2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.10.19 (Thu)

再び病院

ちょっと記事が前後してしまいましたが、10月10日分からまとめてアップしましたので、宜しければ御覧下さい。m(__)m



先週の病院行きから丸一週間が過ぎて。
条虫がちゃんと落ちたか、再検査をしに行く日になりました。

今日も澄み渡った青空が広がるいいお天気。
こんな日は、日中は暖かいけれど、朝晩の冷え込みは厳しいから、昨日のうちに保護が出来て良かった。(^^)

ケージの中のまぉちゃんは比較的大人しく、“ 夜は大鳴きされるかも? ” という私の予想をあっさりと裏切ってくれました。
傍に寄れば甘えたような声で鳴き始めるけれど。(^^;;

ケージの中へ手を伸ばせば、“ 撫でて! ” とお尻ふりふり。
ゴロゴロ、お手々もみもみも健在です。

まだ排泄には至っていないけれど、捧げ持った器からご飯を食べるし、水を飲むし...
...いやいや、大物の素質十分です、まぉちゃん。(^^;;


キャリーに入るときは前回の嫌なことを思い出したのか、ちょっと抵抗してうなり声も出たし、病院へ向かう間は不安だったのか、鳴き通しだったけれど、診察室に入ったら、今日もとてもお利口さんでした。

痛い腕を何度もこねくり回されて、さすがに“ 怒るかな~? ” と思って見ていたのだけれど、ちょっとうなり声は出たものの、威嚇も、爪も出ずに終わりました。

まぉちゃんって、人に爪を立てられない優しい子なのかもしれない...
そういうところ、びびに似ている。


びっこをひいている腕は、結局原因が特定できませんでした。
レントゲンは撮ったけれど、骨には異常がなかったし、手首の辺りに腫れがあるものの、丁寧に見ていただいたのに、原因となる傷が見当たらなかったし...

一番考えられる線としては、喧嘩の傷からばい菌が入り、腕の内部で化膿して腫れているのでは? ということで、抗生剤を注射されてきました。
今後、もっと腫れて、そこが破け膿が出たりすることも考えられるそうです。

結局、抗生剤を注射してしまったので、今週もワクチンは見送り。(T-T)/~~~
来週もう一度診察。 その時に条虫の再検査もして、何事もなかったらワクチン接種になるそう。

早くお手々、治るといいね、まぉちゃん。


今日のまぉちゃん    ん~ だれ~?
s-DSCN9660.jpg



今は眠いの~ Zzz...(_ _)
s-DSCN9658.jpg

しかし、見れば見るほど、まぉちゃんって、くぅに似てる...


【More・・・】

穏やかな午後、3匹はそれぞれの場所でぐっすり惰眠をむさぼっています。
(まぉちゃんは惰眠じゃないか)(^^;;

家の中に別な猫がいるとはいえ、ケージという特定の場所に隔離されているからか、二匹は全く動じることなく、至って普通に過ごしています。
まぉちゃんも、今は足を負傷中だし、あまり動き回らない方がいいので、ケージ暮らしの方がいいのかも。

誰もやきもちを焼いたりしないように、みんなしっかりかわいがってあげないとね。(^^)



追伸
先程、無事、まぉちゃんの排泄を確認しました。(^^)

いや~本当に大物です。
にゃんと私の見ている目の前でですから。(^^;;

条虫の姿は確認できませんでした。(ホッ!)
ちゃんと落ちたかな?
スポンサーサイト
EDIT  |  20:22  |  保護動物  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

♪はじめまして(^-^)

こんばんは、はじめまして。
以前より、ちょくちょく覘かせて頂いてました。
私もよく来る外猫さんの事で悩んでいたので
人事と思えなくて(^^;

病院に連れて行った後に、来なくなったらっと
考えてしまってなかなか実行できません。
只でさえ、あまり触れない子なので
余計に心配になってます。
あとは、5ニャンほど近所にいるので
金銭的な面もですが。。。(´;ω;`)

