2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.06.18 (Sun)

笑顔

仕事に行く時に立ち寄ったマックでの話。


数日前に、割引クーポンが新聞の折込に入っていたこともあって、休日の昼時は大混雑。
ドライブスルーも長蛇の列で、道路までつながっているのを見て、諦めて店内で注文する事にした。

店の中も混雑は変わらず、入り口付近にまで人が溢れている。
店員の人数もかなり多く、狭い厨房で十数人が、それぞれ必死の形相で走り回っていた。
それでも中々上手く回転しない。
レジは3台。 列に並んでいる人数は、それぞれ常時6~7人。

レジに立つ店員さんも、さばいてもさばいても少しも減らない客の数に、いささかうんざりしていたのだろう。
皆笑顔なく、真顔でもくもくとこなしている。

私も一応サービス業の端くれなので、忙しい時の心理状態はよくわかる。
そういうときに限ってまた、面倒な注文だったり、大量注文だったり。
顔には出さないけれど、イライラが募ってきているのが手に取るように伝わってきた。

中々進まない列に、客側もうんざり顔。
“ 険悪、とまではいかないけれど、あんまりいい雰囲気ではないなぁ ” と思いつつ、大人しく並んで順番を待つ私。

(のんびり人間ウォッチングをしているほど、私にも時間的余裕はなかったのだけれど。 並んでしまったので、仕方なく周りを見ていたに過ぎない)

やっと順番が回ってきた。
「ご注文は?」 やっぱり真顔で訊ねられる。

そこで私、先程から考えていた“ ある事 ” を実行に移す。

“ にぃっ ” と、極上?の営業用スマイルを浮かべ (“ にこっ♪ ” ではないのがミソ)、
「○○と○○をお願いします!」

いきなり、“ にぃっ ” と笑顔を向けられたレジの若いお姉さん、一瞬戸惑いを見せながらも

「店内でお召し上がりですか?」
「いえ、持ち帰りでお願いします」  私のスマイル攻撃は止まない。

つられたのか、次第にお姉さんの顔も解れてきて、最後の
「ありがとうございました!」 では、にこりと笑顔を見せてくれた。
やった! (^o^)v

その笑顔で頑張ってこの時間帯を乗り切ってね! (^^)


やっぱり、笑顔ってとても大事だと思う。
笑顔を向けられたら、普通あまり悪い気はしない。
人を小馬鹿にした様な薄ら笑いは殴りつけてやりたくなるけれど。

笑顔を見せるのって、“ 貴方には敵意はありませんよ ”という、無言の意思表示だと思う。
接客、サービス業を初め、人に係わる仕事の人は身につけていて損はないですよ。

あ、でも、口元は笑っていても、目が笑っていないのは怖いです。
作り笑顔って結構わかってしまうものですからね。(^^;;



20060608224548.jpg
それは笑顔ですか?  それとも... (^^;;
スポンサーサイト
EDIT  |  22:12  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。