2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.09.28 (Thu)

柔らかな日差しの下で思うこと

秋になって、居間に差し込む日差しもかなり柔らかくなってきました。
猫たちは、陽の差す範囲の、思い思いの場所でのんびりと日向ぼっこを楽しんでいます。

穏やかな時間。 
Christopher Crossの甘い歌声がゆったりとした時間の流れに良く合います。

日中はこんなに穏やかなのに、陽が落ちる時間はどんどん早くなってきているし、その後の闇もかなり深まってきたように感じます。

段々と、外で生きる子達にとって厳しい時期に向かっているのですね。
ちょっと前に、夏が去ったばかりだというのに。


時折、子猫の情報が耳に入ってきます。
今は、“ 春だから ”“ 秋だから ” ではなく、通年で子猫の姿を見かける様になりました。

我が家が良く利用している公園にも、子猫の姿があったようです。
聞くところによると、まだ両手に乗ってしまう様な子達が3匹。
走り方もおぼつかない幼さなのに、警戒心だけは外の子らしく一人前で、一定の距離を越えるとサッと逃げてしまうのだそうで。
簡単に保護、という訳にはいかないようです。

気になって、私も何度か足を運んでみたのですが、まだ会えていません。
こういう事にも “ 縁 ” というものがあるのだと、思わずにはいられません。

それでも、できれば辛く厳しい冬が来る前に、暖かい愛情と温もりのある場所へ、彼らが迎えられるよう期待して止みません。
既に朝晩の冷え込みはかなりのものになってきているし。

出会えることを期待して、これからちょっと一回りしてこようと思います。
スポンサーサイト
EDIT  |  12:21  |  外猫  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

本当ですよね。
安心して暮らせるあったかいお家が早く見つかればいいなといつも思います。
そして、力になる事が出来ない無念さを感じるんです・・・。
切ないなぁ・・・。
まだ何にでも興味があるはずの子猫達が、
人の姿に警戒して色んなものに怯えて生活する姿は
本当に辛いですよね・・・。

1匹でも多く、幸せになってくれるよう、またいいご縁がありますように・・・。
ぶぅママ |  2006.09.28(木) 22:37 |  URL |  【コメント編集】

そう…子猫なのにものすごく警戒心が強いんですよね。
お外の子達って。
『ハチドリのひとしずく』のクリキンディのように、
出来る事をしていくしかないのですが…
何も出来なくて歯がゆいです。
宝くじを当てて、猫ハウス作りたい(´_`。)です。
chibi |  2006.09.29(金) 23:02 |  URL |  【コメント編集】

♪お久しぶり

お久しぶりです。
ほんとに一日一日と外猫にとって辛い季節が近づいていますね。うちの周りもたくさん外猫というか、半野性化した猫たちがいるので、心配です。
tieta4u |  2006.10.04(水) 15:57 |  URL |  【コメント編集】

タコ様
またまたご無沙汰してしまいましたね。(^^;; m(__)m
タコ様がご存知の曲って、
“ Arthur's Theme (Best That You Can Do) ”という曲
でしょうか?

公園へはその後何度か足を運んだのですが、遭遇できず...
そこの子達とは縁がないのかな?
今日は風雨が強くて、外にいる子に思いを馳せると切ないです。


ぶぅママ様
子猫さんたちには会うことが出来ませんでした。
私とその子たちには縁がなかったのかな?
もしかして、誰か、心優しい人が連れて行ってくれたのならいい
のだけれど...
小さいくせに、一番最初に母親から教わるのが逃げること、威嚇
することなんてね... 
その警戒心がなければ、お外で生き抜くことは出来ないのだけれど。

今日はとてもひどい天気です。
お外の子達のことが気にかかります。
家の子達を見るにつけ、“ 子の差は何なんだろう? ”と沈んだ
気持ちになります。


chibi様
子猫でも、母親からお外の厳しさをしっかりと教わった子猫たちは
そう簡単にはつかまらないし、人に対して牙を剥く、本当の野生を
身に着けているのですよね。
人間の価値観の中だけで、良かれと思って家に迎えようとするのを
あざ笑うかの様に、華麗に身を翻して、あっという間に視界から
消えていってしまいます。
一日一日を色濃く、自分たちの力だけで生き抜いている彼らは、もしか
すると、家猫では味わえない幸せを持っているのかもしれないな、と
思ったりもします。
家猫には想像も出来ないくらいの辛苦も味わっているのでしょうけれど。
聞けるものなら聞いてみたい。
“ どちらを望むの? ” と。


tieta4u様
お久しぶりです。 
アマゾンからお帰りになって落ち着かれましたか?
飛行機事故の件を見たので、本当にご無事で何よりです。

tieta4u様のブログは自然がいっぱいで、見に行くととても癒されます。
tieta4u様のおうちのティエタちゃんは、家猫でいながら、自然の美しさ
楽しさを存分に味わって生きていますよね。
猫にとって、まさに理想だと思います。

愛情をいっぱい注ぎ、体調を管理してくれる家族がいて。
広大なテリトリーを思う存分満喫することが出来て。
更には自分の為のお庭、キャットランまで持っていて。
幸せな猫さんだと思います、ティエタちゃん。(^^)

うちの子たちが遠い目をして窓の外を眺めていたり、“ 開けて~! 
出して~! ”とヒスを起こしたりするのをみると、良かれと思って家に
閉じ込めておくのが間違いのような気がしてきます。
今の日本では、これが最善ということになっているのですけれど。

半野生化した猫さんたちですか?
そちらでは、ちょっと前までの日本の様に、猫は自由に外出OKなのかな?
人に対する迷惑と、車に轢かれたり、病気や怪我を貰ってきたりする心配が
なければ、猫たちにとってはそっちの方が幸せなのではないかと思えてなり
ません。
帰る家があればこそですけれどね。
寒い季節にお外でうろうろする子達はどう贔屓目に見ても幸せには見えません。
にゃん・びー |  2006.10.07(土) 00:45 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。