DSCN2647.jpg
びび姐御、どうぞお手柔らかに... (T▽T)


猫が4匹になっても、常に勢力図のトップはびび。
そして、にゃんはというと、誰も怖がるものはなく、大抵自分と同じレベルか、それ以下と舐められてしまう様です。
男の子なのに...  不憫なにゃん。(T-T)




EDIT  |  21:48  |  他家の動物  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.16 (Wed)

運動会

随分と日が経ってしまったけれど、一応、忘れないうちに運動会、その他の事を書いておこうかな。(^^ゞ


4月28日は息子たちの小学校の運動会でした。


学校が始まって半月程度での運動会実施は早すぎるのでは? と毎年思うのだけれど、今は昔に比べて競技自体も減っているし(各学年2つ)、その後に詰まった学習内容を消化していくためには仕方のないことなのかな。

でも、ダンスも組体操もないし、見所に欠けるのよね。 (^^;;
競技内容も毎年同じだし。 
学年によっては、午前中の最初の方に競技が終了してしまい、あとは午後の出番までずーっと他の子を観戦、という場合も...
我が家は息子Bがリレーの選手なので、辛うじて間延びしないで見続けていられるけれど。


今年は、息子Aが応援団だったり、

s-DSCN2489.jpg


5年生騎馬戦での大将だったり、
(運良く勝って、勝旗を頂く事ができました)

s-DSCN2541.jpg


個人競技の短距離走で、息子Aが2位、息子Bが1位と健闘し、応援にも熱が入りました。(^^ゞ


そして、息子Bの出る低学年リレー。
いや~ 燃えました~! (^^ゞ

s-DSCN2525.jpg



生憎の天気で、途中雨にも降られてしまったけれど、幸い競技を削ることなく、6年生の最後を飾る鼓笛パレードも無事に行われ、終わってみれば良い運動会でした。(^^)


その後、すぐに仕事に向かわなくてはいけませんでしたが。(^^;;


更に、仕事から帰ったら、何故か家族が倍に増えていましたが。(^^;;



...この日が混沌の始まりでした... (T▽T)
EDIT  |  21:13  |  非日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.05.15 (Tue)

混沌からの脱出

またまた更新の間が開いてしまいましたね。

しばらく遠い所に旅に出ていました。


...すみません、嘘です。(気持ちとしては本当にそんな感じなのですが)

どちらかというと、ほぼ引き篭もっていたというのが正しいでしょうか。(^^;;



何故かG.W初日から、急に実母と姪甥、更にくぅまで我が家で預かる事になりまして...
ずっと7人と4匹の、大家族の母ちゃんをやっていました。(^^;;


そもそもの発端は、6月末に出産予定の姉が、姪甥の入学、入園後に切迫早産で入院し、今も退院の見通しが立たない所から来ているのですが、姉の所に手伝いに行っていた母が風邪を引き、色々とあって我が家に助けを求めてきたのでした。 
それもいきなり。 有無を言わさず。 既に荷物を持って。


てんやわんやで過ごしたG.W後、小学校と幼稚園の姪甥は一度自宅に戻りましたが、風邪の治りきらない母はそのまま我が家で療養、週末は姪甥が再び戻って来ていたので、中々パソコンの前に座る時間が取れなかったのです。


昨日、やっと咳の治まった母が、くぅを連れて戻りまして。
週末にはまた姪甥が来ることになるのですが、しばし小休止の時間がもらえました。(^^ゞ


5年生の息子Aを筆頭に、3年のB、1年の姪、年中の甥と、綺麗に2才ずつ離れた子供達が狭い家の中でひしめいていた訳ですが。
つくづく、“ 4人兄弟のお母さんは凄いな~ ” と思いました。


混沌とした中には、息子たちの運動会があったり、自分の三十ン歳の誕生日もあったりしたのですが、それは後にゆっくりアップします。



とりあえず、“ 生きてはいますよ~ ” って事で。(^^;;



s-DSCN2557.jpg
子どもたちを連れて出かけた某所。
この後、甥っ子が池に落ちました。 (^^;;



今日の心のBGM  「5月の草原は愛に包まれて」
服部克久 “ 音楽畑 5 ”
EDIT  |  23:22  |  私事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。