2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.08.19 (Fri)

進展

今日は朝から素敵なシーンを目撃した。(^^)

夜もみんなと一緒に寝室で過ごすようになったびびが、起きだしたにゃんの横をすり抜けざまに、横顔をぺろぺろと舐めた。

“ あ、また頭を叩かれるな ” と思ってはらはらしながら見ていたら、意外にもにゃんも、お返しにとばかり首筋をぺろぺろ。
それでも疑い深い母は、いつガブッといくかとドキドキしていた。

しかし、とうとう最後まで、“ ガブッ! ” も“ バシッ☆ ” もなかった。

おぉ~ お前達、いつの間にそんなに進展していたんだい? 
母は嬉しいよ~ (T▽T)
今年の冬は、猫団子が見られるかな? ワクワク (^^)


“ chu! ”
s-DSCN3902.jpg




... などと喜んでいたのもつかの間。
洗濯物を取りにいったら、またまた、また洗面所に水が溢れていた。
( 犯人は言わずと知れた... )
洗濯の度に水浸しじゃ、やってられませんよぅ~! (T-T)
お願いだから、排水ホースで遊ぶの、やめてよ~! (ToT) 

【More・・・】

朝から既に力尽きそうになりながら、にゃんを連れ病院へ... (T▽T)

ドライブ大好きのにゃんは、“ いくよ! ”と声をかけると、いそいそとついてくる。
車に乗り、さぁ楽しいドライブ、と思いきや、何故かにゃんが大鳴き。
走っている間中もの凄い顔で鳴き続けている。
暑いのかと思って窓を開けても、エアコンを入れてもだめ。 こんなに鳴くのはまだ車に慣れていなかった子猫の頃以来だ。 
一体どうしてしまったんだろう...?

それでも、何とか無事に病院に辿り着いた。
前は待合室に入るなり、“ シャァーッ!!! ”っと威嚇の嵐だったけれど、今日は他の動物の姿がなかったためか、比較的落ち着いていた。

しかし、診察室に入り、キャリーの蓋を開けるや否や、
“ シャァァーーー!!! ” とものすごい形相で母の肩に飛び乗る。 挙句に先生に噛み付こうとする。

... 毎度毎度、先生も看護士さんもすみません... (T-T)
にゃんが何か大きな病気をしたら、一体どうすればいいんだろう...? 
考えたくない..

にゃんもびびも、家では殆ど威嚇をしないので、たまに猫の本能剥き出しの状態を目にすると、正直母もかなりビビる。
しかし、この状態になったにゃんを押さえられるのは母だけなのだ。
背中に立てられた爪の痕が痛かったけれど、何とかなだめて抱きよせた。
必死になってしがみつくにゃん。

それでも、さすがその道のプロのお二人。 ものの数分でワクチン接種は終わった。
やった~! これで一年は安心していられるぞ~! (T▽T)

帰りの車では、まるで憑き物が落ちたかのように、いつも通りの穏やかなドライブ猫に戻っていたにゃん。 行く時は病院へ向かってるって分かっていたのかな...?  いつもの買い物とは方角が違うもんね。

家に戻り、何事もなかったかのように、お気に入りの場所でごろりと寝そべるにゃん。
お疲れ様でした~! m(__)m

それにしても...
キャリーに入れるのは大抵病院に行くときだけだから、“ キャリー=病院 ” と既にインプットされているかもしれない。 何かあったときにキャリーを使うのは大変そうだな... (^^;;



もう びょういんにはいかないよ
s-DSCN2542.jpg

スポンサーサイト
EDIT  |  20:49  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。