2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.11.08 (Wed)

血尿

夕べはちょっとだけまぉの事をかまい、後はずっとびびと一緒にいた。

母が下にいさえすれば、びびは居間で安心して寛いでいるので、わざわざ猫部屋の前まできて悲しい鳴き声をあげる事も、まぉを脅かす事もない。

母との時間を心待ちにしてくれているまぉには申し訳なかったのだけれど、やっぱり先住の子を優先してあげないとね。
それにまぉも、びびの襲撃に一々ドキドキするより、安心して寛げた方がいいよね?


そんな訳で、“ 久々に、びびにも満足のいく時間を与えてあげられたかな? ” 等とお気楽に考えていたのだけれど。



今朝、二階の猫トイレを掃除していたら、あれ?

おしっこの塊(俗に言う “ しっこ玉 ” )が、なんとなく赤い。 というか、茶色い。


これってもしかして...


嫌な予感を覚えつつ、階下の猫トイレも掃除にいく。

やっぱり、明らかに色の違うしっこ玉がある。
これは...  これは...   血尿?! 

二階の猫トイレは、ほぼ “ びび専用トイレ ” で、一階のトイレも、使用した箇所が明らかに、びびがする所。


...びびだよ、間違いなく。



血尿と思われるしっこ玉は、普通の大きさで、数も二つだけだったし、えさも普通に食べ、紐にじゃれ付いて遊んでいるびびからは、具合の悪そうな素振りは全く見受けられなかったのだけれど、血尿は血尿。
これからどんどん悪化するのかもしれない。


大慌てで、いつものO先生に連絡を取り、午前中の診察時間を確認し、出かける用意をする。
血尿のしっこ玉を袋に入れ、寛いでいるびびをキャリーに放り込み、ついでに暇そうにしているにゃんを応援団にと、一緒に車に乗せ、出発。
(万が一、該当者がびびでなかった場合も考慮して)


何処に連れて行く気?  早く出して! (▼▼)
s-DSCN0172.jpg


僕はただの付添い人です
s-DSCN0167.jpg



病院では、午前中の診療も終わりに近づいていたので、待ち時間なしで、直ぐに診て頂けた。

膀胱炎が疑われるものの、まだ頻尿にはなっていない様で、膀胱には尿が入っていた。
だけど、搾り出された尿は紛れもなく赤い。 
まるで、濃い目のトマトジュースの様な色だ。

尿のPHが大きくアルカリに傾いている。
膀胱に炎症がある証拠だ。

エコーで診ても、結石も腫瘍もなかったので、“ 軽い膀胱炎でしょう ” という診断になった。

消炎剤と止血剤入りの抗生剤の注射をし、同じ成分の飲み薬で様子を見ることに。

s-DSCN0176.jpg

(ただ、炎症のせいでPHがアルカリに傾いているだけならいいのだけれど、もしも体質的なもの等で、飲み薬でPHが改善されない場合、石が出来てしまう恐れがあるので、食事療法になる可能性も...)


それにしても...
多頭飼いだから何かあった時、ちゃんと気がつけるかどうか不安だったけれど、大事になる前にちゃんと気がつけて良かった。 不幸中の幸い。

それと、保険に入っていて良かった。 シミジミ。。。
何もないと、月々の支払いももったいなく思いがちだけれど、病気って、本当に何時なるかわからない。
咄嗟の時、安心して病院にかかれるというのはいいものだ。


膀胱炎がストレスから来たかどうかはわからないけれど。
やっぱりびびには大きな負担だったんだろうな。
もっともっと気持ちをわかってあげないといけなかったね。 ごめんね。


折角予約をとった来週の歯石取りは再び延期に...




さて、家に帰ってきて。
病院で、注射器一本分以上搾り出されたにもかかわらず、トイレに直行。

これから頻尿の症状が出るところだったんだね...
早めに気がつけて良かった。 しっかり薬飲んで、早く治そうね。



...が、しかし。
薬を飲ませるのがこんなに大変だとは... (ToT)
病院では、あんなに大人しくお利口にしていたでしょうが~!

