2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.06.03 (Fri)

Dear.こげんた

夕べはフードを注文して浮かれまくっていたわけですが。(^^;;
その異常なハイテンションの裏にはやりきれない思いが複雑に絡み合っていました。

別に高いフードを注文することに複雑な心境になったわけではありません。
(そこまで貧乏性ではありません。本当です!)

フードを探していた時に、某ネットショップで、ある哀しい事件にまつわる話を知ってしまって...

“ Dear.こげんた ”
この名前だけで、“ あぁ、あの話か ”と思い当たる人もいると思います。

時々、あちこちの猫サイトを訪問しているときに、“ 荒らし ”に当たってしまうときがあります。 
動物の虐待の描写を細かく書き綴ったものを、掲示板の中に潜り込ませておいてあるのです。
管理人の方が気がつけば、直ぐに削除して下さるのでしょうが、たまたま運悪く、目に付いてしまうときがあるのです。

そんな時は、嫌な気持ちになりつつ、“ これは現実ではないんだ。文章でこんなことを書いて面白がっているだけなんだ ”と思い込もうとしていました。
“ 実際にそんな恐ろしいことが行われているはずがない ”と...

でも本当は、そういうことを平気で行える人は、実際に存在します。
ボランティアの方達は日夜問わず動物たちの保護に奔走して下さっています。各地で起こっている“ 虐待 ”という悪意から動物を守るためです。

しかし、幸いというか、私の住んでいる地域では、まだそういう話を耳にしていないので、たまたま荒らし等でそういう描写に出会っても、嫌な気持ちは残りますが、とりあえず、目をつぶることが出来ました。
目の前で実際に起こっているわけではないから、という逃げの気持ち。
実際にそういうことが起こっているってわかってはいても何処か人事。
他の国で起きている事のような感じでした。
認めるのが怖い、という気持ちもあったと思います。


でも、夕べ、こげんたのことを知ってしまいました。


同じ人間なのに、どうしてこんなに哀しいことをするのだろう?
生まれてきたときから悪意のある人間なんて、どこにもいないはず。

動物だって、生まれたときから愛を込めて世話をすれば、決して噛んだりはしない。
成長していく中での辛い経験で初めて、人に牙を向けるようになる。

人間もそうだと思う。
今は、病んでいる人が多すぎる。
成長していく過程の中で、どんどん歪んでいってしまう。

このまま、哀しい人間を増やしていってはいけない。
その為に、小さな一歩を踏み出そうと思います。

私が今出来ること... 
こげんたのことを知ってもらうお手伝いをさせていただこうと思います。

こげんたが某掲示板で公開虐殺されたのは、奇しくも私の誕生日でした。
何か、縁があったのだと思います。

まだこげんたのことを知らない方は、どうぞアクセスしてみて下さい。

今までの私のように、目を背けずに。


20050603085226.jpg

スポンサーサイト
EDIT  |  08:53  |  リンク  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

私が動物保護に目覚めた(ってオーバー?)キッカケが「こげんた」の事件なのです。
あまりに惨くて当時3キロ痩せました…署名を集めたりリンクを貼ったり…もっともっと何か自分に出来ることは…そう考えて動物保護のメーリングリストに入り、たくさんの友達が出来、色々お手伝いをさせてもらい…そして今に至ります。
にゃんたろう様はこげんたちゃんの命日がお誕生日との事。私はこともあろうにあの犯人と名前が同じ(子は付かないけど)なのですぅ…これも縁なのでしょうか(涙)。。。
かもかも |  2005.06.03(金) 14:49 |  URL |  【コメント編集】

かもかも様もそうだったのですか...
私はさすがに写真まで見る気にはなれませんでした。
多分、誕生日と虐殺の日が同じという因縁じみたものがなかったら、今までのようにそっと扉を閉じたまま、見ないふりをしていたかもしれません。
でも、やっと一歩を踏み出せました。
かもかも様たちのように大きな力にはなれないけれど、それでも、見て見ぬ振りをしていたころよりはずっとましな気がします。
一部の心ある人達だけが大変な思いをするのではなく、誰もが自然に手を差し伸べられる風潮が出来るといいですね。
それ以前に、虐待などという哀しいことをする人がいなくなってくれるといいのですが。
にゃん・びー |  2005.06.03(金) 16:00 |  URL |  【コメント編集】

にゃんたろう様 お久しぶりです!
田舎ネコ...から飛んで来ました!!

「こげんた」の事何も知らなくて ついさっきまでアチラに行ってました。
フラッシュ見ながら「罪のない動物になんて酷いことを」と涙涙涙。ずっと泣きながら いろいろお勉強させてもらいました。
にゃんたろう様 「こげんた」を教えて下さってありがとう。まだ気持ちが落ち着かなくてうまく言えませんが「悔しい」です。
ikuママ |  2005.06.04(土) 00:49 |  URL |  【コメント編集】

ikuママ様、訪問、コメント、ありがとうございます。m(__)m
私も、恥ずかしながら、今の今まで知らなかったのですよ。
この話は2002年のことなのですよね。
今は2005年... その間、かもかも様はじめ、沢山の方々が、こげんたの事で奔走なさっていたのに、私ときたら
今頃リンク貼るくらいしか出来なくて。
それでも、ikuママ様のように、このページを訪問してくれて、新たにこげんたのことを知って下さる人がいたら、それはそれで無駄じゃなかったと思えるのです。
なので、ikuママ様のコメント、嬉しかったです。(^^)
にゃん・びー |  2005.06.04(土) 08:14 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。