2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.12.14 (Wed)

減点より、加点

唐突だけど、減点法よりも、加点法がいいと思う。

そういう意味からすると、一目惚れにはあまりいいイメージを持てない。
( 一目惚れされることなんか有り得ないという僻みからきているわけではないです、念の為 )

猫にも人にもいえると思うのだけれど、一目惚れで、中身もよく知らずに、外見だけで全体のイメージを勝手に作り上げてしまうと、後々、“ こんなはずではなかった ” とがっかりする事につながる。

自分で描いたイメージ通りだった場合はいいとして、そうでなかった場合、時間の経過と共に、些細な事が目に付き、鼻に付くようになり、最初は10点満点だった評価が、事あるごとにどんどんと減点されていく。

減点が続き、残りの点数が無くなってしまうところまでいくと...
折角の縁そのものが壊れてしまう。

人間はもしも一つの縁がだめになっても、新たな縁を自力で探す事が出来るけれど、猫や犬はそうはいかない。

“ こんなはずじゃなかったのに... ” と、愛情を注いでもらえず、放置されている例を沢山知っている。
イメージ通りじゃなかったと、捨てられてしまったり、挙句に保健所に持ち込む人まで...

そんな悲しい事にならないように、最初から過度の期待はしないほうがいいと思う。
勝手にイメージを作り上げるのも厳禁。

理想のイメージを持つ事は、躾の上では必要だけれど、それを無理に当てはめ、出来ないからといって“ こいつはだめな奴だ ”と嘆くのは良くない。

最初は、“ ぱっとしないな... ”位のイメージの方がいいのかもしれない。
それが段々と色々な面が見えてきて初めて、

“ こいつ、こんな面もあるんだ ”
“ こんな事も出来るんだ ”

どきどき、わくわく。 興味がどんどん増していく。
最初は低かったはずの評価が、少しずつ上がっていく。
そんな中で、本当の関係が築けるのではないかと思う。


減点法で、常に厳しい目で見つめるより、加点方で、ちょっと気を楽に持ち、出来なくて当たり前、新たに良い面が見えたら大いに喜ぶ、といった方が、双方幸せなのではないかな...?
人も、猫もね。


この子も実は、保護した当初、あまり好みとは思えませんでした。
s-DSCN4855.jpg


今では我が家になくてはならない、スーパー王子です。(^^;;
s-DSCN4860.jpg


【More・・・】


にゃんとびびに対しては、加点方ができているのだけれど、息子達に関しては、中々減点法から足が洗えないのは何故だろう...?

やっぱり、自分と似ているからかな? (^^;;
スポンサーサイト
EDIT  |  11:32  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

いやぁ、ほんとに私がよく会う「挨拶猫」に似ていると、思わずコメントいたします(笑)
何と云うか、外見だけでなく、政客も似ている感じがします(笑)
ちなみに「挨拶猫」は、気位が高く、本当に挨拶を返すまで鳴き続けます。

減点法・・・
教師をやっていた私にはいつもジレンマを感じていた事です。学校での成績の出し方って、満点からの減点。
同じ視点で「人」を見ないようには気をつけてきたつもりですが・・・

人を見る時は、まず出来るだけニュートラルに見て、一つ一つの発見をプラスとかマイナスとかの「要素」としてみる・・・分析と言ったほうがいいかも知れませんね。そして、それを総合してみるとその要素がその人の特徴になっているだけだと考えるようにしています。

子供を見るとき、それが難しいのは、その分析に期待と云う感情が入ってしまうからでしょうね。自然なことでしょうけど・・・(笑)
霊能者の奥様 |  2005.12.18(日) 03:08 |  URL |  【コメント編集】

♪いらっしゃいませ!

いらっしゃいませ! (^-^)
コメントを残してくださって、ありがとうございます。m(__)m
ここ数日、ブログをお休みされていたので、体調でも崩されたのかと気になっておりましたが...
ご実家に足を運ばれていたのですね。
何事もなくて、何よりです。(^^)

やっぱり似てますか、うちのにゃんと挨拶猫さんは。
“ 政客が似ている ”とは、どういうことを言うのでしょう?
もっと深い部分が似ているという事でしょうか?

うちのにゃんは、私が育ての親の為、気位は高くありません (^^;; が、自分の意思を伝えたい時は、本当に雄弁に語ります。
特技が“ 人間誘導 ”というくらいですので。

もう一匹の猫、びびも、雄弁ではありませんが、控えめながら、訴えるように鳴きます。
二匹と会話が成り立っているようで、愛しさ倍増です。(^^)

息子達へ、ついしてしまう“ 減点法 ”、結局自分が大人になりきれていないからなのですよね。
自分と同じラインで物事を考えてしまうせいだと思います。
早く私が大人になってあげないと...(^^;;
にゃん・びー |  2005.12.18(日) 16:48 |  URL |  【コメント編集】

♪ゴメンナサイ

「政客」ではなく「性格」でした・・・(笑)
訂正したつもりだったのですが・・・ゴメンナサイ・・・

ところで、その挨拶猫の「性格」ですが、自分の意思を伝えたい時だけ雄弁なところも同じです。
挨拶したら、さっさと立ち去ってしまいます(笑)

自分を大人にしてくれる事って色々あると思いますが、「子供」は一番有効なようですねぇ(笑)
着実に、少しづつ、お互い「大人」になれるといいですね。
霊能者の奥様 |  2005.12.19(月) 02:22 |  URL |  【コメント編集】

♪そうでしたか (^^;;

そうですか、“ 性格 ”だったのですか... (^^;;
私はまた、自分の知らない専門用語だとばかり... (笑)

子供が親を“ 親 ”に育ててくれる筈なのですが、私の場合、一緒になって子どもぶりを競っていますからねー
いつになったら“ 大人 ”になれるのかな~? (^^;;
子供達の方が私よりも早く“ 大人 ”になってしまいそう... (汗)
にゃん・びー |  2005.12.19(月) 14:41 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。