2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.06.29 (Wed)

安易な裏切り

今日もぐずつき模様の天気。マイナー気分ついでにもう一つ。

とあるHPの掲載記事で、自分の住んでいる地域の保健所でも、犬猫の譲渡を行っている事を知った。

でも、それって? 一般市民の、しかも猫や犬の好きな市民の耳に全く入ってこないような程度の情報で、譲渡数が上がっていくと本気で思っているのだろうか?
なんとなく、世情への言い訳程度にやっている様で、市民として哀しい。
もっともっと大々的に宣伝してくれなければ、こういう試みは意味がないと思うのに。(..)


ファッションやアクセサリー感覚でペットを連れ歩くなんてもってのほかだけれど、悲しいかな、今は結構そういう人って多いんだろうなぁ...
だからその時期流行の犬や猫がいたりするのだし、いまや、洋服は当たり前、(まぁ服にはメリットもあるみたいだけれど)付け毛やフレグランスにいたってはもう私の理解の範囲を超えている。(+_+)

その中のすべての人がそうではないと思うけれど、それでも、一部では流行りに飽きて、命を命とも思わずに、安易に捨てたり、保健所に持ち込んだりするらしい。
今、保健所に持ち込まれる命の大半は、元飼い主であった者の手によってだという。

信じている者を裏切る事への後ろめたさはないのだろうか?
自分の手を直接汚すことなく事が済んでしまうから、あっさりと忘れてしまうのだろうか?

“ 動物だから ”と、簡単にその信頼を裏切ることのできる人間は、きっと何か都合が悪くなったら、平気で周りの人間をも裏切っていくだろう。
あれこれと言い訳をしながら。 自分の都合のいいように解釈して。 
罪の意識も感じずに。




まだまだ予断を許さぬ状況が続いています
102.jpg

スポンサーサイト
EDIT  |  11:44  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

にゃん・びーさん、こんばんは。
例の如く、夜中に書き込もうとしたのですが、睡魔に襲われて・・・
等々、それに勝つ事が出来ず、そのままZ~zzzzz・・・!!

ですので、今の登場となりました。宜しくお相手下さい。

ファッションやアクセサリー感覚でペットを連れ歩くなんてもってのほかだけれど、悲しいかな、今は結構そういう人って多いんだろうなぁ...
         ↓
実際に良く注意して見ると、結構そういう人っていますね
飼い主本人からすれば、可愛さ故のことからだと思うのですが・・・
私からすると、本当に、犬・猫の生態を解っているのだろうか?と
疑いたくなります。

表現がトンチンカンかもしれませんが、毛皮の上に更に、洋服を着ると言う事は
人間に例えるならば、夏場の暑い時期に更に、上から洋服を着ている様な
ものです。

とある人の、何時も発せられる言葉・・・
何だかなぁ~~~という感じですね。

****************************

↓では有り難いお言葉を頂き、有難う御座いました。そう言ってもらえると、大変嬉しく思います。
更に
共通の話題があり、夢中になれる事があるという事は、実に大変素晴らしい事じゃないですか。

これからもずっと、続く限り、バンド活動続けて下さいね(^^)
タコ |  2005.06.30(木) 18:44 |  URL |  【コメント編集】

タコ様、いつもありがとうございます。
犬の服には、ファッション性の他に、蚤、ダニをつきにくくする、抜け毛の飛び散りを防ぐ、術後の傷口を守る、そういった役割もあるそうなので、安易に反対はしないですが、それにしてもね~ (^^;;

カタログを見ていていつも思うけれど、犬と猫との差が大きすぎ!
いや、決してひがんでいるわけではないのですが... (^^;;
服やお洒落関係はいいから、もっとフードや日用品を犬並みに増やして欲しいと切に願うにゃん・びーでした。(T-T)
にゃん・びー |  2005.07.01(金) 09:31 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。