家族総動員。 それでも一筋縄ではいかない。
奈良でも “ うなぎ猫 ” って呼ばれていたんですってね、びびさん。
抜け縄の術、お見事としか言い様がありませんよ。(T▽T)



7日分か...
こんなにがしがし押さえつけて薬飲ませて。
飲ませ終える頃には、めいっぱい嫌われているんだろうなぁ~  (T▽T) アハハー

それで、ちゃんと治らなかったら、ほんと、泣くよ...(T-T)



しっこ玉の画像、アップしました。
あまり綺麗なものではないので、参考にしたい方だけ、「続きを読む」からご覧下さい。


【More・・・】

s-DSCN0181.jpg



s-DSCN0187.jpg

スポンサーサイト
EDIT  |  23:21  |  病気?  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

*Comment

♪びびさん、大丈夫?

大丈夫ですか?
早期発見出来て良かったです~。
梅吉も膀胱炎を患ったことがあり
シッコが赤いだけで、食欲あり
元気ありだったけど
赤いシッコを発見した時には
血の気が引く思いでしたよ。。。
梅吉の場合、結石は無かったけれども
去勢してる為、結石が出来やすい体質と言われたので
それ用の療養食1本です。(現在も)
びびさん、このまま完治しますように。
冬場は膀胱炎になりやすい季節らしいので
気をつけなければ。

びびさ~ん
元気になる為のお薬だから
ママさん達を嫌いになっちゃダメよ~。
早く元気になってね!

ひな |  2006.11.09(木) 19:43 |  URL |  【コメント編集】

完全に血尿ですね・・・。心配です。
でも早く発見できて良かった!
お薬ちゃんと飲んで頑張って治そうね。

やっぱりストレスからくるものなのかしら。
なんかそう思ってしまうね。
実際は季節的なものとかかもしれないけれど。
食欲があるならきっと大丈夫だと思いますよ!
頑張って心を鬼にしてお薬飲ませてあげてくださいね(* ^ー゚)
ぶぅママ |  2006.11.09(木) 22:18 |  URL |  【コメント編集】

コメントの返事が遅れてしまってすみませんでした。m(__)m
変な所から更新が滞ってしまったのでご心配をお掛けして
しまったかもしれないですね。(^^;;
病状はその後安定しておりますので、どうかご安心ください。

ひな様
そうでしたね、梅ちゃんは血尿の先輩でしたね~ (^^;;
去勢済み男の子のにゃんの方は心配していましたが、まさか
女の子のびびの方に血尿が出るなんて予想外で焦りました。
もうあの時は、様子を見ているなんて余裕のあることは言って
いられないですよね。 尿が出なくなると命にもかかわるし。
平日の診療時間内ですぐに診察してもらいにいけたことも
不幸中の幸いでした。

そういえばにゃんも、この前紐を誤飲した時の尿検の結果が、
PHが7と、結石が出来てもおかしくない数値で、淡白も+++300
と、腎臓や膀胱に問題があるらしいことを指摘されています。
この時は誤飲の方が問題だったので、そっちの問題は放置された
ままだったのですが、ふと思い出しました。
もう一度、きちんと検査を受けた方がいいかなぁ...(..)
あの時頂いてきた療法食のサンプルは、とりあえずパクパク
食べてくれたので、療法食でも大丈夫そうだけれど。

この際、びびと仲良く療法食に切り替えた方が無難かなぁ...
(T▽T)


ぶぅママ様
いつもご心配をお掛けしてすみません。m(__)m
ぶぅ君&びび君はまだ血尿経験なしですか?
こんな画像で良かったら、どうぞ参考にしてみてくださいね。(^^ゞ

びびは今まで、二階の猫部屋のトイレと一階の共用トイレ二箇所を
使い分けていたみたいなのですが、いきなり猫部屋を出入り禁止に
されてしまって、我慢していたのかな?
母にかまってもらえる時間は減るし、びびにしてみれば踏んだり
蹴ったりっていう所でしょうね。

家中を自由に闊歩していられる(しかし、何かあった時の避難場所
だった猫部屋を取られた)びびの方がまだ良いのか、それとも家の
中で最も日当たりの良い猫部屋を独占している(幽閉されているとも
言えるけど)まぉが幸せなのか...

...どっちもどっちのような気が... (^^;;

びびは相変わらずうなぎ猫ですが、大分薬を飲ませる方も進歩して
あまり時間をかけずに飲ませられるようになりました。
お互い、嫌な時間は短くすばやくね。(^^;;

にゃん・びー |  2006.11.14(火) 09:33 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。