2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.06.17 (Fri)

野獣

なんだよぉ~! やるか~?(▼▼) (下の写真に続く)

s-DSCN3328.jpg


うちには息子、娘、合わせて4人? いる。  
人間の子+猫の子ではあるけれど。(^^;;

さて、普通に考えたら、手のかかる方は話の通じないにゃんとびびのはずなのだけれど、うちの場合、何故か私の頭を悩ませるのは、大抵“ 人間 ”であるはずの息子A、Bの方なのだ。
猫であるにゃんとびびは、殆ど手のかからない、母思いのいい子達である。
(T▽T)
最近では、度重なる息子たちの諍いに疲れ、にゃんに愚痴を聞いてもらっているくらいだ。(T-T) ナサケナイ...

実は、本当は、獣なのは息子たちの方ではないかと、私は密かに疑っていたりする。
それ位、二人の喧嘩は凄まじく、動物の本能丸出しで、傍から見ていても恐ろしい。  正に“ 野獣 ”と化している。 ...( ̄ロ ̄lll) 
そこに仲裁に入らねばならないのかと思うと、正直げんなりする。
母親業を放棄して逃げ出したいくらいだ。(T-T)

にゃん、びび。 お馬鹿さんなお兄ちゃんたちに、正しい喧嘩のルールを教えてあげて... (T-T)


【More・・・】

さて、お兄ちゃんたちが獣だとして、立場逆転、ヒト化しているこのヒトの場合。 (^^;;

にゃんの行動は、息子A、Bとよく似ている。
朝、私が起きるまではずっと一緒に布団で目をつぶっているのに、私が起きだすとすかさず後をついてくる。本当に良く似ている。
さすが“ 三男坊 ”だ。(^^;;

そういえば、夕べ父ちゃん(@旦那様)にめいっぱい怒られたにゃんが、ばつが悪そうに毛づくろいを始めたんだけれど、じっと見ていた私と目があった瞬間、ダダダッてかけてきて、いきなりゴロゴロと咽喉を鳴らして指を吸い始めたんだよね。

ちょっと前に、怒られた息子A、Bが涙目になって私のそばに来たのと一緒ですごくおかしかった。 (^^;; 
にゃん、やっぱり“ ヒト化 ”してるよ~ (^^;;


毎度“ んな~ ”と甘え声で人を誘導するのがお得意のにゃん。
今日は何処へついてこいといっているのかと思ったら、どうも寝室らしい。
しかも、蒲団に潜る仕草をして、人の方をきらきらおめめで振り返る。
“ 一緒にお布団でねんねしようよ~ ”と言っているらしい。
ご丁寧に咽喉まで鳴らして。(^^;;


私が、良心が咎める様な事をしている時、決まってそばでじっと見つめている。
何もかも見透かしている様な澄んだ瞳で見つめられると、ドキドキする。
悪いことは出来ないなってしみじみ思う。
私は、にゃんのお陰で悪人にならずに済んでいるのかも? (^^;;

あまりにも悟りきった顔をしているので、“ お前、本当に猫なの? ”
“ 実は誰かが乗り移っているのでは? ”などと馬鹿なことまで考えてしまう。(^^;;


本当に、一度にゃんとお話してみたいものです。 いや真面目に。(^^;;


s-DSCN3325.jpg

... とはなりませんでした  (^^;;
スポンサーサイト
EDIT  |  21:01  |  日常  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

*Comment

以前ウチで飼ってた猫も ヒト化してた‥というよりヒトそのものだった。
にゃんと似てること たくさんあって
ふむふむ(@_@)うんうん(^^)
そ~だそ~だ\(^o^)/  な~んて
ひとりで盛り上がって楽しく読ませてもらってます。(変な人に見えるかも!?)
ウチは猫より子供、子供より旦那に手がかかってるよ~。ニャンコが一番手がかからないのって‥喜んでいいのかなぁ^^;
ikuママ |  2005.06.17(金) 22:53 |  URL |  【コメント編集】

私が考えるのに、お互いに心の中の何処かで、相手の存在と言うものを認め
認識している部分が、有るからだと思うんです。
そうでなければ、凄まじいほどのケンカにまで、発展しないでしょう。
ケンカするほど仲が・・・と言いますけど、きっと相手をお互いに認め合っているから何ですよ。
余談ですが、私の場合は男・女の兄弟だったもので、性別の違いも
有ったせいか、ケンカをしたと言う記憶が殆んどありません。
そして、仲裁に入られたと言う事も、今思い起こすと記憶が無いです。
と言うより私の場合、六歳で母親を亡くしてますので
母親の記憶が、殆んど有りませんし、顔等は全然覚えていません。
只一つ、遺影の写真が有るのが救いなのですが・・・
何れにしても、息子さんの方から見て、母親というものに対し
どう考えているか解りませんが、必ず感謝している部分が
有ると思いますし、これから先、母親の助けを必要とする事が
出てくるでしょう。
其のときは、にゃん・びーさん、最大限・母親の愛情をもって
息子さん達を、助けてあげて下さいね。
(何の解決にもなりませんでしたね。ゴメンナサイ)
タコ |  2005.06.17(金) 23:54 |  URL |  【コメント編集】

おはようございます。m(__)m
なんか、冷静になってから改めて読み返すと恥ずかしいものがありますね。(^^;; 思いっきりブログで愚痴をこぼしているみたいな。
愚痴に付き合ってくれて、ありがとうございます。(T▽T)
お二人から元気をもらいつつ、今日も二匹の野獣(たまに怪獣にもなる)とのバトル、頑張ります!!!
にゃん・びー |  2005.06.18(土) 09:06 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。