2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.02.19 (Mon)

やせた?!

息子たちが寝室へと消えていく8時半。
猫たちと私にとっての静かな時間の始まりだ。


今夜は珍しく、びびの代わりににゃんが、私の脇で寝てくれている。

ピンクのお腹がちら見えでかわええ... (*´Д`*)
s-DSCN1238.jpg


久々なので、本当に嬉しい。(^^)   しかしどういう風の吹き回しだろう? (^^;;
いつもなら、早々に息子Aの布団に潜りに行くところなのに。


“ 甘やかし大作戦 ” が、功を奏したかな? (^^ゞ

...だって、びびに場所とられちゃったんだもん (;_;) 
s-DSCN1236.jpg


ちなみにびびは、いつものにゃんの場所を陣取って、悠々と寝ている。
涙で汚れてしまったお顔を拭き拭きしても、全く動じない程、熟睡。


あまりにコンパクトで、何が何だか...? (^^;;
s-DSCN1234.jpg


安心して眠れるって、いいね。(^^)  
昼間は右往左往して落ち着けないでいるものね。(^^;;



すぐ脇で伸びているにゃんの背中の毛は黒々、つやつやだ。
体調を崩している様でもなく 毎日元気いっぱい飛び跳ねている。
それでも何だか、浮き出た腰骨のせいで、すごく病的に見えてドキドキする。

そもそも細長い体つきのせいで、普段から痩せて見えがちなのに。
“ シャムの血でも入っているのか? ” と突っ込みを入れたくなる。
顔も小さいしね。


最近、にゃんを抱き上げると、その軽さにギョッとする。
ちょっと前までの、あのずっしり感は何処へいってしまったのだろう?
どう多く見積もっても、5キロあるとは思えない。 まぉに抜かれたのは明らか。

我が家にはデジタル式の体重計はないので、正確な体重の増減はわからないけれど、年中抱き上げてはお外を見に連れ出しているのだもの、体重が減った事位はすぐにわかる。

一瞬、“ 病気?! ” と焦ってしまったけれど、体重が減ってしまった事以外には特段変わった様子も見られない。



...これはもしかして、あれか?  療法食のせいだろうか?


療法食に切り替えて2ヶ月弱。
PHコントロールが目的で始めたウォルサムのメールケアだったけれど、去勢した猫の肥満防止にも配慮されている分、今までと同じ量では体重が落ちちゃうんじゃないかな?
(気付くのが遅い! (°o゜)\バキ )



そういえば、同じものを食べているびびも、ちょっとごつごつしだしたものね。
毛がふさふさだから、にゃんほどは目立たないけど。


人間の子でもなんでも、やっぱりちょっとふっくらしている方が安心できるよね、健康的で。
明日から、もう少し、ご飯の量を増やそうね。


s-DSCN1233.jpg

眠る時も、食べちゃいたいほど大好きな、ねずみ君と一緒
でも、それ食べても栄養にはならないからね (^^;;
スポンサーサイト
EDIT  |  22:31  |  病気?  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。