2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.07.21 (Thu)

鼻気管炎

涙が流れているの、わかるかな?
s-DSCN4006.jpg


今日はびびを病院に連れて行った。
うちに来た当初から時折目やにが出る事があって気にしていたのだけれど、ここ数日、右目から涙がこぼれるようになっていたのだ。

心配になって、いつもお世話になっているO先生にメールで質問したところ、“ 鼻気管炎にかかっているかもしれない ”という答えが返ってきたので更に心配になり、朝イチで病院へ向かった。

前回、びびはキャリーに入るのをとても嫌がり、暴れて大変だったのでドキドキしていたけれど、今回はちょっと抵抗したものの、信頼関係が出来てきたせいか、それ程苦労せずにキャリーに入れることが出来た。
(とはいっても上部が開くにゃん専用キャリーでの話。横から入るタイプのびび専用キャリーは今回も使えなかった)

キャリーには無事に納まってくれたけれど、車に乗り込むとやっぱり不安なのか、か細い声で病院に着くまで鳴き続けた。

“ だぁ~いじょ~ぶ、だぁ~いじょ~ぶ、お母さんがついてるからね~ 怖くないからね~  早く診察してもらっておうちに帰ってこようね~ ”
そう言ってなだめつつ病院へ向かったけれど、結構距離があるので(車で15分位)びびには負担になったと思う。

動物病院は10分圏内に5~6軒あるのだけれど、丁寧さが違うので、どうしてもO先生のところに行ってしまうのだ。 質問もしやすいし。(^^;;

いつもは沢山の犬猫で賑わっているO動物病院。
今日は早めに行ったせいか、割と空いていて、待ち時間が少なく嬉しかった。(^^) それは緊張しているびびも同じだったろう。 

すぐに名前を呼ばれ、診察になった。
ここで(というか、待合室に入った時点で)にゃんの場合、極度の怯えから威嚇の嵐なのだけれど、びびは多少怖がっていたものの、とても大人しく診察を受けてくれた。
何度も目を開かれたり、口を開けさせられたりしながらも、怒る素振りは見せない。
“ びびりんぼびび ”なのに、この堂々とした態度はどうだろう! スゴイゾ、ビビ!

で、診察結果はというと、眼球に傷がついたりしているわけではないようなので、やっぱり鼻気管炎だろうということだった。
前々から、鼻の利きが悪いのかも?と思っていたのだけれど、やっぱりちょっと通りが悪いらしい。涙はそのせいで溢れていたようだ。
(検査のための蛍光グリーンの目薬に、ちょっとびびった母) (^^;;

ただ、比較的症状は軽いようで、目薬以外の薬は処方されなかった。ホッ! (^^;;

保険証が届いてから、初めて使ったけれど、本当にその場で半額になるのには感動した。(T▽T) 2千円でおつりが来るなんて、夢みたい♪ (^^)
保険、入っておいて正解だった! これならいざという時も安心して病院にかかれる! (^^)

病状も軽く、診療費も少なく済んだので、帰り道はとても気分が軽かった。(^^)
私の精神状態が良かったせいか、びびも帰り道は鳴きもせず、キャリーの中で大人しくしていてくれた。

だんだんとこうやって、色々な事に一緒に慣れていこうね、びび。(^^)

家に帰り着いてからも、前回のようにダッシュで隠れるでもなく、“ あーやっと帰ってきたわ~ ”っといった感じで、すぐにいつも通りに戻っていたびび。
“ 嫌われちゃったかな? ”とドキドキしていた母に帰るなりすりすりしてくれたびび。

名実共に、うちの子になったね。(^^)


あーやっと落ち着いたわ~
s-DSCN4002.jpg

スポンサーサイト
EDIT  |  21:59  |  病気?  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。