2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.12.26 (Mon)

生き延びて

ここ数日、気温も低く、風の強い日が続いている。
夜になって風の音だけを聞いていると、家が壊れるのではないかと心配になるくらいの暴風だ。
外にいる猫達はどうしているだろう...?


23日~25日は仕事だったのだけれど、最終日の25日、仕事場で猫を見かけた。
まだ幼い猫だった。

誰かが開けたままにしていたらしい搬入口から施設内に入り込んできていて、気になって後を追ったら、その猫の他に3匹、誰が与えたのか、撒かれたキャットフードに群がっていた。
みんな、この秋生まれくらいの小さな子達だ。

訊く所によると、“ 前から姿を見かけてはいたけれど、この所、(数が)増えてきている ” らしい。
一体、誰が餌を与えているのだろう...?

私の派遣先は、お客様に飲食を含むサービスを提供する所なので、猫が多数周りをうろつくような状況はあまり良い方にとられるとは思えない。
しかも、施設内にまで入り込む所が、もしも上役の方にでも見つかったら...
保健所に通報されてしまうかもしれない。


その後、どうしても気になって、もう一度、外を覗きに行った。
撒かれたキャットフードは全てなくなっていたけれど、積み重ねられた機材の後ろで3匹が、折り重なるようにして丸まっていた。

茶白の子、白黒八割れの子、白ぶちの子...

寒いよね... 室内にいたって、暖房がないと寒いもの...
体を寄せ合って、寒さを凌いでいるんだね...

いっそ、みんな連れて帰ってきたかった。
でも、近寄ると逃げるそぶりの子を、全て連れて帰るのは難しい。
かといって、連れ帰れる子だけ連れて帰るのは、後に残った子が寒さに凍える事になるだろう。

結局、後ろ髪を引かれながら仕事を終え、帰ってきた。


25日が事実上の仕事納めだったので、その後、その子達の姿を見ていないけれど...
一体、どうしているだろう...?


今年の冬はいつもの年よりも寒さが厳しい気がするのは私だけだろうか...?
祈る事しか出来ないけれど、祈らずにはいられない。

どうか、生き延びて...

スポンサーサイト
EDIT  |  21:59  |  外猫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。