2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.02.11 (Sun)

災難

びびは割りとよく吐く猫です。


結構頻繁に吐いているので(とはいっても月に1、2度程度)、見る方も慣れてしまっていて、あまり大騒ぎせず、状態を冷静に観察していたりします。

ぐったりとした苦しげな吐き方ではなく、吐き戻しに近い吐き方なので、特に病院へは行きません。
病院でのストレスの方がかわいそうなので。

フードを変えたり、おやつに新しいものを与えたりすると吐くので、多分、食べ物に対して軽いアレルギーがあるのではないかと思っています。
それと、いきなりがっつくので、胃がびっくりしている事も大いにありそう。

そんなわけで、今朝吐いた時も、いつもの吐き戻しだと大して驚かず、成り行きを見守っていました。



ただ、その場所が問題で...



“ ケコッケコッ ” としゃくり上げる様な声が聞こえ、
“ あ、まずい、いつものだ ” と、くるりと後ろを振り向くと、びびがいたのは窓際の五段クリアケースの上で。

ぎょっとして、何かで受け止める間もなく、噴水の様な嘔吐物が、カーテン、その他を直撃。


... _| ̄|○ il||



仕事前の、貴重な時間を割いて、あわあわと後始末に奔走する私。
しかし一度では治まらず、二度、三度と続く嘔吐。

父ちゃんのパソコンの上でまで吐こうとしたので、慌てて手近にあった自分のパジャマでガード。
父ちゃんのパソコンは救われたけれど、私のパジャマはでろでろ...  うぅ... (T-T)



更に二重の悲劇。
私はその時、仕事で着る、制服のアイロンがけの真っ最中で。

嘔吐を受け止める事に必死ですっかり失念していたけれど、ふと我に返り、自分がそれまで何をしていたのかに気がついた時。


制服の背中の部分には、
はっきりとアイロンの形が浮かび上がっていました。


漫画ではよく見受けられるベタなネタだけれど、まさか、そのベタなネタを実際にやってしまうドジがいて、それがよもや自分だとは...  _| ̄|○ il||



ショックで意気消沈しながら、とぼとぼ仕事に向かったのでした...  (T-T)  


私のせいじゃないもん
s-DSCN1021.jpg

スポンサーサイト
EDIT  |  22:54  |  事件  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。