2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.01.13 (Fri)

一緒に寝たいの

まだ暗い朝方。

何かの気配に、ふと目を開けると、布団の上の顔の横に、びびが、恐る恐るといった感じでちょこんと座っていた。

その頃は寝相の悪い息子達は方々を向いていて、私の脇にはいない。
枕元が空くのを見計らって、そっと寄り添ってきてくれたのだろうか?

撫でると、猛烈な勢いでゴロゴロ言い始める。
ずっと、私が気がつくのを待っていたのかな...?

そっと布団をかけると、びくりと体を震わせるも、徐々に体を低くして、ぺったりと横になってくれた。

ふわふわの毛並みに頭を寄せる。 
あったか~い...


やっと一緒に眠れたね... (^^)

s-DSCN5559.jpg

もう、一人でいなくてもいいんだよ
いつでもお布団においで (^^)
スポンサーサイト
EDIT  |  23:59  |  日常  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

夜は寒くなりますからね、もっと布団に潜り込んで来てくれると心配じゃないんですけどね。
うちもびびは布団に入ってきますが、ぶぅは入っても10分くらいで出て行っちゃう(つд⊂)
暑いのかな?とも思うんですけど。
でも布団に入るとグルグルすごいですね~♪
そんで毛布を口に咥えてモミモミ。

びびちゃんもお布団の中までもう少しだね!
早くぬくぬく一緒に寝たいですね~。
ぶぅママ |  2006.01.15(日) 21:07 |  URL |  【コメント編集】

ぶぅ君、一人で別の所に寝て、寒くないのかな?
何処に行くの? ハウス型の猫ベッドとか?
びびは一々、凍えるような寒さの二階に引き篭もって
しまうのでとても心配です。 (;_;)
幾ら湯たんぽを入れようが、幾らもこもこの毛皮を着て
いようが、0度近くまで温度が下がった部屋で、一人
猫ベッドで丸まっている姿はあまりにも不憫で... (;_;)
最近はびびが居間にいる間はずっと傍にいたり(私が
寝室に行かなければ、傍にいるびびは暖かな部屋
にいられる)、ホットカーペットを半面だけつけたままに
しておいたり...
毎晩一緒に寝られれば、それが一番なのですけれどね。
一応、何度も様子を伺いには来るのですよ。
でも、中々お布団に入れない。 不憫な子。(;_;)
だから、一緒に布団で目を閉じてくれた時にはすごーく
嬉しかったのです。(T-T)

ぶぅ君、毛布もみもみ、にゃんと一緒だ~! (^^)
母猫を思い出すのですってね、その毛の感触で。
みんな、まだまだママが恋しいんだね...
にゃん・びー |  2006.01.15(日) 21:40 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。