2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.07.20 (Wed)

反比例

寝ている間に... (^^;;
s-DSCN3816.jpg


やっとびびの爪が切れた! (^^)
ぴんぴんに尖った爪の先の、ほんの1~2㎜位だけれど、それでも寝込みを襲って時間をかけ、やっとの事で切ったのだ。(;´д`)

でも、これで安心してべたべた出来るね、びび。(^^)


日に日にびびの甘えん坊の度合いが増していく。
どこにいくにも先頭をきってついてくるし、パソコンを弄っている時は膝に頭を擦り付けて寝そべる。 台所仕事をしていると、何度もすりすり足に頭突きをしてくる。
びびは、人間に愛されるために生まれてきたような子だ。
ぬいぐるみの様な容姿と相まって本当に愛らしい。(^^)


それに反比例して、にゃんとの距離がどんどん広がっていっている気がする。
すりすりしてくれない。 一緒に寝てくれない。
抱っこをしても逃げていってしまう。(T-T)
特に、びびを撫でているときは、呼んでも絶対に近くに来てくれなくなった。(;_;)

二匹それぞれを尊重するのって本当に難しいね... (..)
気にかけているつもりでも、それを感じてもらえないのでは意味がない。

にゃん... 前よりもお母さんの愛情が足りない?
文句を言ってもいいから、もっと傍においでよ。

腹立ち紛れか、部屋の中で大の字になって寝そべっていた母のお腹をわざと踏みつけて部屋を横切っていったにゃん。 
びびはちゃんと除けていってくれたぞ~!(▼▼)

∑( ̄□ ̄;) ハッ! 比べちゃだめだめ!


し~らな~いっと!
s-DSCN3566.jpg

スポンサーサイト
EDIT  |  22:30  |  日常  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

にゃんたろうくん、ヤキモチ焼いちゃいましたか~^^
実はね、うちのぶぅもそうなんです。
びびが来る前とは明らかに態度が違うんです。
同じように可愛がってるつもり(いや、ややびびを可愛がってる??)なんですが、猫って見てるんですよね~。
びびをなでなでしてると、ぶぅが後ろから怖い目でじーっと見てます^^;
逆にびびはぶぅを撫でてると、「ぼくもぼくも~!!」みたいに割り込んできます。
ぶぅママ |  2005.07.21(木) 19:16 |  URL |  【コメント編集】

ぶぅママ様、こんにちは。(^^)
やっぱりやきもちってありますか...
これは、多頭飼いの人は皆通る道なのかな...?
それまで、ずっと一人天下だったところに現れた、強力なライバルとみてしまうのでしょうか...?
微妙な距離... なかなか埋まりません。(T-T)
しかもにゃんの場合、物陰からジーッと見てるのですよ、びびを可愛がってると。
ある意味、にゃんの方が化け猫っぽいかも...?
にゃん・びー |  2005.07.22(金) 14:14 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは(^o^)
猫のやきもちは絶対ありますよ。
うちは生まれたときからずっと一緒なのでライバル心はあまりないみたいなのですが、それでも片方を可愛がっていると後ろでにらんでますよ。
「お腹をわざと踏みつけて…」なんて、自分もかまって!って甘えてるんですね。かわいい♪
私はすねてる方の子を可愛がるっていう八方美人作戦で何とか乗り切ってます(^_^;)
すもも |  2005.07.22(金) 22:44 |  URL |  【コメント編集】

すもも様、こんばんは。(^^)
にゃんは相変わらず嫌がらせのように、人のお腹を踏みつけていったり、酷いときにはキャットタワーの上から飛び降りてきたりしてます。(^^;;
顔つきも、ちょっと拗ねた様な表情ですね。(^^;;
甘えさせてあげようと呼んでも聞こえない振りするし。

にゃんには、私の中でのにゃんがどれ位大きな存在なのか、きっと分かっていないのでしょうね... (^^;;
にゃん・びー |  2005.07.23(土) 21:57 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。