2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.05.19 (Sat)

脱走の後遺症

注 : これは、5月16日の話です。




先日の外出が、思った以上に楽しかった様で、にゃんはあれから、ますますお外熱に拍車がかかってしまった。(T-T)

玄関先であぉあぉと、誰かが傍を通る度に “ 出して! ” と粘っている。
そんなにゃんを見ているととても切ない。

“ やっぱり、家に閉じ込めておくのは、ただのエゴでしかないのかなぁ... ”
そんな風に思えて、悲しくなってしまう。


お日様の降り注ぐ中、草の匂いを胸いっぱいに吸い込んで、自分の足で土の感触を確かめたいんだね...
何に縛られる事なく、何に遮られる事なく、興味のある方向にどんどんと走っていって、色々な体験をしたいんだね...


まぉとびびは、女の子だからなのか、外に出たいという欲求が殆どない様に見える。
家の中で、ひたすら人に甘えているだけで満足している様だ。

でも、にゃんは違うんだね。
猫としての本能、刻み込まれた遺伝子が、お外で逞しく生きていく子のそれだったんだろうね。


それでも、除草剤をまかれた草地、車が頻繁に走る道路、様々な外猫、といった環境を考えると、やっぱり外に出したくはない。
それは、私の感情論であって、にゃんの幸福とは程遠いものなのかもしれないけれど。



せめても、と思い、洗濯物を干している間、ベランダを開放してあげた。
草の上で転がりまわる事は出来ないけれど、風を感じることぐらいは出来るよね?



いつもなら、睨みを利かせて、時々、“ にゃん、だめよ! ” と声を掛けるだけで良かった。
でも、にゃんのお外熱は想像以上に高かったらしい。


あっという間に柵の間をすり抜け、西手の屋根の上に飛び移ってしまった。


ぎゃー!!!  Σ(|||▽||| )
慌てて追いかける母。


猫部屋の西窓から外へ出ようとして、足場にしたカラーボックスの板を踏み抜いてしまったけれど、そんなことかまちゃいられない!

屋根の上を追いかけ、西手から北側にぐるっと回って、ようやくつかまえることが出来た。


改めて見ると、屋根の上って...  結構高いかも...? (T▽T) アハハー


東手の小さな屋根に飛び移られなくて助かったよ。 ε=( ̄。 ̄;A 
さすがにそこまでは追いかけていけない。



まったく、油断も隙もない! s(▼ヘ▼;)ゞ
ベランダでの日向ぼっこも、当分の間禁止!



s-DSCN2848.jpg
何事もなかったかの様に平和に寝てるし... (T▽T)


今日の心のBGM  「 Red Zone 」  Casiopea “ Euphony ”
スポンサーサイト
EDIT  |  23:32  |  事件  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。