それでは、まぉちゃんに良い未来を!
るか |  2006.10.20(金) 00:50 |  URL |  【コメント編集】

おおー、まおちゃん、保護できたのですね。
すっかり落ち着いているようで、ということはまおちゃんは以前飼い猫だったのでしょうか。
足がはやくよくなるといいですね。
tieta4u |  2006.10.20(金) 02:07 |  URL |  【コメント編集】

にゃんびーさん、保護されたのですね。
にゃんさんびびさん達が落ち着いていてくれること、
何よりです。
今はまぉちゃんも、狭いケージの中のほうが安心なのかもしれませんよ。

もし、化膿しているとしたら熱が上がるかもしれませんね?
抗生剤が効いてくれますように。
chibi |  2006.10.20(金) 12:29 |  URL |  【コメント編集】

るか様 初めまして。(^^)
コメントを残してくださってありがとうございます。m(__)m

同じ様に思われている方、多くいらっしゃる様ですね。
それでも中々、手を出すことが出来ないのは、保護するまでに様々な問題をクリアしなければいけないから。

アパート暮らしであったり、持ち家でも、家人が非協力的であったり。
保護をした後で、きちんと里親が見つかるか、といった不安。
見つからなかった場合、自分の所で受け入れることが出来るか。
病院へ連れて行って、大きな病気が判明したら、何処まで手を尽くしてやれるのか。
先住の子がいれば、その子との折り合い。
一つクリアしても、また新たに越えなければならない壁。
本当に、考え出したらきりがないですよね。
いきなり捕まえて、信頼を損ねるのも辛いですしね。(^^;;
私も怖かったです。

私の場合、幸い家人が理解を示してくれたのと、仕事さえ続けていれば、病院にかけてあげられるだけのお金を自分でまかなえることが大きく後押しをしてくれました。
後は勢いですね。(^^;;
お金がかさむのはわかりきっていたけれど、保護しないまま、何かがあったら、後悔することになるのは眼に見えていましたから。

残念ながら、この地区の行政は、犬猫対策では他県より出遅れていて、野良の子の去勢避妊援助や、里親制度等は整っていませんが、地域によっては、去勢避妊資金の援助があったり、病院が指定されている場合があったりするので、そういう部分は大いに利用して頂きたいと思います。

また覗きに来て頂けると嬉しいです。(^^)
まぉちゃんが幸せをつかむその日まで、一緒に見守っていってくださいね。


tieta4u様
あはは、やっぱり保護してしまいました。(^^;;
そうですね、保護後、元飼い猫らしき片鱗があちこちに見えています。
とにかく、人に対しての警戒心が薄い。 信頼しすぎ。(^^;;
これでは、お外で生きていくには困難だったろうなぁ...と改めて思いました。

里親探しもそうですが、一度“ 迷い猫 ” としても、色々と当たってみようかと思っています。
迷い猫案内で見たところ、完全室内飼いだと、首輪を必要と思われないパートナーさんが結構いらっしゃったみたいなので。
まぉもそのクチだったかもしれませんね。


chibi様
化膿かもしれないと言われた割には、病院に行ったとき、まぉは熱はでていなかったのです。
先生も首を傾げていました。
その後も熱は出ていないようですし、体が辛そうな素振りはないのですが、やっぱり右足が上手くつけないでいます。
原因がちゃんと分かっていれば、対処の仕様がありますし、余り心配はしないのですが...
ちゃんと治っていってくれるのかな?

にゃんは“ 可もなく不可もなく ” と言った感じで、それなりに興味は示すものの、割と飄々としていますが、問題はびび。
正面切ってがん飛ばしてます。(^^;; あんまり迫力ないんですけどね。
まぉも、うなり声で応戦したりして。 
耳をペタンコにして“ シャー ” っていう訳じゃないから、とりあえず、ジャブで様子見しているのかな?
二匹が部屋をうろうろしていても、お構いなしで猫部屋でくつろぐまぉ、大物です。(^^;;
にゃん・びー |  2006.10.22(日) 11:40 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。