2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.04.17 (Sun)

はじめまして! びーちゃん(^^)(後編)

...というわけで、昨日の続きです。(^^;;

まず、興味を示したのはにゃんの方だった。
びっくりしたけれど、冷静に考えてみたら、恐れを知らないお年頃だし、自分のテリトリー内だからちょっと気持ちが優位にあったのかも?
びーちゃんのキャリーに寄っていって、匂いをくんくん。
びーちゃんはというと、キャリーの奥に固まってしまって出てこない。
そりゃー怖いよね... きっと奈良とは空気の匂いから違うんだろうなぁ...
初めての場所で、いきなり知らない人や猫が周りを囲んでいるし。

Uさんがキャリーからびーちゃんを出してくれた。
一瞬、どちらかが威嚇を始めるのでは?と緊張したけれど、幸いそれはなかった。 お互い緊張して遠巻きにしている。

そうこうしているうちに、びーちゃんが雲隠れしてしまった。
どこを探しても見つからない。家のドアは閉まっていたはずだけれど...? 真っ青になる。(@0@)キャー!
探して、探して、ようやく見つけた時は焦燥からへろへろ... (T▽T)

サイトご報告の為に写真を撮り、ブラッシングや薬の投与をしていただいた。しかし、びーちゃんのために用意した隔離部屋の箪笥の上に登ってしまい、篭城。(^^;;
仕方がないので、落ち着くまで好きなだけそこにいられるように、用意した猫ベッドやフード、水を箪笥の上に上げた。

あっという間に時間が過ぎて、Uさんを駅へと送る。
びーちゃんを一匹で落ち着かせるために、にゃんも一緒に駅までドライブ。
慣れたものなので、いつもの場所に寝そべり、毛づくろいをしていた。(^^;;

Uさんを見送って、しみじみ実感する。
これから、本当にびーちゃんとの生活が始まるんだ...

Uさん、色々と本当にお世話になりました。m(__)m
機会を作って是非またお会いしたいです。(^^)


びーちゃんがうちに来て、一夜が明けた。
おそるおそる様子を見に行くと、猫ベッドの奥の方にこれ以上ない位に小さく、丸くなって固まっていた。
トイレにはおしっこを確認。ご飯も食べてくれたようだ。(^^)ホッ!
篭城場所に上っていって、静かになでなでしたら、喉をごろごろ鳴らしてくれた。
案外、早く仲良くなれるかも? (^^)


s-DSCN2899.jpg

スポンサーサイト
EDIT  |  21:28  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。