2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.10.12 (Thu)

避けては通れないこと

結局、午後にはいつもの様にやってきた外猫さんを、午後の診療が始まるのを待って、連れて行くことにしました。

“ 決して騙して連れて行くわけではないのだ ” と自分で肯定しつつも、折角の信頼を裏切るような後味の悪さに気は重く...

雨避けにと出しておいたキャリーの中に、またたびの粉を撒き、呼び込むと、興味を示して覗き込んでくれたので、軽くお尻を押して、そっと扉を閉めました。
(洗濯ネットへは、信頼が粉々に崩れるのが怖くて入れることが出来ませんでした)

異変を感じて固まる外猫さん。
甘え声は何処へやら。 あ゛ぉ~あ゛ぉ~と鳴き叫ぶ外猫さんをなだめつつ病院へ。
(まるで“ 猫さらい ”みたい)(T-T)


しかし意外にも、病院での診察は順調そのもの。
緊張して呼吸が速くなっているものの、威嚇をすることも、逃げるそぶりも見せませんでした。

...にゃんよりもはるかに楽だよ...(心の声)


体重は3,4㎏。 推定年齢はよくわからないそう。(^^;; (若いことは確か)
血液検査の結果はエイズ、白血病共に陰性。 \(^o^)/

しかし、便検査でマンソン裂頭条虫発見! ( ̄ロ ̄lll)
(「ヘビかカエルを食べたんだろうね」と言われました。 た、確かにカエルなんかはいっぱいいますね、うちの周りには。(^^;; 一度、誰かが仕留めたらしい野鼠さんの遺体が転がっていたりもしたし...)

そんなわけで、条虫を駆虫してしまうまで、ワクチン見送り。(ToT)/~~~
駆虫の為の注射を打たれてきました。
(それでも、鳴き声もあげず、ずっと大人しい外猫さん。 えらい!)
それと、諸々を考慮し、フロントラインではなく、レボリューションを滴下していただきました。


診察が終わって、家に戻り、そっとキャリーを開けて。
「お疲れ様~ 良く頑張ったね~ えらいえらい!」
声をかけつつ外に出したのだけれど、明らかに冷ややかな態度。

ピューッと逃げていくことはなかったけれど、一度も後ろを振り返らず、すぐにスタスタと離れていってしまいました。

...きっと信頼にひびが入っちゃったね... (T-T)
でも、あなたを家猫として迎えるには、避けては通れないことなんだよ。
それを、わかってくれるかな...?


【More・・・】

夕飯の買い物から帰って、外猫さんを呼んでみたけれど、やっぱり返事はありませんでした。
その代わり、別な猫さん(茶白の子)がきていて、にゃんとガラス越しにご対面していました。
私の車が入っていっても、微動だにしません。

“ あの~ 車入れたいんだけど~... ”
恐る恐る呼びかけても、こっちをチラッと見るだけで、動こうとしないし。
車を下りて、ゆっくり近寄り、“ ちょっとだけでいいから避けていてね~ ” って言ったら、やっと重い腰を上げてくれました。(^^;;

我が家の周りの子は警戒心が薄いのかな...?


この日は、玄関先に、こんなお客様の姿も...
この子もちっとも逃げようとしませんでした。(^^;;
s-DSCN9578.jpg

スポンサーサイト
EDIT  |  21:03  |  外猫  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。