2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.06.30 (Thu)

仲が良いのか悪いのか

遊び道具は仲良く順番にね
s-DSCN3232.jpg


この頃、にゃんがつれない。
私にではなく、びびにだ。

びびがこの家にきた当初は、毎日ストーカーのごとく後を追い回していたくせに、今では自分から近寄っていくことは殆どない。 
まるで“ 僕は君とは違うんだよ! ”と言わんばかりの態度で、人間の周りにばかりいる。

可愛そうな寂しがりやのびびは、この家での唯一の猫仲間と仲良くしようと、匂いを嗅ぎに行ったり、そっと隣に寄り添ったり、毛づくろいをしてあげようとしたり、それはもう涙ぐましい努力をしている。
(本当にやさしい子だよ、びびは)(;_;)
よく一緒にいる写真を載せているけれど、あれはびびの努力あっての画像なのだ。

それなのににゃんは、びびが隣に行っても知らん顔で、そのうちふいっと別の場所に行ってしまう。  まるで“ 眼中になし ”といった感じで。
(にゃんのもっぱらの関心事。それは“ お外 ” それ以外は全く興味を持たない。この所一日中、玄関や窓で“ 出せー!出せー!と鳴き喚き、そのうち諦めてふて寝をするといった毎日を送っている。家の中に飽き飽きしているのかな?)

あまりに寂しいのか、びびは明るいうちから頻繁に一階に下りてくるようになった。  そして、ところかまわず“ 撫でて~! ”と仰向けになりゴロゴロする。
そんなびびがなんとなく不憫で、“ よしよし! ”と撫でていると、どこからともなくにゃんがやって来て、そっと影から見ていたりするのだ。 ある一定の距離を置いて。 ((((;゚Д゚)))コ、コワイ...

こういうのも、二匹の仲に水を注しているのかなぁ... (..)

“ にゃんのお外に出たい病 ”は日増しに酷くなっていて、ストレスからか、頻繁に毛づくろいをする姿が見られる。
折角、優しくて可愛い猫仲間のびびが近くにいるのだから、もっと二匹で思いっきりじゃれ合えるといいのだけれど。(..)


さっき、びびがモールにじゃれていた。びびは遊びを見つける天才だ。
普段はおしとやかなくせに、一度スイッチが入ると何にでも旺盛にじゃれる。
その辺の切り替えが旨いから、家の中でもあまりストレスを溜めずに済んでいるのだろうか?

s-DSCN3640.jpg

びびがモールを手放すと、待っていたかのように、今度はにゃんがじゃれ始めた。  にゃんがじゃれ始めたのを見て、再びモールに注目するびび。
だけど、取り合いにはならないんだよね... ちゃんとにゃんが遊び終わるのを待っている。
お互い、譲り合い精神が旺盛というか...  事なかれ主義なのかな? (^^;;

【More・・・】

びびは食事の仕方が下手だと前に書いた。
最近、びびが目の前で餌を食べるようになって分かったことがある。
びびは、一度口に餌を咥え、わざわざフードボールから体を背けて食べる癖があるようだ。 
それは手からおやつをあげているときも同じで、必ず一歩下がって食べている。
きっと沢山の仲間に囲まれての生活が、びびにそういった食事の仕方をさせるようになったのだろう。
控えめな性格も、そんな中で生まれたのかもしれない。

もっともっと我侭をさせてあげたいなって思う。

にゃんももうちょっと、気を使いすぎるびびに優しくしてあげてよね。
あんたは愛情を一身に受けて大きくなってきた猫なんだからさ。


お願いしますよ、箱入り息子殿 
(あ、“ 箱入り ”じゃなくて“ 袋入り ”か... )(^^;;

s-DSCN3593.jpg

スポンサーサイト
EDIT  |  11:47  |  日常  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

*Comment

我が家の猫と、同じ様な感じですね。
うちの猫二匹も、必要以上に、相手のテリトリーには踏み込まないみたいです。

食事の時もそうです。
片方一匹が食べ終わらないと、もう一匹は食事に手をつける。という事は殆んどしないみたいです。

どこからともなくにゃんがやって来て、そっと影から見ていたりするのだ。 ある一定の距離を置いて。 ((((;゚Д゚)))コ、コワイ...
         ↓
意外と、飼い主のそういう部分を、猫は見ていますよ。
我が家の猫も、一匹に、気に掛けているともう一匹が遠くの方からじっと、遠巻きにして見ていますからね。

きっと、にゃんちゃんも、僕にももうチョッと構ってくれよ~~~と
思っているかもよ~ん。

びびは、一度口に餌を咥え、わざわざフードボールから体を背けて食べる癖があるようだ。
         ↓
にゃん・びーさんがご指摘している以外にも、私なりの勝手な考えですが、野生からの流れが、ほんの少しは有るのかなと・・・
つまり
猫に限った事では無いと思いますが、餌を捕まえる、或いは、口にした後というのは野生の世界で言えば、外敵に獲物を略奪されない様に、物陰に隠れたり・周りから見えない様に、取った獲物を移動させたりという事が有ります。

(注)決して、にゃん・びーさんを外敵だと、表現したのでは無いので・・・
にゃん・びーさんはとても、心の優しい
飼い主さんです。(^^)
タコ |  2005.06.30(木) 19:36 |  URL |  【コメント編集】

猫たちに甘く、息子たちには手厳しい母、にゃん・びーです。(^^;;
でも、愛情を振りまけば振りまくほど逃げていくような...? (T-T)
逆に息子たちからはべたべたとまとわりつかれ...
“ 追えば逃げる、逃げれば追う ”を日々肌で実感しています。(T▽T)

いいけどね。 二匹で寄り添ってくれてれば。

タコ様のおうちの猫さんは、一緒にいて何年くらいになるのですか?
にゃん・びー |  2005.07.01(金) 09:38 |  URL |  【コメント編集】

うぅ~~ん、??
何年になりますかねぇ~~。

大分前から飼ってますので、記憶が定かでは無いのですが・・・
亡くなった祖母が、健在だった頃からなので、七・八年か或いはそれ以上になるかもしれませんね。

今まで、犬も含めてですが、数多くの猫を飼ってきて色々な事を猫ちゃん達に、教えられた様な気がします。

中には、私の寝ているそばで、前の晩に一緒に休んだ猫が次の日、寝たままの格好・丸くなったままで、冷たくなっていた事もありました。

今まで、数多くの事を体験し、猫ちゃん達には本当に感謝しています。

又、お邪魔させていただきますね。
(何時も、にゃん・びーさんのこの場をお借りさせて頂き、有難う御座います)
タコ |  2005.07.01(金) 10:35 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。