2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.06.23 (Fri)

大変な夜

なんていうか... 今夜は本当に大変な夜でした。


先程、にゃんと共に夜間救急外来から戻ってきました。

昼間から数十回吐いていたにゃん。
最初に吐いていたものに、大き目の毛玉や、飲み込んでいたらしい紐が混じっていて、“ これのせいで吐いていたのか ” と、段々嘔吐が治まると思い込んでいました。

自力で動き回ってはいるものの、明らかにだるそう。
でも、呼吸も乱れてはいないし、熱もない。
様子を見ていても大丈夫かな?

しかし、夜になっても嘔吐は一向に治まらず、段々と激しくなっていく一方。
吐いているものは液体のみ。 
昼間から何も口にせず、水も飲んでいないはずなのに、こんなに大量に水を吐き続けたら脱水症状を起こしてしまう。

急に怖くなってきて、夜の10時半を回ったというのに、夜間診療をやっている病院を探し(灯台下暗し、にゃんの去勢をした病院で診てくれることに)、急いで診察を受けに行きました。

しかし、にゃんは病院では酷く暴れる猫で、電話口でもカルテを見た先生が困った様に、
「この子はきちんと見られないかもしれない」とポツリ。

それでも、生死に係わる病気だったら?と思うといても立ってもいられず、兎に角行ってみるだけでも、と縋る様な気持ちで病院に向かいました。

病院での体重はハーネス装着のままで5㎏。
熱もなく、お腹の中におしっこが溜まっている様子もない。
(おしっこが出なくて一日半過ぎると危ないのだそう)

とすると、感染症か(にゃんは外に出ていないので、その可能性は低い)、異物を飲み込んでしまって吐き出せずにいるのか、何らかのストレスがかかったせいか...?

ストレスの線が濃厚かも。
実は昨日、半日ほどくぅを我が家で預かっていたので。
ストレスはげが出来てしまうような繊細なにゃんの事、十分考えられます。

嘔吐の感じからすると、異物を飲み込んだ可能性もあって。
いずれにせよ、今晩は抗生剤入りの点滴で様子を見て、それでも吐き気が治まらない場合、レントゲンを撮る事になりました。

点滴の針を刺すのにシャーシャー般若の顔で暴れるにゃん。
あまりに凄まじいのでエリザベスカラーの装着も母がやることに。

点滴中は、唸り続けるにゃんに、ひたすら声をかけ続け、“ どうか重い病気ではありませんように ” と祈り続けました。

点滴も済み、吐き気止めの粉薬をもらい、帰宅。
病院へ行く間も、病院でも吐かなかったにゃん、帰宅するなり立て続けに二回嘔吐。
幸い、今は少し落ち着いているようです。
このまま、収まってくれるといいのだけれど。

母は、明日は早朝から丸一日仕事で、しかもドタキャンが効かないのだよ。
心配で仕事が手に付かなくなってしまうから、お願いだから、早く良くなってね、にゃん。

あまり慌てていたので、にゃんの保険証書を病院に持っていくのを忘れてしまいました。
こういう高額治療の時の為に入っていたのではなかったのか...?


おまけで、布団の上を転げまわっていた息子Bが、寝室のガラスをぶち破ってくれたりと、本当に今夜は心労の尽きない夜でした。


遊びに来てくれていたTさん、Aさん、追い返すような形になってしまって本当にすみませんでした。

スポンサーサイト
EDIT  |  23:38  |  病気?  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。